犬と猫 換毛期

犬と猫の換毛期・抜け毛対策を徹底解説!ブラッシング方法やストレス・病気についても解説

犬と猫 換毛期

「最近、うちの犬の抜け毛がハンパない・・・」

「わたしの猫の抜け毛が多いけどなんで?」

「どうやって抜け毛の対策をしたらいいのかな?」

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

実は、あなたの愛犬・愛猫の抜け毛が多いのは、換毛期に入ったからかもしれません。
換毛期の場合なら対策方法はたいして難しくありません。

今回は犬・猫の毛が抜ける理由・抜け毛対策・換毛期や毛の役割・種類やおすすめのドッグフード・キャットフードについて解説していきたいと思います。

犬と猫の換毛期・抜け毛対策は3ステップ!

犬と猫 換毛期

犬・猫の換毛期の抜け毛はすごいですよね。そんなときの対策として行うべきことは次の3つです。

  • ブラッシング
  • シャンプー
  • 掃除

それでは1つずつ解説していきます。

ブラッシングの効果

抜け毛対策のなかで、ブラッシングはもっとも重要です。もしかしたら「なんだブラッシングか」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし実は、毎日のこのケアによって、結果的に以下のような効果があります。

スキンシップができる

ブラッシングを行うことそれ自体、愛情表現となります。親子や仲間同士でグルーミングし合うのは、愛情表現や信頼関係の確認のコミュニケーションであり、ブラッシングをするのはそれらと同じ行為だからです。そのため、信頼関係を深める機会となります。

健康管理ができる

身体に実際に触れながらブラッシングを行いながら観察できます。すると、身体についたノミやダニに気づくことがあるかもしれません。あるいはケガや皮膚炎を見つけたりすることもあるので、飼い主にとって健康管理のための大事な機会でもあります。

掃除が楽になる

ブラッシングを行えば、毛が抜け落ちる前にまとめて取れるので、床に落ちる抜け毛の量が減ります。実際にブラッシングをすればお分かりのように、ものすごい量が抜けるので、これが全部床の隅々にまで落ちていたらと思うといくら性能の良い掃除機であっても吸い取るのは大変です。また何度もごみ捨てをする必要が出てきてしまうでしょう。それを未然に防ぐという効果があるのは、特に室内飼いをしている飼い主にとって大いに意義があると思われます。

毛球症を予防する(猫の場合)

毛球症とは、グルーミングによって飲み込んだ自分の被毛が、胃や腸といった消化管のなかでたまって起きるトラブルのことです。自分の毛なのに消化できないでかたまりになってしまう状態です。これにより食欲不振や嘔吐などの症状が生じます。

基本的には猫に起こるトラブルで、犬では稀です。猫の場合、嘔吐しやすい動物なので、その際に毛玉を吐くことで処理できていますが、場合によっては腸閉塞を起こして手術によって取り除く場合もあります。

そんな毛球症も、ブラッシングを定期的に行うことで、飲み込む量を減らし、毛球症を予防することができます。

より丁寧にブラッシングを!

以上のような効果のあるブラッシングは、愛犬・愛猫の健康を維持・管理するためには絶対に必要です。今後、ブラッシングは重要なものだと認識して行えば、より丁寧に行うはずです。ブラッシングされる側もきっと敏感に感じ取って、より信頼が深まるでしょう。

犬・猫の抜け毛対策はどんなブラシを使えばいいの?

犬と猫

ブラシは主に次の3つを使えば十分です。

  • スリッカーブラシ
  • コーム
  • ファーミネーター

これらを組み合わせて使うだけで、十分な量の抜け毛を取り除くことができるからです。

もちろん、お好みでその他のものも合わせて使えば、マッサージ効果が得られるものや、ツヤを出す効果があるものもあるため、抜け毛対策だけでなく皮膚の健康維持などにもより効果的です。

そこで以下では、それぞれ解説していきます。

スリッカーブラシ

細い金属のピンが何本もついたブラシです。ソフトとハードの2種類ありますが、初心者にはソフトがいいでしょう。ブラシの目が細かいのでよく抜け毛を取ることができる反面、ピンが細く尖っているので皮膚を傷つけてしまう場合もあります。

コーム

いわゆる櫛(くし)です。毛の流れを整えるのに、仕上げで使うといいでしょう。櫛の歯の目が粗いものと細かいものが一体になったものを使うといいでしょう。人間が使うのとコームの歯が1本でも折れたら、犬猫の身体に刺さるおそれがあるので、買い替えたほうがいいです。

ファーミネーター

ファーミネーターはアンダーコートや生え変わりの抜け毛を取り除く、特殊なステンレススチール刃がついています。抜け毛の多くは身体についたままでいるため、あちこちに行って抜け毛が空中に舞ったり、服やカーペットなどについたりしてしまいます。ファーミネーターは、抜け落ちる前の不要な毛やすでに抜けている毛を取り除くことができるので、部屋の抜け毛を減らすことができます。また、短毛種・長毛種の両方に使えることで人気があります。

その他のブラシ

上記のほか、以下のようなブラシを使うことがあります。お好みでご使用いただいてもかまいません。

ラバーブラシ

ラバーブラシは、鋭利なピンではなくゴムやシリコン製のブラシのため、スリッカーブラシが苦手な犬猫には使うのがいいです。ブラッシングの際は抜け毛が張り付きやすいだけでなく、マッサージ効果もあるため、健康的な皮膚を維持するのにも役立ちます。

ピンブラシ

ピンブラシは、もつれた毛や絡み合った毛をほぐす効果があります。特に長毛種に使うのがおすすめです。先端が丸くなっているものを使えば、皮膚に傷がつかず、またポンポンと叩くように使えばマッサージ効果も期待できます。

獣毛ブラシ

獣毛ブラシは、毛についたホコリや抜け毛を取り除くのに使えるブラシです。豚毛や猪毛のブラシは、水分・油分が使われているため、毛にツヤを出す効果があります。

愛犬・愛猫が嫌がらない程度に使ってあげるのがおすすめ!

このように、スリッカーブラシ、コーム、ファーミネーターだけでもかなりの量の抜け毛を処理することができます。ワンちゃん・ネコちゃんが嫌がらない程度に使ってあげればいいです。

犬と猫のブラッシング方法

ブラッシングの方法としては、毛並みに沿って嫌がりにくい部分から始めましょう。

毛並みに逆らうと不快で、嫌がることがあります。逃げる、怒る、噛み付くなどが見られたら嫌がっているので気をつけましょう。

その他に注意するポイントとしては、力を入れすぎないようにしましょう。たくさん抜け毛を取ろうと思って、力が入ってしまうことがありますが、ブラシのピンで皮膚を傷つけてしまうことがあります。

無理強いをしないで、終わったらおやつをあげるなどするといいでしょう。ブラッシングに対して良い記憶が残るので継続して行いやすくなります。

ブラッシングの頻度

ブラッシングは抜け毛の量によって変わってきますが、理想は毎日行ったほうがいいです。

なぜなら、特に換毛期の場合は、毎日じっくりブラッシングしても足りないくらいですし、換毛期以外の時期や換毛期がない種類の犬猫も、日々少しずつ毛は抜けて生え変わっているからです。

長毛種の場合、ブラッシングをしないとすぐに毛玉ができてしまいます。短毛種だったり抜け毛が少ないときでも、スキンシップするために毎日軽くしてあげるといいでしょう。

また、外にお散歩にいった犬や外飼いの猫の場合、毛に汚れが付着しています。病気を予防するためにも汚れを落とすためにも毎日してあげましょう。

ブラッシングを嫌がる場合

ここまで抜け毛対策としてブラッシングがもっとも有効であると書いてきましたが、ではブラッシングを嫌がる場合には、一体どうしたらいいのでしょうか?

ブラッシングに少しずつ慣れてもらうことから始めるべきです。

ブラッシングが好きかどうかは、もともとの性格だけでなく、経験的な記憶によるところもあるからです。

たとえば、「ブラッシング=嫌なもの」という記憶になってしまうと今後もさせてもらえません。ブラシを見ただけで逃げてしまうこともあります。

ブラッシングに慣れてもらうために

そこでブラッシングに慣れてもらい、さらには好きになってもらうように、以下のように行うといいでしょう。

少しずつやる

1回で全身をブラッシングするのではなく、背中・右腹・左腹など部位ごとに行ったり、時間ごとに区切って行ったりします。このように少しずつ行えば、ブラッシングに対する恐怖心や拒絶心がいくらかやわらいでくるでしょう。慣れてきたら、範囲を広げていけばいいだけです。

ご褒美をあげて慣れさせる

おとなしくブラッシングさせてくれたらご褒美としておやつをあげます。そうすれば、「ブラッシング=うれしい」という記憶ができて、少しずつ好きなものになっていくでしょう。ただしおやつのあげすぎには注意が必要です。

これらの方法を組み合わせて行えばより効果的にブラッシングを嫌がる子への対策になるでしょう。飼い主としては一度に一気に済ませたいところですが、我慢してじっくり愛犬・愛猫に向き合ってあげてください。

犬と猫の換毛期・抜け毛対策シャンプー

子犬と子猫

抜け毛対策として、シャンプーをする方法があります。

シャンプーをするだけでかなり不要な毛が流れ落ちてさっぱりします。その他、シャンプーで汚れや臭いを洗い落とし、ノミやダニを寄せ付けない効果もあります。

シャンプーの手順

①事前にブラッシングをする

シャンプーの前に必ずブラッシングをしましょう。不要な毛をできる限り取り除いておくことで、シャンプーの効率がよくなりますし、早く乾かすことができます。

②濡らす

全身をぬるま湯で濡らしましょう。温度は人肌程度の35-37度くらいで、顔から遠いところからシャワーヘッドを添わせて濡らしていきます。顔周りを濡らす時は目や耳に水が入らないように特に気をつけてください。

③洗う

シャンプーをつけていきます。事前に泡立てておくと早く洗えます。皮膚が弱いので、優しく指の腹で撫でるように洗ってください。

④すすぐ

シャンプーをしっかりぬるま湯で洗い流します。皮膚にシャンプーの液剤が残っていると皮膚炎などのトラブルにつながります。必ず全体をしっかりすすいでください。

⑤乾かす

最後に雫が垂れない程度までタオルで拭ったらドライヤーで乾かします。ドライヤーの音や熱風を嫌がる場合は、冷風モードにしたり、できるだけ遠くから風を当てるなどの工夫をしてみてください。

濡れたままでいると、風邪を引くだけでなく、皮膚トラブルの原因にもなるので気をつけましょう。自然乾燥では乾かないので、毛の根元までドライヤーの風を当てて乾かすように意識してください。

猫のシャンプーは必要なの?

結論から言うと、一部の例外を除いてシャンプーを行う必要はありません。
猫は、グルーミングといって、自分でちゃんと毛づくろいをしてきれいな毛並みを保つことができるからです。

完全室内飼いの猫などは、汚れることがありません。そのため毛はきれいですし、体臭もしないので、シャンプーの必要はありません。

猫にシャンプーが必要な場合とは?

ただし、外飼いの猫の場合、雨の日などは汚れて帰ってくるでしょう。また野良猫を引き取る際に、ノミがついていることもあります。そのようなときは、シャンプーをして汚れやノミを洗い落としたほうがいいでしょう。

さらに、老齢だったり肥満の猫は、毛づくろいをしないことがあります。この場合は、どこか調子が悪い可能性があるので動物病院で相談してみてください。

老齢・肥満に限らず猫が毛づくろいをしない場合、お尻の穴付近にうんちがついていることがあるので、この場合もティッシュで拭き取ったり、シャンプーで落としてあげたほうが良いですね!

簡単にできる!換毛期の抜け毛掃除方法

換毛期に限らず、犬種・猫種によっては一年中毛が抜けてしまいます。

抜け毛を簡単に掃除するには?

  • フローリング:クイックルワイパーなど
  • カーペットや絨毯:コロコロ(カーペットローラー)など

犬・猫の抜け毛掃除方法は、特に上記2つがおすすめです。

それぞれもう少し細かくご紹介します。

フローリングにはクイックルワイパー

フローリングを掃除するには、クイックルワイパーは欠かせません。ペットを飼っていない家庭でも髪の毛やホコリを取るのに使用しているクイックルワイパーですが、犬や猫の抜け毛でも大いに活躍します。

できれば、初めに掃除機で床全体を掃除した後、さらに今度はクイックルワイパーなどで掃除をするとより効果的なのでおすすめです。

カーペットや絨毯にはコロコロが最強!

カーペットや絨毯にはコロコロを使うといいでしょう。奥深くに入り込んだ細い毛は、獣毛ブラシや洗濯用スポンジ、ゴム手袋を使うと取れます。

コロコロなどをした後に掃除機をかけるとより効果的に掃除できます。

毎日こまめに掃除をしましょう!

このように、掃除場所に応じて掃除をするときれいになります。ところが、犬や猫の毛は常に生え変わっており、掃除したのにまたすぐに抜け毛がついている・・・なんてことも。
そのため、毎日こまめに掃除をするように心がけましょう。

犬・猫が毛がゴッソリ抜ける理由3選!

前を見る犬と猫

犬や猫の毛がゴッソリ抜けてしまう理由は、大きく分けて3つあります。

  • 換毛期があるから
  • ストレスを感じているから
  • 病気だから

以下、それぞれ解説します。

犬種・猫種によっては換毛期があるから

犬・猫の毛がゴッソリ抜けるのは、換毛期があるからです。

換毛期は季節に合わせて身体を覆う毛で体温調節をするために起こります。

犬や猫だって、たくさん毛があれば夏は暑い!
毛がなければ冬は寒い!

ということで、暖かくなる春には冬毛から夏毛へ、寒くなる秋には夏毛から冬毛へと生え変わるのです。

たしかに、種類によっては換毛期がないものもあります。
しかし、換毛期がないとはいっても、まったく生え変わらないわけではありません。わたしたち人間と同じく、少しずつ日々生え変わっています。

このように、ゴッソリと毛が抜けるのは、換毛期が大きな理由として挙げられます。

ストレスを感じているから

犬や猫はストレスを感じているときに、ゴッソリ毛が抜けることがあります。

犬猫はストレスを感じると毛が抜けたり、下痢、便秘になったりします。

犬・猫がストレスを感じて抜け毛が増える場合とは?

  • 引っ越しして環境が変わった
  • 赤ちゃん・ペットが増えた
  • ペットフードが急に変わった

他にも犬・猫がストレスを感じる原因は沢山ありますが、主な例ではこの3種類が主な例になります。

人間もストレスを感じると身体に異変が生じますよね?頭痛、腹痛、吐き気、不眠などが典型ですが、極度のストレスを感じた場合は脱毛症が起こることもあります。

このように、犬も猫も人間も、ストレスを感じると身体に異変が生じてきます。

ただストレスがあるかどうかはっきりしない場合には、ほかの原因も考えられるので、動物病院で診てもらってくださいね!

また、ドッグフード・キャットフードに含まれる添加物が原因の可能性もあるので、その場合は後述している無添加のプレミアムドッグフード・キャットフードがおすすめです。

病気が原因で抜け毛が起こっている場合も・・・

病気のためにゴッソリ毛が抜けることがあります。

すでに病気とわかっているときはすぐに動物病院に行けば良いとわかるのですが、「まだ病気かどうかわからない。けれど、体調が悪そう…」というときはすぐに動物病院に行って検査等してもらいましょう。

病気の例としては以下のような場合があります。

犬の抜け毛で考えられる主な病気

  • 脱毛症
  • 感染性皮膚炎
  • アレルギー性皮膚炎

猫の抜け毛で考えられる主な病気

  • 疥癬
  • アレルギー皮膚炎
  • 食物アレルギー

この他にも病気はたくさんあり様々なケースが考えられますが、原因を特定するのに時間がかかることも多く、原因が判明してもすぐには治療効果が現れないこともあります。
おかしな点が見られたら、動物病院での早めの受診をおすすめします。

犬・猫の被毛の役割と換毛期について知っておこう!

仲のいい犬と猫

被毛とは犬や猫の体を覆っている毛のことですが、そんな被毛には・・・

  • 体温を調節する
  • 外部の刺激から身体を守る

これら2つの役割があります。

体温を調節する

季節に応じて毛が生え替わり、暑い時期に適した夏毛、寒い時期に適した冬毛を使い分けています。ちょうど、人間が服で体温調節するのと同じですね!

外部の刺激から身体を守る

もともと外で生活する動物であった犬や猫の被毛は紫外線、雨、ウイルス・細菌など外部からの刺激を受けるのを防いでいます。被毛が硬い犬や猫でも、皮膚は弱いため被毛は身体全体を守るという重要な役割があります。

換毛期との関係

ここで換毛期との関係でいえば、体温調節が特に重要です。

特に冬になると冬毛で柔らかい毛が増えてフワフワ、モコモコになり、とても触り心地がいいですよね。見た目も、丸みを帯びてとてもかわいらしくなります。それには被毛の体温調節の役割が大いに関係があるのです。

被毛の種類と換毛期について知っておこう!

熟睡する猫

犬・猫の被毛の種類には・・・

  • シングルコート
  • ダブルコート

これら2つのタイプがあり、被毛の種類によって換毛期があったりなかったりします。

そこで以下では、被毛の種類と換毛期の有無について合わせて解説していきます。

シングルコート

シングルコートとは、被毛が一重のものです。

シングルコートの犬猫は毛がごっそり生え変わるような換毛期はありません。しかし、人間の毛と同じく、日々少しずつ生え変わっています。

特に長毛種の場合、シングルコートでも日々のケアを怠れば毛玉や臭いが発生してしまうので、こまめな手入れが必要です。

犬(長毛種)の具体例

  • パピヨン
  • プードル
  • マルチーズ
  • アフガンハウンド
  • ヨークシャーテリア

など

犬(短毛種)の具体例

  • グレート・デーン
  • グレーハウンド
  • ミニチュアピンシャー

など

猫(長毛種)の具体例

  • メイン・クーン
  • ターキッシュ・アンゴラ

など

猫(短毛種)の具体例

  • シンガプーラ
  • シャム
  • デボンレックス
  • コーニッシュ・レックス

など

ダブルコート

ダブルコートとは、被毛が二重のものです。

外面を覆って身体を保護するオーバーコート(上毛)と体温調節の役割を果たすアンダーコート(下毛)の二重構造になっています。

ダブルコートの場合、春・秋に換毛期があります。換毛期には、アンダーコートが生え変わります。

犬(長毛種)の具体例

  • スピッツ
  • キャバリア
  • ポメラニアン
  • ゴールデン・レトリバー
  • シェットランドシープドッグ

犬(短毛種)の具体例

  • 柴犬
  • フレンチ・ブルドッグ
  • シベリアン・ハスキー
  • ウェルシュ・コーギー
  • ジャーマン・シェパード
  • ジャックラッセルテリア
  • ラブラドール・レトリバー

猫(長毛種)の具体例

  • ヒマラヤン
  • ペルシャ
  • ノルウェージャン・フォレストキャット

猫(短毛種)の具体例

  • ロシアンブルー
  • アビシニアン
  • アメリカン・ショートヘア

なお、日本猫と呼ばれる日本の雑種猫には、長毛・短毛種いずれでもダブルコートが多いと言われています。

換毛期が無くてもこまめな手入れは必要!

以上のように、犬猫の被毛構造によって、換毛期の有無が異なってきます。

シングルコート、ダブルコートいずれでも、体温調節や外部刺激からの保護といった役割(機能)を果たしています。飼い主さんは被毛は大切に保護し、健康で艶のある毛であるように維持する必要があります。

そのためには、換毛期があるダブルコートはもちろん、換毛期のないシングルコートの子たちも、こまめに丁寧なブラッシングをしてあげてくださいね。

毛の硬さや長さは犬・猫によってまちまちです。夏毛と冬毛の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

愛犬におすすめのプレミアムドックフード5選+サプリ!

市販されているドッグフードの多くは人間が食べられないほど粗悪な原材料を使用し、添加物を大量に使っているってご存じですか?愛犬の健康のためにドックフードの選定はとっても大切です!犬が消化を苦手とする穀物が入っていないグレインフリー・人工添加物不使用といった品質の高いドックフードを愛犬に与えることで、病気のリスク軽減はもちろん毛並みの改善・涙やけ・肥満・関節のトラブルなどを改善する事が可能です。市販のドッグフードよりも少々価格が高いものが多いですが、人間の食材と同じ工場で製造・出荷されたプレミアムドッグフードはメリットが沢山あります。

モグワンドッグフード

モグワンはヒューマングレードの原材料が使われています。ヒューマングレードとは、人間の食品安全基準に当てはまるほど安全な原材料でつくられているという意味です。安いドッグフードなどは、4Dミートが使われていることがあります。肉類などのざっくりとした表記の場合は、4Dミートを疑った方がよいでしょう。モグワンドッグフードは、新鮮なチキン生肉と生サーモンをふんだんに使った高タンパクなフードで、イギリスで生産されています。イギリスなどのペット先進国は、ペットに対する意識が高いので、ドッグフードについても安全で栄養価が高いのでおすすめです。動物性タンパク質の割合は50%以上あり、とても高タンパクです。また、着色料・香料不使用なところも安心できるところです子犬から老犬までどの子でも安心して食べられるように作られているので安心できるプレミアムドッグフードです。 
商品名モグワンドッグフード
内容量1.8㎏
特徴・良質のたんぱく質・脂質のサーモン&チキンが豊富・サーモンには、抗酸化成分・抗炎症作用があり炎症を抑える働きがある・運動不足になりがちな犬におすすめ・7mmと小粒なので、口の小さい犬でも食べやすい・完全無添加・グレインフリーなので、涙やけ予防になる
通常購入価格3,960円(税抜)
定期購入価格3,564円(税抜)最大20%OFF
完全無添加・グレインフリーのおすすめドッグフード「モグワン」は下のボタンから!

モグワン公式サイトはこちら

モグキューブドッグフード

モグキューブは、ニュージーランド産のラム肉を使用してつくられています。ラム肉は、エネルギー供給をサポートするL-カルチニンも豊富です。フリーズドライ製法でつくられているところがめずらしいドッグフードです。フリーズドライだと素材の栄養や風味が損なわれないので、おいしいフードになります。キューブ状なので、そのままはもちろんお湯でふやかしたり、ドライフードのトッピングとしても使えます。おいしく食いつきがいいので、食欲がないときにドライフードに混ぜる食べ方もおすすめです。モグキューブには、緑イ貝という貝が使われています。この緑イ貝は、グルコサミン・コンドロイチン、オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸が豊富に含まれています。これらの栄養素は、トイプードルの関節サポートに役立つ成分です。オメガ3脂肪酸には、炎症を鎮める効果があります。また、モグキューブにはブロッコリーが使われています。ブロッコリーは野菜の中でも食物繊維が豊富です。腸内環境が改善されるため、涙やけのトイプードルにおすすめできます。モグキューブは他のドッグフードと比べて、カロリー・脂質が高くなっています。活動する犬向けにつくられたフードなので、お散歩好きなトイプードルにおすすめです。食と運動による身体づくりをサポートしてくれます。
商品名モグキューブ
内容量1袋425g
特徴・運動と栄養の両方が補える・原材料に、ラム肉・ブロッコリー・緑イ貝など運動能力向上・健康維持に効く・ニュージーランド産のラム肉で上質で安全・ブロッコリーは食物繊維もありお通じに効果あり・フリーズドライ製法で栄養が逃げず豊富・柔らかくて手で崩れるので食べやすい大きさに変えられる・パピーや老犬など飲み込めない子で安心して食べられる
通常購入価格4,960円(税抜)
定期購入価格4,464円最大20%OFF
柔らかく食べやすい大きさにして与えれる、高品質で栄養豊富なプレミアムドッグフード「モグキューブ」の購入はこちらから!

モグキューブの公式サイトはこちら

カナガンドッグフード

カナガンはイギリス産のグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードです。穀物不使用なので、アレルギーを起こす心配が少ないフードです。また、犬はもともと肉食動物のため、穀物を消化するのが苦手です。カナガンの特徴は、動物性タンパク・野菜・ハーブなどの厳選した素材をブレンドしているため、犬に最適な栄養素をバランスよく摂取できるところです。食物繊維が豊富なサツマイモが使われているため、腸内環境の改善に役立ちます。サツマイモはトウモロコシや小麦と比べると高価なため、昔はドッグフードにはあまり使用されていませんでした。また、カナガンには海藻が使われています。海藻にはオメガ3脂肪酸が含まれています。生産国のイギリスは、ペット先進国です。ペット先進国は、ペットに対する意識が高く安全基準が厳しいので安心して食べてもらえます。香料・着色料不使用な点でも安心です。
商品名カナガン(ドッグフード)
販売会社株式会社レティシアン
カナガンの特徴小粒で子犬でも食べやすい高たんぱく・低炭水化物穀物不使用(グレインフリー)香料・着色料等の添加物を使用していない人間の食品工場で加工・出荷オメガ3・オメガ6配合
カナガンの原材料骨抜きチキン生肉、乾燥チキン、海藻、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆など
カナガンの価格3,960円(最大20%OFFキャンペーン中!)
カナガンの容量2kg

カナガンの公式サイトはこちら

ピッコロドッグフード

ピッコロはシニア犬向けにつくられたドックフードです。そのため、シニア犬やあまり運動をしないトイプードルにおすすめできます。ピッコロは、チキンとサーモンが原材料の70%も配合されています。他のドッグフードと比べてとても高い数字です。高品質・高タンパク・ヒューマングレードなので安心して食べられます。また、ピッコロはフラクトオリゴ糖を配合しています。フラクトオリゴ糖とは、難消化性のオリゴ糖です。他のオリゴ糖と違い、野菜や果物に含まれ、砂糖に近い甘みがあります。アレルギーもなく安全で、人間でも妊娠中の方や乳幼児でも問題なく摂取できます。フラクトオリゴ糖には、善玉菌を増やす、腸内環境の整備、骨の強化という効果があります。腸内環境を整えてくれるので、涙やけのトイプードルシニア犬におすすめです。また、ピッコロは人工の香料は使用していません。自然の香りだけで、犬の食欲をそそる香りになっています。
商品名ピッコロ(ドッグフード)
販売会社株式会社レティシアン
ピッコロの特徴関節軟骨成分が3種類配合されている脂質とカロリーが控えめ穀物不使用(グレインフリー)香料・着色料等の添加物を使用していない獣医師の95%が推奨するドッグフード
ピッコロの原材料骨抜きチキン生肉、骨抜き生サーモン、乾燥チキン、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆、乾燥サーモン等
ピッコロの価格3,960円(初回半額キャンペーン中!)
ピッコロの容量1.5kg

ピッコロの公式サイトはこちら

このこのごはん【涙やけにおすすめ】

このこのごはんは、小型犬専用のドックフードであり小型犬の悩みである「体臭」「毛並み」「涙やけ」などの対策を考えて作られています。小型犬用に作られているので、ドックフードの粒もモグワンに近い7ミリ~8ミリのミニサイズです。口の小さな子や小型犬や老犬なども安心して食べられますね。ドックフードの袋もジッパータイプなので、袋のまま保管できて安心です。このこのごはんは穀物不使用ではなく、玄米など栄養に良い穀物が含まれています。穀物でもアレルギーの原因になりやすい小麦やトウモロコシは含まれていません。ただし、完全穀物不使用でないので、穀物アレルギーの子の場合は獣医に相談してから決めましょう。原材料のささみや鹿肉、モリンガ・乳酸菌などは、消化を促進し老廃物を排出させる効果があり涙管の詰まりで起こる涙やけを改善する効果があります。他にも腸内環境を整え体臭や口臭の改善、毛並みなどの改善効果もあります。

このこのごはんの詳細はこちら

【犬用腎臓サプリ】ジナース

ジナースは犬の管理栄養士と共同開発して、シニア犬に多い腎臓病のケアの為に作られたふりかけタイプの犬用サプリメントです。愛犬にジナースを与えることにより
  • 腎臓の負担軽減
  • 合併症対策
  • 筋肉分解の防止
一度悪くなった腎臓は良くなることはほぼありませんので、食事療法に加えジナースのような腎臓病ケアサプリメントを利用して、いかに腎臓への負担を軽くするかとても大切になってきます。そこで、ジナースには腎臓の大きな役割である「ろ過機能」を手伝う成分が含まれているので、ただ食事療法だけよりも「老廃物の除去や排出」といった腎臓病ケアにかなり効果的なサプリといえます。ふりかけタイプのサプリメントは愛犬に与えるのに時間もかからず、簡単に腎臓ケアが出来ることから非常に好評なサプリメントです。今なら最大66%キャンペーンでお得に買える定期コースを利用している方が多いようです。

ジナースの詳細はこちら

関連記事

人間と同じく犬も一度悪くなってしまってしまった腎臓機能は良くならないので、飼い主さんが愛犬にしてあげられる事は腎臓の負担を軽くすることです。愛犬の腎臓を力強くサポートしてくれる成分を配合したジナースは腎臓機能が低下したワンちゃんのケ[…]

愛猫におすすめのプレミアムキャットフード!

市販されているキャットフードは人間が食べられないほど粗悪な原材料を使用し、人工添加物も大量に使用しているってご存じですか?粗悪な原材料を使用しておらず、猫が引き起こしやすいアレルゲンや余計な添加物が入っていないプレミアムキャットフードは、人間の食材と同じ工場で製造・出荷されていることからとても安心して与えることが出来ます。愛猫に健康で長生きしてもらいたいなら市販のキャットフードを与え続けることはNG!愛猫の健康の為にもお安く手に入れるキャンペーンを利用してプレミアムキャットフードに切り替えてみてはいかがでしょうか!

モグニャンキャットフード

モグニャンの特徴は、新鮮な白身魚が贅沢に63%も使われているところです。低脂肪で高タンパクな白身魚は栄養満点で消化吸収にも良いです。魚は猫が大好きな香りなので、愛猫の食欲をそそります。原材料の選定から粒の固さの調整まで、1つ1つを徹底的に吟味されています。さらに、猫の消化に負担をかける穀物は一切使用せずに、良質な炭水化物源となるサツマイモを使用することで、グレインフリーを実現しています。厳選された食材と栄養バランスにこだわったモグニャンキャットフードは、赤ちゃんからシニアまでずっと使えるキャットフードです。モグニャンは子猫からシニア猫まで様々な年齢の愛猫がいる方も、モグニャンキャットフード1つで猫達の健康管理が出来るのでおすすめですよ!

モグニャンに含まれるその他原材料と効果

モグニャンは良質な白身魚の他に
  • リンゴ
  • カボチャ
  • サツマイモ
などの食材が使われていて、食物繊維たっぷりですね!
  • カボチャには健康維持に役立つカロテンや、カリウムが豊富です。
  • グレインフリーの代わりにサツマイモを使用しているので消化が良く好評です。
  • カボチャとサツマイモは食物繊維が豊富なので、毎日のうんちをサポートします。
  • また、モグニャンの特徴として、サーモンオイルが配合されています。サーモンオイルには、オメガ3とオメガ6が含まれています。
オメガ3 ・オメガ6脂肪酸は抗炎症作用があるため、様々な身体の不調にはたらきかけてくれます。血液機能や皮膚炎にも効果があると言われています。

モグニャン公式HPはこちら

カナガンキャットフード

原材料チキンの品質は?カナガンもグレインフリー(穀物不使用)です。モグワンと同じくカナガンの特長の一つとして有名なのが、人間でも食べられるほど高品質な原材料を使用しています。カナガンは猫がおいしく食べられるイギリス産の高品質な平飼いチキンです。平飼いチキンは、仕切った鶏舎をいくつも積み重ねて飼育しておらず、地面で飼育することで余分なストレスをかけないよう育てられたチキンです。この新鮮なチキン生肉をミンチ状にし、高タンパクの乾燥チキンをブレンドされています。 チキンには、タンパク質・ビタミン・リン、健康を維持するセレンが豊富に含まれています。カナガンも穀物の代わりにサツマイモを使用!サツマイモは消化率が高く、穀物原料の代わりになる炭水化物源として注目されています。時間をかけて吸収されるため、身体に負担をかけません。また、サツマイモは還元作用に優れ、健康と活力を維持しますが、サツマイモは、トウモロコシや小麦などと比べると高価なので、消化率が高い原材料でありながら、キャットフードで用いられることは多くありませんでした。しかし、カナガンは消化に悪い穀物を使用せず、猫の消化に最適な原材料のみを使用したキャットフードなので、市販のキャットフードに比べるとやや値が張りますが、愛猫に健康で長生きしてもらうためにはプレミアムキャットフードを与える価値があります。カナガンに入っている海藻は栄養価が高く、ミネラルを豊富に含み、猫の健康を維持します。 海藻に含まれるヨウ素という成分が身体のコンディションを安定させます。カナガンにはマリーゴールド・クランベリー・カモミールといったヘルシーな成分が配合されており、
  • マリーゴールドは、健康的で若々しい身体を維持します。
  • クランベリーは、猫にとって健康的な成分を豊富に含み、還元作用にも優れています。
  • リフレッシュ効果で知られるカモミールは、猫の快適な毎日をサポートします。
市販のキャットフードにも含まれるタウリンは、ほとんどの哺乳類が体内で合成できる物質ですが、猫はごく微量しか合成できないため、食事から必要な量を摂取するしかありません。カナガンキャットフードにはタウリンが豊富に含まれているため、猫に適したフードと言えるでしょう。生産国のイギリスはペット先進国なので、日本に比べ高品質なキャットフードを重視しており、安全性も国内のものより高くおすすめです。パッキングまで完了した製品には、一袋一袋シリアル番号がつけられます。その番号によって、生産日はもちろんのこと、どの原材料がいつどこから来たのかまでを完璧に把握することが出来ることも含めて原料だけではなく、製造・出荷までレベルの高いキャットフードです。

カナガンの公式HPはこちら

シンプリー

シンプリーの特徴は、サーモンをベースにニシンやマス、乾燥白身魚など73%も魚が配合されているところです。そして猫にとって消化が難しい穀類を排除したグレインフリーのキャットフードです。シンプリーにはクランベリーが配合されています。クランベリーに含まれるキナ酸は、体のバランスを維持してくれます。また、オリゴ糖も配合されています。オリゴ糖は食物繊維が豊富で毎朝のスッキリをサポートします。他にもサツマイモや、ビタミンや鉄分を多く含むニンジン・りんご・ほうれん草を加え、猫の健康維持をサポートします。シンプリーの特徴は、たっぷりと配合した豊富な魚と、1粒1粒を濃厚なフレーバーソースでコーティングした製法にあります。生サーモンをベースに生マス、乾燥サーモン・ニシン・白身魚、さらには旨みが濃縮したサーモンスープをたっぷり73%以上も使用されています。濃厚な香りが、袋を開けた瞬間から猫の食欲を刺激するので、食べムラのある猫におすすめです。シンプリーのタンパク質の成分は以下のようになっています。
  • 骨抜き生サーモン(31%)
  • サツマイモ
  • 乾燥ニシン(12%)
  • 乾燥サーモン(11%)
  • ジャガイモ
  • サーモンオイル(8.1%)
  • 乾燥白身魚(6.5%)
  • 生マス(4.65%)
  • サーモンスープ(2.3%)
シンプリーの匂いは素材そのものの自然な匂いであり、人工の香料は一切使われておりません。サーモンの匂いは、人間にとっては強く感じられるかもしれませんが、これは猫が大好きな匂いで、食いつきが良いことで有名です。

シンプリー公式HPはこちら

ジャガー

ジャガーの開発者は、採算度外視で本当に上質なフードを開発することを決意し、自らのこだわりを余すところなく詰め込んだそうです。ジャガーの特徴は、新鮮なチキンと鴨の生肉を贅沢に使用していることです。本来肉食である猫が喜ぶおいしさになっています。アスタキサンチンが豊富なサーモンや新鮮なマスをふんだんに使用し、高タンパクです。このアスタキサンチンは、脳・目・肌・細胞の健康に効果があります。その中でも眼精疲労の軽減と、糖尿病の合併症である糖尿病腎症の軽減に効果があります。他にも人間の食品としても注目のスーパーフードであるアサイーやマルベリー、伝統ある滋養源の朝鮮人参が配合されていて、愛猫の健康維持をサポートします。タンパク質が40%の割合なので、とても高タンパクなキャットフードです。

ジャガー公式HPはこちら

犬・猫の換毛期・抜け毛対策・ブラッシング方法・ストレス・病気解説まとめ

考え事をする犬

ここまでの内容をまとめると・・・

  • 犬や猫の換毛期の抜け毛対策としては、ブラッシング、シャンプー、丁寧な掃除をすること。
  • 犬猫の毛がごっそり抜けるのは、換毛期のほか、病気やストレスを感じている場合がある。
  • 被毛の役割は体温調節と外界の刺激から身体を保護することにある。
  • 被毛の種類には、被毛構造によりシングルコートとダブルコートがあり、換毛期はダブルコートの種類にある。

換毛期の犬や猫の抜け毛は大変なものです。見た目でも毛玉が見えるくらいになりますし、毎日ブラッシングを欠かさず行っていても、すごい量がゴッソリ取れてしまいます。
飼い主さんは「家の中でやらなければよかった」と後悔することもあるくらいです。

飼い始めてまだ間もない初心者には、毎日のブラッシングや掃除が大変かもしれません。また、ゴッソリと抜ける毛をみて、最初は病気なのでは・・・と不安に思うかもしれません。それでも、慣れてしまえばたいして大変ではないですし、換毛期というのがあるのだとわかればそれほど驚くことはないです。

ブラッシングやシャンプーは、あなたの大切な愛犬・愛猫とふれあう良い機会です。しっかりとコミュニケーションをすると、信頼関係も深まることでしょう。日々の積み重ねで、どんどんかわいい存在になっていきますよ!

[box06 title=”あわせて読みたい”]

【犬用腎臓サプリ】ジナースの評判・効果を解説!お試し66%オフも!

【犬があくびをする理由】眠いわけじゃない!?病気や注意点を徹底解説!

【ストレス・病気!?】犬がしっぽを追いかける理由と注意点を解説!

モグワンドッグフードはダイエットにも向いている!?給餌量やおすすめの理由を解説!

【モグワン】お試しは20%OFFがおすすめ!お試し方法について解説

【カナガンドッグフード】原材料や特徴、口コミ評判・効果を徹底分析

ピッコロドッグフードはシニア犬に良い?口コミ、評判・成分を徹底比較!

犬の手作り食は危険!?メリット・注意点やおすすめレシピを徹底分析!

モグニャンは腎臓病予防に良い?成分・注意点・おすすめの理由を解説!

[/box06]
>最強の勝率アップツール「サイトセブン」

最強の勝率アップツール「サイトセブン」

データロボサイトセブンは、全国のサイトセブン加盟ホールの出玉データやホール情報・新台の打ち方などの機種情報がスマートフォン(Android&iPhone)から見られる、パチンコ・パチスロユーザーの情報ツールです。パチンコ台の上部に設置されているランプのデータ(大当り一覧・大当り履歴・出玉推移グラフ)が、スマートフォンからいつでもリアルタイムで見る事が出来ます。また、最新の機種から話題の機種までスペックの確認ができます。たったの月々550円で出玉情報・癖・自分の台の最終結果を把握することが出来るので、パチンコ・スロットで勝ち続ける為には必須のツールと言えるでしょう。