猫の目

猫の涙やけ・目やにの原因と改善に期待出来るキャットフードをご紹介

みなさんの愛猫は、目やに・涙やけなど目のトラブルになったことはありますか?
目やに・涙やけには、目の病気やアレルギーなどの原因があります。

今回は猫の目やに・涙やけの原因や対処法、涙やけの改善に期待できるグレインフリー(穀物不使用)のおすすめプレミアムキャットフードなどをご紹介します。

猫の目やに・涙やけの原因は?

眠る猫 涙やけ 目やに キャットフード

目やに
正常な目やには、乳白色・赤褐色・こげ茶色をしており、少量で固まっているのが特徴です。目の代謝に伴い、不要になった細胞の一部やごみが混ざって目やにが出てくると言われています。
目やには少量であれば、問題ありませんが、病気の場合は量が増えたり色が変わったりします。

涙が過剰に出る
涙のはたらきは、目にごみなどが入らないよう目を守っています。
涙がたくさんが出てしまうと、赤茶っぽい涙の色が目立つようになり、涙やけが出てきてしまいます。

猫風邪
目やにとともに、くしゃみや鼻水の症状が出ているのなら、目やにの原因は風邪にあるかもしれません。猫の風邪は、ウイルスに感染することによって起こります。室内で飼育している猫でも、飼い主が持ち込んだウイルスに感染することがあります。

鼻炎
ウイルスの感染によって鼻炎になると、目やにも症状の一つとして現れます。その他に花粉やハウスダストも、目やにの原因として考えられます。

アレルギー
風邪と同じようなくしゃみや鼻水、目やに、皮膚炎の症状は、猫のアレルギーが原因であることもあります。猫のアレルギーは、穀類、牛肉、乳製品、チキン、卵など、さまざまな食べ物で可能性があります。食べ物だけでなく、ノミがアレルゲンの場合もあります。

流涙症
流涙症とは、その名の通り涙があふれて止まらなくなる病気です。
ペルシャ猫やヒマラヤンのような鼻が低い顔立ちの猫の場合は、先天的に流涙症なりやすいです。
涙を出す涙小管が詰まっていたり、涙の量自体が増えてきたことで症状が出ることもあります。
涙小管のつまりの場合、極細の管などを使用して詰まりを解消する事もあります。
涙が原因で目頭から鼻筋にかけて被毛が変色することから、涙やけと呼ばれることもあります。

結膜炎
結膜炎とは、まぶたの裏側から白目の表面を覆っている結膜部分の炎症です。炎症が起きると目にかゆみや痛みがでて、白目の赤み、目をこする、涙や目やにが多い、まぶたが腫れるといった症状がみられます。病原体の感染のほか、砂・ほこりなどの異物、アレルギー、涙の減少などが原因で結膜炎を発症することもあります。

角膜炎
角膜炎とは、黒目の表面を覆っている角膜の炎症です。目が痛くなる、目をしょぼしょぼさせるといった症状がみられます。目に傷がついてしまうことが原因で起こります。また、病原体の感染や、涙が少ないことが原因になることもあります。

猫の目やに・涙やけの対処法はある?

猫の目

目やに・涙やけの原因がアレルギーの場合は、アレルゲンを取り除いたキャットフードにすることが効果的です。
鼻炎の場合は、ハウスダストをなくすために、まめに掃除をすることも大切です。
ウイルスなどが原因の場合は、日頃からバランスのとれた栄養で免疫力をアップさせることが大切ですね。

また、市販のキャットフードは添加物が大量に使用されていることが多く、この添加物が目や鼻を刺激して涙やけの原因になることも多くあります。

高品質なキャットフードを見分けるポイント3つ

良質かつ高タンパク

猫は完全な肉食動物です。炭水化物からではなく、タンパク質からエネルギーを得ています。タンパク質は、筋肉・被毛・皮膚などの成分になるので、良質なタンパク質を十分な量だけ摂取することが重要です。

グレインフリー

トウモロコシ・小麦・大麦などの穀物は、猫のアレルギーを引き起こしやすいと考えられています。
それにも関わらず、市販のキャットフードには穀物が使用されていることが多くあります。穀物は安価なので、安いキャットフードをつくるために使われてしまいます。

無添加

香料・着色料・保存料といった人工的な添加物を使用していないキャットフードを選ぶという点はとても大切です。先ほどもご紹介したように添加物が原因で、涙やけやアレルギーを起こすケースも珍しくありません。
保存料を使用していないので、開封後は遅くても2か月程度で与える必要がありますので、注意は必要になります。

目やに・涙やけが気になる猫におすすめのキャットフード

目やに・涙やけの症状のある猫に限らず、アレルゲンや余計な添加物の入っていないプレミアムキャットフードはとてもおすすめ!

愛猫におすすめのプレミアムキャットフード!

市販されているキャットフードは人間が食べられないほど粗悪な原材料を使用し、人工添加物も大量に使用しているってご存じですか?

粗悪な原材料を使用しておらず、猫が引き起こしやすいアレルゲンや余計な添加物が入っていないプレミアムキャットフードは、人間の食材と同じ工場で製造・出荷されていることからとても安心して与えることが出来ます。

愛猫に健康で長生きしてもらいたいなら市販のキャットフードを与え続けることはNG!

愛猫の健康の為にもお安く手に入れるキャンペーンを利用してプレミアムキャットフードに切り替えてみてはいかがでしょうか!

モグニャンキャットフード

 

モグニャンの特徴は、新鮮な白身魚が贅沢に63%も使われているところです。低脂肪で高タンパクな白身魚は栄養満点で消化吸収にも良いです。魚は猫が大好きな香りなので、愛猫の食欲をそそります。

原材料の選定から粒の固さの調整まで、1つ1つを徹底的に吟味されています。
さらに、猫の消化に負担をかける穀物は一切使用せずに、良質な炭水化物源となるサツマイモを使用することで、グレインフリーを実現しています。

厳選された食材と栄養バランスにこだわったモグニャンキャットフードは、赤ちゃんからシニアまでずっと使えるキャットフードです。

モグニャンは子猫からシニア猫まで様々な年齢の愛猫がいる方も、モグニャンキャットフード1つで猫達の健康管理が出来るのでおすすめですよ!

モグニャンに含まれるその他原材料と効果

モグニャンは良質な白身魚の他にも

  • リンゴ
  • カボチャ
  • サツマイモ

などの食材が使われていて、食物繊維たっぷりでメリットがいっぱいです。

モグニャンのポイント!
  • カボチャには健康維持に役立つカロテンや、カリウムが豊富です。
  • グレインフリーの代わりにサツマイモを使用しているので消化が良く好評です。
  • カボチャとサツマイモは食物繊維が豊富なので、毎日のうんちをサポートします。
  • サーモンオイルが配合されています。

モグニャンの特徴として、サーモンオイルが含まれていますが、このサーモンオイルには「オメガ3・オメガ6」が含まれています。

オメガ3 ・オメガ6脂肪酸は抗炎症作用があるため、様々な身体の不調にはたらきかけてくれます。血液機能や皮膚炎にも効果があります。

モグニャン公式HPはこちら

カナガンキャットフード

 

原材料チキンの品質は?

カナガンもグレインフリー(穀物不使用)です。
モグニャンと同じくカナガンの特長の一つとして有名なのが、人間でも食べられるほど高品質な原材料を使用しています。

カナガンの主原料には猫がおいしく食べられるイギリス産の高品質な平飼いチキンです。

平飼いチキンは、仕切った鶏舎をいくつも積み重ねて飼育しておらず、地面で飼育することで余分なストレスをかけないよう育てられたチキンで、この新鮮なチキン生肉をミンチ状にし、高タンパクの乾燥チキンをブレンドされています。

さらにチキンには、タンパク質・ビタミン・リン・セレンといった成分が含まれています。

ちなみにセレンは健康を維持するのに大切な成分です。

カナガンも穀物の代わりにサツマイモを使用!

サツマイモは消化率が高く、穀物原料の代わりになる炭水化物源として注目されています。時間をかけて吸収されるため、身体に負担をかけません。

また、サツマイモは還元作用に優れ、健康と活力を維持しますが、サツマイモは、トウモロコシや小麦などと比べると高価なので、消化率が高い原材料でありながら、キャットフードで用いられることは多くありませんでした。

しかし、カナガンは消化に悪い穀物を使用せず、猫の消化に最適な原材料のみを使用したキャットフードなので、市販のキャットフードに比べるとやや値が張りますが、愛猫に健康で長生きしてもらうためには、カナガンのようなプレミアムキャットフードを与える価値があります。

カナガンに入っている海藻は栄養価が高く、ミネラルを豊富に含み、猫の健康を維持します。 海藻に含まれるヨウ素という成分が身体のコンディションを安定させます。

カナガンにはマリーゴールド・クランベリー・カモミールといったヘルシーな成分が配合されており、

  • マリーゴールドは、健康的で若々しい身体を維持します。
  • クランベリーは、猫にとって健康的な成分を豊富に含み、還元作用にも優れています。
  • リフレッシュ効果で知られるカモミールは、猫の快適な毎日をサポートします。

市販のキャットフードにも含まれるタウリンは、ほとんどの哺乳類が体内で合成できる物質ですが、猫はごく微量しか合成できないため、食事から必要な量を摂取するしかありません。

カナガンキャットフードにはタウリンが豊富に含まれているため、猫に適したフードと言えるでしょう。

生産国のイギリスはペット先進国なので、日本に比べ高品質なキャットフードを重視しており、安全性も国内のものより高くおすすめです。

パッキングまで完了した製品には、一袋一袋シリアル番号がつけられます。

その番号によって、生産日はもちろんのこと、どの原材料がいつどこから来たのかまでを完璧に把握することが出来ることも含めて原料だけではなく、製造・出荷までレベルの高いキャットフードです。

カナガンの公式HPはこちら

シンプリー

 

シンプリーの特徴は、サーモンをベースにニシンやマス、乾燥白身魚など73%も魚が配合されているところです。そして猫にとって消化が難しい穀類を排除したグレインフリーのキャットフードです。

シンプリーにはクランベリーが配合されています。クランベリーに含まれるキナ酸は、体のバランスを維持してくれます。

また、オリゴ糖も配合されています。オリゴ糖は食物繊維が豊富で毎朝のスッキリをサポートします。
他にもサツマイモや、ビタミンや鉄分を多く含むニンジン・りんご・ほうれん草を加え、猫の健康維持をサポートします。

シンプリーの特徴は、たっぷりと配合した豊富な魚と、1粒1粒を濃厚なフレーバーソースでコーティングした製法にあります。

生サーモンをベースに生マス、乾燥サーモン・ニシン・白身魚、さらには旨みが濃縮したサーモンスープをたっぷり73%以上も使用されています。

濃厚な香りが、袋を開けた瞬間から猫の食欲を刺激するので、食べムラのある猫におすすめです。

シンプリーのタンパク質の成分は以下のようになっています。

  • 骨抜き生サーモン(31%)
  • サツマイモ
  • 乾燥ニシン(12%)
  • 乾燥サーモン(11%)
  • ジャガイモ
  • サーモンオイル(8.1%)
  • 乾燥白身魚(6.5%)
  • 生マス(4.65%)
  • サーモンスープ(2.3%)

シンプリーの匂いは素材そのものの自然な匂いであり、人工の香料は一切使われておりません。

サーモンの匂いは、人間にとっては強く感じられるかもしれませんが、これは猫が大好きな匂いで、食いつきが良いことで有名です。

シンプリー公式HPはこちら

ジャガー

 

ジャガーの開発者は、採算度外視で本当に上質なフードを開発することを決意し、自らのこだわりを余すところなく詰め込んだそうです。

ジャガーの特徴は、新鮮なチキンと鴨の生肉を贅沢に使用していることです。本来肉食である猫が喜ぶおいしさになっています。

アスタキサンチンが豊富なサーモンや新鮮なマスをふんだんに使用し、高タンパクです。
このアスタキサンチンは、脳・目・肌・細胞の健康に効果があります。

その中でも眼精疲労の軽減と、糖尿病の合併症である糖尿病腎症の軽減に効果があります。

他にも人間の食品としても注目のスーパーフードであるアサイーやマルベリー、伝統ある滋養源の朝鮮人参が配合されていて、愛猫の健康維持をサポートします。
タンパク質が40%の割合なので、とても高タンパクなキャットフードです。

ジャガー公式HPはこちら

プレミアムキャットフードの比較

モグニャン・カナガン・シンプリー・ジャガーのカロリーを比較

モグニャン365kcal
カナガン390kcal
シンプリー380kcal
ジャガー383.5kcal

カロリーは365~383.5kcalとそんなに大きな差はありません。
モグニャンがもっとも低い365kcalとなっていますが、どれも誤差レベルなので、あまり気にしなくても良さそうですね!

モグニャン・カナガン・シンプリー・ジャガーの脂質を比較

モグニャン16.00%
カナガン20.00%
シンプリー20.00%
ジャガー20.00%

脂質は、モグニャンの16.00%が低く、他は全部20.00%です。
ダイエット中の愛猫にはカロリー・脂質が低いモグニャンが最も良さそうですね!

モグニャン・カナガン・シンプリー・ジャガーのタンパク質を比較

モグニャン30.00%
カナガン37.00%
シンプリー37.00%
ジャガー40.00%

タンパク質は、30.00%~40.00%の間になっています。
タンパク質は多すぎず、少なすぎずのバランスが大切です。
モグニャンは他に比べ少し少なめですが、どれもバランスよくたんぱく質を含んでいますね!

モグニャン・カナガン・シンプリー・ジャガーの粒の大きさを比較

モグニャン7mm
カナガン8mm
シンプリー8~10mm
ジャガー10~12mm

粒の大きさは、モグニャンが1番小さい7mmです。小柄な猫や子猫に特におすすめできるキャットフードです。

キャットフードの切り替え方

キャットフードを新しいものに切り替えるときは、1週間かけて少しずつ慣らしていくのが望ましいです。
1日目は25%、3日目は50%、5日目は75%といったように少しずつ新しいフードの割合を増やしていきましょう。
また、猫にはネオフィリアとネオフォビアという習性があります。猫の食べ飽きや食べムラの原因になる習性です。

ネオフィリア

ネオフィリアとは新しいもの好きという意味です。猫は好奇心旺盛でいろいろな食べ物に興味があります。この習性が、猫の食べムラの原因になっていると考えられています。
このような場合は、ウェットキャットフードをいつものフードに加えてあげると食いつきがよくなります。おかずとして、たまに違う味のものをあげてみると猫の食事に対する満足度が上がります。

ネオフォビア

ネオフォビアは新奇恐怖症のことです。先ほど紹介したネオフィリアとは逆の性質です。これは猫の警戒心からくるものです。猫が何か食べ物によって嫌な経験をすると、その食べ物を食べなくなってしまうことがあるのです。また、子猫のうちにいろいろな味や食感を経験しないことでネオフォビアの傾向が強くなる場合もあります。
総合栄養食としてのドライフードは同じでも、ウェットタイプの一般食で、食のバリエーションをつくってあげることがおすすめです。

水分不足気味な愛猫にはミックスフィーディングがおすすめ!

ミックスフィーディングという言葉は聞いたことがありますか?
ドライフードとウェットフードを組み合わせた食事スタイルをミックスフィーディングと呼びます。

1日1食はドライキャットフードをふやかしたモノ・ウェットフードを与えることで、猫の水分不足を防ぐことが目的です。
体重4kgの猫なら、ウェットフード1食与えることで、1日に必要な水分の約1/3の量をカバーできます。
水分を摂取することで、水分不足・腎臓病のリスク軽減や下部尿路の健康維持に期待出来ます。
また、肥満気味でカロリーが気になる猫の場合、ウェットフードはカロリーが低いのでダイエットにもなります。ウェットフードは低カロリーでもおいしいので、満足感も得られ、食事に楽しみが加わります。
飼い主にとっても、忙しいときやお出かけ時にはドライフード、時間があるときはウェットフードと使い分けることができるので便利です。

猫の涙やけ・目やにの原因と改善に期待出来るキャットフードまとめ

ダンボール猫 涙やけ 目やに

猫の目やに・涙やけの原因と、改善に期待出来るプレミアムキャットフードについてご紹介しました。

キャットフードが原因で涙やけ・目やにを起こしている猫の場合特に以下の2点に注意すると良いかと思います。

  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 余計な添加物が入っていない

この2点を重視するとアレルギーの心配が少なく、体に余計な老廃物をため込まないので、様々な病気のリスク軽減が可能なので、こういったプレミアムキャットフードがおすすめです。
愛猫とのすこやかな食生活にお役立てください。

>最強の勝率アップツール「サイトセブン」

最強の勝率アップツール「サイトセブン」

データロボサイトセブンは、全国のサイトセブン加盟ホールの出玉データやホール情報・新台の打ち方などの機種情報がスマートフォン(Android&iPhone) から見られる、パチンコ・パチスロユーザーの情報ツールです。 パチンコ台の上部に設置されているランプのデータ(大当り一覧・大当り履歴・出玉推移グラフ) が、スマートフォンからいつでもリアルタイムで見る事が出来ます。 また、最新の機種から話題の機種までスペックの確認ができます。 たったの月々550円で出玉情報・癖・自分の台の最終結果を把握することが出来るので、パチンコ・スロットで勝ち続ける為には必須のツールと言えるでしょう。