モグワン

モグワンはダイエットにも向いている!?給餌量やおすすめの理由を解説!

ある調査によると、日本国内でいわゆる肥満犬と呼ばれる犬の割合は、2014年時点で30%を超えていると言われています。1994年の時点では肥満犬の割合が14%であったことを考えると、現在では30%をはるかに超える割合になっていると考えて間違いないでしょう。

愛犬の肥満は、おやつやドッグフードを与え過ぎないように心掛ければ十分に防ぐことができますが、すでに肥満犬になってしまっている場合は早急にダイエットの対策を講じる必要があります。

なぜならば、肥満によって健康に害を被ってからでは愛犬も可哀想ですし、飼い主さんも様々な負担を強いられてしまうからです。適切に体重管理を行って健康に過ごすことができれば、それが最も理想的ですよね!

しかし実際には、

  • 愛犬の肥満対策をしたい!
  • ドッグフード選びに苦慮している!
  • 肥満犬のダイエットって難しそう…

そんな悩みを持つ飼い主さんも少なくないのが現状です。

ただし、毎日の食事スタイルを変えることなく愛犬のダイエットを実現することは可能です。愛犬のダイエットに適しているドッグフードとしては、モグワンのような高たんぱく、低脂肪、低カロリーのドッグフードがおすすめです。

肥満犬におすすめのモグワンドッグフードとは?

モグワンドッグフード ロゴ
市販されているドッグフードは、人間が食べられないほど粗悪な食品を原料にしていたり、添加物を大量に使っている場合がほとんどなので、犬の身体に悪いドッグフードが多いです。

モグワンドッグフードは、良質な原料と無添加にこだわりぬいた「子犬(2か月)~シニア犬」まで与えれるプレミアムドッグフード!

市販されているドッグフードの中にも、愛犬の健康を考えたドッグフードは存在しており、これらのドッグフードは野菜が入っている程度で、添加物も沢山使用しておりオマケに食いつきの悪さが窺えます。

しかし、モグワンは高品質・無添加の健康的なドッグフードということだけではなく、食いつきの良さも追及しています。
犬の健康にメリットが多く、食いつきが良く、喜んで食べてくれるおすすめのドッグフードです。

商品名モグワン(ドッグフード)
販売会社株式会社レティシアン
モグワンの特徴穀物不使用(グレインフリー)
香料・着色料不使用
高たんぱく50%以上
モグワンの原材料チキン・サーモン・リンゴ・カボチャ・海藻・ココナッツオイル
モグワンの価格3,960円(最大20%OFFキャンペーン中!)
モグワン容量1.8kg


モグワンの公式ページはこちら

モグワンが肥満犬のダイエットにおすすめできる理由

モグワンが肥満犬のダイエットにおすすめできる理由は、低脂肪で低カロリーなドッグフードでありながら、健康維持に必要な栄養素をバランスよく摂取することができるという点です。

モグワンと言えば、ヒューマングレードの原材料を使用しつつ、かつ無添加であり、安心して愛犬に与えられるドッグフードとしても非常に人気ですが、同グレードのプレミアムドッグフードと比較しても低脂肪・低カロリーなドッグフードであることはあまり知られていません。

実際に、モグワンはどの程度肥満犬のダイエットに適しているのでしょうか? カロリー、脂質、たんぱく質のそれぞれについて、他のドッグフードと比較してみましょう。

まずカロリーで比較してみましょう。

ナチュラルドッグフード339キロカロリー
アカナ339.3キロカロリー
モグワン344キロカロリー
カナガン361.25キロカロリー
ネルソンズ362キロカロリー

次に脂質です。

ヤラー6.5%
モグワン12.0%
ナチュラルドッグフード12.5%
アーテミス15.0%
アカナ15.0%

最後にたんぱく質で比較してみます。

オリジン38.0%
ファインペッツ極36.0%
カナガン33.0%
アカナ31.0%
ネルソンズ30.0%
モグワン28.0%

他のプレミアムドッグフードと比較しても、モグワンが低カロリー・低脂肪であることが分かります。もちろん、国内で販売されているすべてのドッグフードで比較すればもっと低カロリー・低脂肪なドッグフードは存在します。

しかし、カロリーや脂肪は確かに肥満犬の原因ではありますが、あまりにも低すぎては逆に健康に悪影響を及ぼすと言われていますので、ある程度の摂取量は意識しなければなりません。そのため、カロリーや脂質が低すぎないこともまた大事なポイントなのです。

さらに、愛犬の体を構成するたんぱく質の摂取も必須ですし、犬は肉食に近い雑食性でもありますので、そこそこ高たんぱくであることもドッグフードに求められる大事な要素です。とはいえあまりにも高たんぱく過ぎても内臓に負担がかかってしまうので注意が必要です。理想的なたんぱく質の量は、30%ほどが目安とも言われていますので、その点からもモグワンは理にかなっています。

モグワンの購入はこちら

ダイエット時の健康維持にはバランスのとれた栄養も大事! 【肥満犬におすすめモグワン】

肥満犬のダイエットでは、とにかく食事の量を減らしたりすることを優先しがちですが、それでは栄養不足に陥ってしまう危険性がありますので、むやみにドッグフードの給餌量を減らすことはおすすめできません。それよりもむしろ、摂取する栄養をいかに減らさずに、低カロリーで低脂肪な食事を摂れるか?を優先した方がいいでしょう。

モグワンは、ヒューマングレードの原材料と無添加にこだわった理想的なドッグフードであり、粗悪なドッグフードに比べれば摂取できる栄養素のバランスにも優れています。

また、先にも見たように比較的低カロリーで低脂肪なドッグフードでもあるので、摂取する栄養を減らすことなくダイエットに励めるというメリットを併せ持っているのが特徴です。肥満犬のダイエット方法に悩んでいる飼い主さんにもおすすめ度の高いドッグフードです。

モグワンで肥満犬になったという噂の真相は?【肥満犬におすすめモグワン】

実は、「モグワンを与えていたら肥満犬になってしまった!」という口コミをたまに見聞きすることがあります。こういった口コミを見聞きしてしまうと、「モグワン=太る」というイメージが先行してしまいがちですし、実際にそうした口コミがきっかけになり、「肥満犬には与えない方がいいのでは?」と考える飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。

しかし、先にご説明しましたとおり、モグワンは低カロリーで低脂肪な一面があるため、太るどころかむしろ肥満犬のダイエットにおすすめできるドッグフードです。もし愛犬が太ってしまうのであれば、それは給餌量の多さに原因があるかもしれません。

言い方を変えれば、モグワンで太ってしまうということはどんなドッグフードを与えても太ってしまう可能性があるということにもなります。愛犬に与える給餌量を改めて計算しなおし、適切な量のドッグフードを与えることで肥満犬になるのを防げます。

モグワンをもっと詳しく!

そもそも愛犬が肥満犬になってしまう原因は?【肥満犬におすすめモグワン】

では実際問題、愛犬が肥満犬になってしまう原因とはなんなのでしょうか?

先述のように、おやつやドッグフードの与え過ぎが肥満の一因であることは確かですが、それはすなわち、「カロリーの摂り過ぎと運動不足」という一言に集約できます。

犬の祖先はオオカミと言われていますが、野生は常に目の前にエサがあるわけではありません。次はいつエサにありつけるのかわかないため、とにかく食べられるときに食べるという習性があります。つまり、満腹になろうとなるまいと、目の前にある食べ物は全部食べ切ってしまう習性があるのです。

犬もそうした野生時代の習性を受け継いでいるため、差し出されたおやつやドッグフードの量に関係なくすべて食べつくします。飼い主さん側で給餌量を調整してあげなければ、結果的にどんどん太ってしまうのは当たり前なのです。

愛犬が肥満犬になってしまう原因をまとめますと、以下のような理由が挙げられます。

運動不足牧羊犬や狩猟犬など運動量の多い犬は室内犬であっても運動が大事
避妊避妊をすると基礎代謝量の低下で太りやすくなる
摂取カロリー過多摂取カロリーが日常生活において消費するカロリーを上回ってしまう
病気による肥満甲状腺ホルモン分泌悪化など病気夜肥満も稀にある

病気による肥満を除けば、肥満犬になってしまう原因の多くが飼い主さんによる適切な管理で改善もしくは予防が可能です。

特に多いのは、やはりおやつやドッグフードの与え過ぎです。適切な量を与えているつもりでも、愛犬が運動不足で代謝量が低下していればカロリーを摂取し過ぎてしまうことになります。

与えるおやつやドッグフードの量を減らしたくないなら適度に運動をさせることが大切ですし、そうしても運動不足を解消できないのであれば与えるおやつやドッグフードの量を適度に減らすことも考えましょう。

モグワン公式HPはこちら

肥満犬のダイエットは栄養不足にならないような気遣いも大事!【肥満犬におすすめモグワン】

走る犬

肥満犬のダイエットで大事なのは、むやみに食事の量を減らさないようにすることです。なぜならば、食事の量を減らすことで栄養不足に陥ってしまう可能性も否定できないからです。

栄養というと、「身になる」というイメージがありますから、どうしても「栄養=太る」という間違ったイメージを抱きがちです。しかし、それはカロリーと同じで、あくまでも摂取し過ぎてしまうからにほかなりません。

栄養というのは、健康維持はもちろんのこと生命維持にも欠かせない大切な要素ですので、ダイエットだからといって必要な栄養素の摂取まで抑え込んでしまうのは間違った認識なのです。

また、「ダイエットはとにかく食事を減らせばいい」という短絡的な考え方をする飼い主さんも少なくありませんが、基礎代謝量を上げることで消費カロリーがアップし、効果的にダイエットをすることも可能になりますので、敢えてドッグフードの量を減らす必要もありません。

そのためには適度に運動させてあげることも大切です。運動によってしっかりとカロリーが消費されてさえいれば食事の量を減らす必要性すらなくなりますので、栄養不足に陥る心配もなくなります。日常生活に運動を加えることで、一石二鳥以上のダイエット効果が生まれるわけです。

モグワン公式HPはこちら

ダイエット時に与えるドッグフードにもこだわるのがポイント【肥満犬におすすめモグワン】

床に落ちた餌を食べる犬

愛犬の栄養は、基本的にはドッグフードが主な摂取先となります。主食となるドッグフードの質が悪ければ、体調悪化や健康被害、栄養不足といった影響を受けてしまうこともあります。

特に、栄養不足に陥りやすいダイエット時こそ、ドッグフードの質にもこだわることが大切です。質の悪いドッグフードばかりでは栄養が偏るどころか、必要な量の栄養を確保することも難しいです。

ドッグフードの質とは、使用されている原材料にどれだけこだわっているか? どれだけ犬のことを考えて作られているか? というポイントで判断できます。何由来か分からないような原材料が使われていたり、添加物が多量に含まれているドッグフードは非常に多いですが、そういうドッグフードほど値段も安く、大げさで目立つパッケージで売られていたりまします。

目立つ上に価格も手頃となれば、消費者心理としては思わず手に取ってしまいたくもなりますが、それでは愛犬の健康管理にも支障をきたす可能性がありますし、ダイエットどころの話ではありません。肥満犬の体重は落とせても、栄養不足で不健康な痩せ方をしても意味がありません。

ダイエットは健康的に行ってこそ意味があるものですので、粗悪なドッグフードを用いた健康管理やダイエットはおすすめできません。モグワンのように原材料にこだわった良質なドッグフードこそが、栄養満点で健康的なダイエットに向いているわけです。

肥満犬になる前に!愛犬が肥満かどうかを把握できる飼い主になろう【肥満犬におすすめモグワン】

飼い主さんと愛犬だけの生活では、実際に愛犬が肥満なのかどうかを把握するのが難しいかもしれません。常に見ているわけですから、微妙な体系の変化にはなかなか気付きにくいのです。よく、「気付いたら肥満犬になってた…」という飼い主さんも多いですが、それもそうした理由が原因です。

散歩などで出会う犬と比較して愛犬の肥満度を把握するという方法もありますが、犬は犬種ごとに適正体重が異なりますし、たとえ同じ犬種であっても体格が異なれば理想的な体重というのも違ってきます。愛犬の適正な体重管理は、やはり飼い主さんが気を配る必要があります。

肥満犬にならないために!愛犬の肥満度を知る方法【肥満犬におすすめモグワン】

そこで一つの指針として活用できるのが、「BCS」と呼ばれるものです。これはボディコンディションスコアの略で、愛犬の体型を5段階に分類して太っているか痩せているかを判定する基準として役立ちます。

スコア1

(痩せすぎ)

明らかに筋肉量が低下しており、体脂肪も認められない状態。遠くから見ても肋骨や腰椎など骨格の隆起が認められる。
スコア2

(痩せている)

腰のくびれが目立ち骨盤が骨ばっている。触っても体脂肪がなく肋骨の感触が容易に得られる状態。
スコア3

(普通)

腹部がしっかりと引き締まっており、上から見ると肋骨の後ろ側にくびれがある。肋骨まで隠してしまうほどの体脂肪がない状態。
スコア4

(太っている)

腰のくびれがほとんど分からない状態。肋骨周りも体脂肪に覆われていて触っても肋骨を感知するのが難しく、尾の付け根や腰椎の部分に脂肪沈着が認められる。
スコア5

(太りすぎ)

尾の付け根には大量の脂肪沈着があり、胸部や脊椎、首や四肢などにも脂肪沈着が認められる状態。腹部の膨張もはっきりと認められる。

スコア3が最も理想的な体型で、それよりもスコアが低ければ痩せている状態、高ければ太り気味の状態で、スコア5の基準に相当してしまうと、いわゆる肥満犬という状態になります。

愛犬の適正体重の把握が難しくても、上記のように体型から体重管理を行うことも可能なのです。

その他の方法としては、やはり常に体重を測って管理していく方法がベストでしょう。上でご紹介したBCSで体型を把握して、その時点の体重をもとにすれば管理がしやすくなります。特に小型犬や中型犬は1歳頃から体型が変わりませんので、大型犬や超大型犬よりも体重管理が容易です。

モグワン公式HPはこちら

愛犬に与えるドッグフードの適正量は?【肥満犬におすすめモグワン】

子供と犬

愛犬が肥満犬にならないためにも、日頃から与えているドッグフードの適正量も把握していくと安心です。既述のように、ドッグフードの与えすぎは肥満犬への第一歩ですから、まずは、適正な量の食事で体重管理と体型管理を図ることがポイントです。

ドッグフードの給餌量というと、ドッグフードのパッケージにも体重別による適正量が表示されていますので、そこから容易に知ることもできます。

そこで注意したいのが、「体重と給餌量の関係」についてです。仮に、愛犬の体重が4kgだったとしても、パッケージに記載されている給餌量をそのまま与えればいいというわけではありません。

なぜならば、その体重が適正な体重なのか、それとも肥満になった結果の体重なのかが問題だからです。パッケージに記載されている目安量を、肥満体重のまま与えていたらいつまで経ってもダイエットはできないことになります。パッケージに記載されている給餌量は、あくまでも愛犬の適正な体重を目安にするようにしましょう。

たとえば、愛犬の体重が6Kgあったとしましょう。しかし、本来の適正体重が4Kgであった場合は、与えるドッグフードの量は現体重の6Kgを基準にするのではなく、本来の適正体重である4Kgを目安に与えるようにするのがポイントとなるのです。

さらに、パッケージに記載されている給餌量が1日分なのか? 1回分なのか? を把握しておくことも重要です。1日に与える量が記載されているのに1回分の量だと勘違いしてしまったという飼い主さんもいらっしゃいます。そんなことをすれば明らかな与え過ぎで、愛犬はどんどん肥満犬になってしまいます。「1日分」と「1回分」を間違えてしまうことなど滅多にあることではないにしても、特に、初心者の飼い主さんは注意した方が良さそうです。

現体重を目安にドッグフードを与えているという飼い主さんも多いと思いますが、もし愛犬が肥満傾向にあるようなら、今一度給餌量を調整してみることをおすすめします。

モグワン公式HPはこちら

愛犬の空腹を上手にコントロール!ドッグフードを分けて与えることも肥満犬にならないコツ

黒いチワワ

愛犬に与えるドッグフードは、基本的に1日の適正量さえオーバーしなければ回数に制限はありません。

しかし、やはり食事の回数が1回だけでは愛犬としても物足りなさを覚えるでしょうし、消化されてしまえば空腹になってしまうので、おやつやドッグフードをせがんだりする可能性も高いです。

おやつやドッグフードをせがまれると、可愛さのあまりついつい与えてしまうケースも多いでしょう。ほんの少しだけのつもりでも、いつの間にか与え過ぎになってしまっていることもあります。そのため、なるべく空腹になる時間を埋めてあげられるような間隔でドッグフードを与えるのが理想です。ちなみに、ドッグフードを与える時間は特に決められているわけではありませんので、与える時間はいつでも大丈夫です。

では、ドッグフードは何回くらいに分けて与えればいいのでしょうか?

基本的に、1日に与えてよいとされているドッグフードの量というのはそれほど多くはありませんので、あまりにも回数を小分けしてしまうと1度に食べられる量も少なく、愛犬の満足度も下がってしまいます。

そこから考えていくと、ドッグフードを与える適正回数としては、1日に2回程度がベストです。実際、朝と夜といったような感じで分けて与えている飼い主さんも多くいますし、そうした与え方を推奨するブリーダーさんなども多いです。

モグワン公式HPはこちら

ドッグフードやおやつを与え過ぎないためのコツ!飼い主にも意志の強さが大事

チワワ 女性

ドッグフードの適切な給餌量を守ったとしても、愛犬がすでに肥満犬になってしまっているなら飼い主さん側の強い意志も求められます。

愛犬が健康を崩さないためのダイエットであることをしっかりと認識して、愛犬とともにダイエットに挑むための気持ちの強さも必要になってくるのです。

先に触れましたように、愛犬の肥満には飼い主さんの甘さも大いに関係していることが多く、ついつい甘やかせてしまったことで肥満犬という結果が表れてしまっているのです。そのため、「無駄なおやつやドッグフードは与えない」という強い意志がないと愛犬のダイエットを成功に導くことが難しくなります。

愛する愛犬の求めですから、おやつなどをせがまれれば甘い対応をしてしまう気持ちも非常によく分かりますが、愛犬の健康を思えばそこはグッと心を鬼にして、「絶対にあげない!」という強い意志を持って対応することも大切です。

運動不足なら運動する機会を増やすことで容易にダイエットができる

肥満犬になってしまう原因についてご説明した際にも挙げましたが、運動不足も肥満の原因に大きく関係しています。多少、おやつやドッグフードなどを与え過ぎる傾向にあったとしても、運動によってカロリー消費がしっかりできていればそう簡単に太ってしまうことはないでしょう。人間と同じで、犬も運動による肥満防止が有効なのです。

もちろん、好きなだけ激しい運動をさせればいいというものではないので、そこは十分な注意が必要です。犬種ごとに運動量も異なりますから、そうした情報もしっかりと事前リサーチしてから運動をさせてあげるようにしてください。

本来、犬は非常に運動が好きな動物なので、適度に運動をさせてあげることは心身の健康を保つ上でも欠かせません。もし肥満犬になってしまったことが原因で病気になってしまったり、関節などを傷めたりして思うように運動ができなくなってしまうことは、犬にとっても多大なストレスになって心身の健康を崩してしまい可能性もあります。

運動をさせてあげるということは、ダイエット以外にも様々な相乗効果をもたらしてくれます。室内犬はあまり散歩させなくてもいいとは言われていますが、たまにはストレス発散のために外を歩かせてあげることは必要です。できるだけ、愛犬の運動についても意識してあげることが大事です。

愛犬のダイエットに悩むなら専門家に相談してみるのもおすすめ

肥満犬になってしまった場合、与えるドッグフードの量を調整したり、運動を取り入れたりすることである程度の改善は期待できますが、思ったような結果を得られずに行き詰ってしまったり、もっと効果的にダイエットさせてあげたいと考えるなら、専門家に相談してみることも検討材料に加えてみましょう。

かかりつけの獣医さんに相談するのもいいですし、ブリーダーさんに相談してみるのもいいでしょう。特に、愛犬が生まれ育った先のブリーダーさんなら遺伝的な特徴を把握していることもあるので、的確なアドバイスを期待できます。

また、モグワンなどのように、専任のペット栄養管理士が各種相談をサポートしてくれる場合もあります。もちろん、ドッグフードの量などを相談できるため、ダイエットについての相談にも応じてもらえます。状況に応じてそうしたサービスを利用してみるのもおすすめです。

愛犬の健康管理は、主食となるドッグフードからが基本です。当然ながらそれは肥満犬の予防やダイエットについても同様です。ドッグフードを選ぶ際には、モグワンのようにサポート体制がしっかりと整ったところを選ぶようにすると安心ですね!

愛犬におすすめのプレミアムドックフード5選+サプリ!

市販されているドッグフードの多くは人間が食べられないほど粗悪な原材料を使用し、添加物を大量に使っているってご存じですか?愛犬の健康のためにドックフードの選定はとっても大切です!犬が消化を苦手とする穀物が入っていないグレインフリー・人工添加物不使用といった品質の高いドックフードを愛犬に与えることで、病気のリスク軽減はもちろん毛並みの改善・涙やけ・肥満・関節のトラブルなどを改善する事が可能です。市販のドッグフードよりも少々価格が高いものが多いですが、人間の食材と同じ工場で製造・出荷されたプレミアムドッグフードはメリットが沢山あります。

モグワンドッグフード

モグワンはヒューマングレードの原材料が使われています。ヒューマングレードとは、人間の食品安全基準に当てはまるほど安全な原材料でつくられているという意味です。安いドッグフードなどは、4Dミートが使われていることがあります。肉類などのざっくりとした表記の場合は、4Dミートを疑った方がよいでしょう。モグワンドッグフードは、新鮮なチキン生肉と生サーモンをふんだんに使った高タンパクなフードで、イギリスで生産されています。イギリスなどのペット先進国は、ペットに対する意識が高いので、ドッグフードについても安全で栄養価が高いのでおすすめです。動物性タンパク質の割合は50%以上あり、とても高タンパクです。また、着色料・香料不使用なところも安心できるところです子犬から老犬までどの子でも安心して食べられるように作られているので安心できるプレミアムドッグフードです。 
商品名モグワンドッグフード
内容量1.8㎏
特徴・良質のたんぱく質・脂質のサーモン&チキンが豊富・サーモンには、抗酸化成分・抗炎症作用があり炎症を抑える働きがある・運動不足になりがちな犬におすすめ・7mmと小粒なので、口の小さい犬でも食べやすい・完全無添加・グレインフリーなので、涙やけ予防になる
通常購入価格3,960円(税抜)
定期購入価格3,564円(税抜)最大20%OFF
完全無添加・グレインフリーのおすすめドッグフード「モグワン」は下のボタンから!

モグワン公式サイトはこちら

モグキューブドッグフード

モグキューブは、ニュージーランド産のラム肉を使用してつくられています。ラム肉は、エネルギー供給をサポートするL-カルチニンも豊富です。フリーズドライ製法でつくられているところがめずらしいドッグフードです。フリーズドライだと素材の栄養や風味が損なわれないので、おいしいフードになります。キューブ状なので、そのままはもちろんお湯でふやかしたり、ドライフードのトッピングとしても使えます。おいしく食いつきがいいので、食欲がないときにドライフードに混ぜる食べ方もおすすめです。モグキューブには、緑イ貝という貝が使われています。この緑イ貝は、グルコサミン・コンドロイチン、オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸が豊富に含まれています。これらの栄養素は、トイプードルの関節サポートに役立つ成分です。オメガ3脂肪酸には、炎症を鎮める効果があります。また、モグキューブにはブロッコリーが使われています。ブロッコリーは野菜の中でも食物繊維が豊富です。腸内環境が改善されるため、涙やけのトイプードルにおすすめできます。モグキューブは他のドッグフードと比べて、カロリー・脂質が高くなっています。活動する犬向けにつくられたフードなので、お散歩好きなトイプードルにおすすめです。食と運動による身体づくりをサポートしてくれます。
商品名モグキューブ
内容量1袋425g
特徴・運動と栄養の両方が補える・原材料に、ラム肉・ブロッコリー・緑イ貝など運動能力向上・健康維持に効く・ニュージーランド産のラム肉で上質で安全・ブロッコリーは食物繊維もありお通じに効果あり・フリーズドライ製法で栄養が逃げず豊富・柔らかくて手で崩れるので食べやすい大きさに変えられる・パピーや老犬など飲み込めない子で安心して食べられる
通常購入価格4,960円(税抜)
定期購入価格4,464円最大20%OFF
柔らかく食べやすい大きさにして与えれる、高品質で栄養豊富なプレミアムドッグフード「モグキューブ」の購入はこちらから!

モグキューブの公式サイトはこちら

カナガンドッグフード

カナガンはイギリス産のグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードです。穀物不使用なので、アレルギーを起こす心配が少ないフードです。また、犬はもともと肉食動物のため、穀物を消化するのが苦手です。カナガンの特徴は、動物性タンパク・野菜・ハーブなどの厳選した素材をブレンドしているため、犬に最適な栄養素をバランスよく摂取できるところです。食物繊維が豊富なサツマイモが使われているため、腸内環境の改善に役立ちます。サツマイモはトウモロコシや小麦と比べると高価なため、昔はドッグフードにはあまり使用されていませんでした。また、カナガンには海藻が使われています。海藻にはオメガ3脂肪酸が含まれています。生産国のイギリスは、ペット先進国です。ペット先進国は、ペットに対する意識が高く安全基準が厳しいので安心して食べてもらえます。香料・着色料不使用な点でも安心です。
商品名カナガン(ドッグフード)
販売会社株式会社レティシアン
カナガンの特徴小粒で子犬でも食べやすい高たんぱく・低炭水化物穀物不使用(グレインフリー)香料・着色料等の添加物を使用していない人間の食品工場で加工・出荷オメガ3・オメガ6配合
カナガンの原材料骨抜きチキン生肉、乾燥チキン、海藻、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆など
カナガンの価格3,960円(最大20%OFFキャンペーン中!)
カナガンの容量2kg

カナガンの公式サイトはこちら

ピッコロドッグフード

ピッコロはシニア犬向けにつくられたドックフードです。そのため、シニア犬やあまり運動をしないトイプードルにおすすめできます。ピッコロは、チキンとサーモンが原材料の70%も配合されています。他のドッグフードと比べてとても高い数字です。高品質・高タンパク・ヒューマングレードなので安心して食べられます。また、ピッコロはフラクトオリゴ糖を配合しています。フラクトオリゴ糖とは、難消化性のオリゴ糖です。他のオリゴ糖と違い、野菜や果物に含まれ、砂糖に近い甘みがあります。アレルギーもなく安全で、人間でも妊娠中の方や乳幼児でも問題なく摂取できます。フラクトオリゴ糖には、善玉菌を増やす、腸内環境の整備、骨の強化という効果があります。腸内環境を整えてくれるので、涙やけのトイプードルシニア犬におすすめです。また、ピッコロは人工の香料は使用していません。自然の香りだけで、犬の食欲をそそる香りになっています。
商品名ピッコロ(ドッグフード)
販売会社株式会社レティシアン
ピッコロの特徴関節軟骨成分が3種類配合されている脂質とカロリーが控えめ穀物不使用(グレインフリー)香料・着色料等の添加物を使用していない獣医師の95%が推奨するドッグフード
ピッコロの原材料骨抜きチキン生肉、骨抜き生サーモン、乾燥チキン、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆、乾燥サーモン等
ピッコロの価格3,960円(初回半額キャンペーン中!)
ピッコロの容量1.5kg

ピッコロの公式サイトはこちら

このこのごはん【涙やけにおすすめ】

このこのごはんは、小型犬専用のドックフードであり小型犬の悩みである「体臭」「毛並み」「涙やけ」などの対策を考えて作られています。小型犬用に作られているので、ドックフードの粒もモグワンに近い7ミリ~8ミリのミニサイズです。口の小さな子や小型犬や老犬なども安心して食べられますね。ドックフードの袋もジッパータイプなので、袋のまま保管できて安心です。このこのごはんは穀物不使用ではなく、玄米など栄養に良い穀物が含まれています。穀物でもアレルギーの原因になりやすい小麦やトウモロコシは含まれていません。ただし、完全穀物不使用でないので、穀物アレルギーの子の場合は獣医に相談してから決めましょう。原材料のささみや鹿肉、モリンガ・乳酸菌などは、消化を促進し老廃物を排出させる効果があり涙管の詰まりで起こる涙やけを改善する効果があります。他にも腸内環境を整え体臭や口臭の改善、毛並みなどの改善効果もあります。

このこのごはんの詳細はこちら

【犬用腎臓サプリ】ジナース

ジナースは犬の管理栄養士と共同開発して、シニア犬に多い腎臓病のケアの為に作られたふりかけタイプの犬用サプリメントです。愛犬にジナースを与えることにより
  • 腎臓の負担軽減
  • 合併症対策
  • 筋肉分解の防止
一度悪くなった腎臓は良くなることはほぼありませんので、食事療法に加えジナースのような腎臓病ケアサプリメントを利用して、いかに腎臓への負担を軽くするかとても大切になってきます。そこで、ジナースには腎臓の大きな役割である「ろ過機能」を手伝う成分が含まれているので、ただ食事療法だけよりも「老廃物の除去や排出」といった腎臓病ケアにかなり効果的なサプリといえます。ふりかけタイプのサプリメントは愛犬に与えるのに時間もかからず、簡単に腎臓ケアが出来ることから非常に好評なサプリメントです。今なら最大66%キャンペーンでお得に買える定期コースを利用している方が多いようです。

ジナースの詳細はこちら

関連記事

人間と同じく犬も一度悪くなってしまってしまった腎臓機能は良くならないので、飼い主さんが愛犬にしてあげられる事は腎臓の負担を軽くすることです。愛犬の腎臓を力強くサポートしてくれる成分を配合したジナースは腎臓機能が低下したワンちゃんのケ[…]

モグワンはダイエットにも向いている!?給餌量やおすすめの理由を解説!まとめ

病気などの特別な事情を除き、愛犬が肥満犬になってしまう原因はカロリーを摂取しすぎてしまうことにあります。そしてその背景には、「可愛さのあまりついおやつをあげてしまう」ことや、「適正な量のドッグフードを与えていない(与え過ぎ)」という、飼い主さん側の責任によるところが非常に多いのが現状です。

肥満犬に与えるドッグフードについては、

  • 粗悪でなく必要な栄養素が十分に含まれていること
  • 低カロリーで低脂肪、高たんぱくなドッグフードであること
  • 安心安全な原材料が使われていること
  • 無駄な添加物が含まれていないこと
  • 専任スタッフに相談できる体制が整っていること

といったことが選び方の基準に必要なポイントになります。

愛くるしい目で見つめられながらおやつをおねだりされてしまえば、思わず与え過ぎてしまう飼い主さん側の事情というものもあるでしょう。そうやって、ついつい甘く接してしまう気持ちも分かります。

もし、必要以上におやつを与えてしまいそうになるなら、ドッグフードを1粒だけ与えるという方法もあります。愛犬としては、飼い主さんからおやつをもらったという精神的な満足感も得られますので一石二鳥でしょう。

とはいうものの、その「たった1粒」も、与え過ぎてしまうのは危険です。1日に何回も与えてしまうと、それはもはやおやつやご褒美ではなく、食事と言ってもいいくらいの量になってしまう恐れもあります。そこはやはり、おやつの場合と同様に飼い主さん側の「我慢」も大切ですので、愛犬と一緒に頑張る! というくらいの強い気持ちを持つようにしましょう。

ここまでご説明してきましたように、ドッグフード選びをしっかり行うことが肥満犬のダイエットへの第一歩です。そして、その上で飼い主さん側の適切な管理、そして「我慢」が重要なポイントとして挙げられます。

室内で愛犬と一緒に生活するのが当たり前になりつつある時代ですので、家族一人だけが気を付けていたとしてもほとんど意味がありません。大切な愛犬を甘やかせてしまうことで肥満犬にしないためにも、家族全員で健康管理や体重管理を心掛けましょう。

モグワン公式HPはこちら

>最強の勝率アップツール「サイトセブン」

最強の勝率アップツール「サイトセブン」

データロボサイトセブンは、全国のサイトセブン加盟ホールの出玉データやホール情報・新台の打ち方などの機種情報がスマートフォン(Android&iPhone)から見られる、パチンコ・パチスロユーザーの情報ツールです。パチンコ台の上部に設置されているランプのデータ(大当り一覧・大当り履歴・出玉推移グラフ)が、スマートフォンからいつでもリアルタイムで見る事が出来ます。また、最新の機種から話題の機種までスペックの確認ができます。たったの月々550円で出玉情報・癖・自分の台の最終結果を把握することが出来るので、パチンコ・スロットで勝ち続ける為には必須のツールと言えるでしょう。