work-tenshoku-sigoto

【会社を辞める人の特徴】社内の人と関わらず稼げる仕事はコレ!

仕事をしている人の中には、長く続けている方もいれば、そうでないやめてしまう方もいるものです。同じ環境下に置かれながらも、なぜ続けられる人と、そうでない人に分かれてしまうのでしょうか?やめてしまう人にはある特徴があるものです。ここでは、そういった会社を辞める人の特徴についていろいろと見ていこうと思います。

会社を辞めるということの意味とは?

「会社を辞める」ということの持っている意味をどのように捉えているのかということによって、そのあとの社会人としての立ち位置というものなどが実に変わってくるのではないでしょうか?

「自分の夢に向かって行くために辞める!」ことを選択するという方、今までの自分を振り返った時に反省すべきことが多く「もう一度リセットして努力する!」というような決意をした上で会社を辞めて新たなステージに進むという方もいらっしゃるでしょう。

一方で、自分の仕事が思うようにいっていないとか、会社に対しての不平不満があるという場合も多いにあり得ます。ただ、不平不満とひと言で言ってもいろいろなものがあると思われますので、仕方ないというものもあるかもしれません。

ただ、会社を辞める際には前向きな理由によって辞めて行くのか、後ろ向きな理由で辞めていくのかということでは大きくその持っている意味合いは変わってくるものではないでしょうか。

ただ、理由によって肯定されるもの否定されるものがあるのですが、肯定するもしないも感じる人が置かれている立場によって正反対になってしまうこともあります。

ここでは、理由について否定も肯定もしませんが、何れにしても「会社を辞める」ということの持っている意味を軽んじてはいけないということだけは前提として考えておくべきでしょう!

会社を辞める人の特徴・理由の主な例とは?

会社を辞めたいという方の退職理由の本音を聞いてみると、次のような理由がよく聞かれます。

  • 会社の教育体制が整っていないので、先輩などが何も教えてくれない
  • 友人の会社ではほぼ残業はないし、楽しく仕事をしているが、自分は全くその逆になっている
  • 今やっている仕事は、自分には合わない
  • 自分が求めていた仕事ができると聞いていたが、それをさせてもらえない

というようなことがよく聞かれますし、おそらく皆さんもこんなことを友人や同僚から聞かされたこともあるかもしれません。

しかし、よく考えてみてください。これらが原因でやめようと思っている人は、全ての基準が自分に置かれていて、そんな自分の行動や考え方というものを変えようという柔軟性がなく、むしろ自ら環境だけを変えようとしているというところです。

自分を変えようともせず、環境だけを変えようとするような人というのは、何か自分に不利なことなどが発生してしまいますと、どんな場合においても環境や自分の周りに責任転嫁する傾向がありますので、もし転職をしてしまったとしても、同じ理由でまた辞めてしまうということが多いです。

しかもこういう方は、辞めて転職しての繰り返しの期間が短くなることも多いので、自己中心的な方に起こりやすい傾向かもしれません。

自己中心な考えの人は辞めてはいけない!?

上記でご紹介したような人というのは、実は転職すべき人ではないことを知っておかなければいけません。

なぜなら、先ほども触れましたが基本的には自分が正しいというスタンスに立っていて「自分の思い通りに行かなければもうそれが気に食わない!」ということになっているのです。

実は、こういう人は自分を見つめなおす必要があります。何も教えてくれないと言う方は、新人に教育をすることを当然のことと捉えているからです。

教育担当の方は、必ずしもすべてを付きっきりでできるというわけではありません。自分の仕事を抱えたままで教育もやっているということをちゃんと理解できていないということがあるのです。

ただ、自分が中心でないと嫌な人は、教育をしてもらえないとそれが不満で、いつ何時でも自分のことだけを一生懸命教えてくれていればいいんだと考えているのです。

次に友人の仕事が楽しく見えるという方ですが、こういった方は、人の話にすぐ感化されてしまい、人の話はいいことは影響されるけど、悪い部分についてはスルーしてしまうのです。簡単に言えば、隣の芝生は青く見てしまうタイプといえるでしょう。

いざ自分と比べると、自分の方が楽しくないからそんな風になるのは環境が悪いからと決めつけてしまうのです。悪いところもしっかり見ず、自分の都合のいいところしか聞き入れないということ自体大きな問題です。

今の仕事は合わないという感じている方は、大概ちょっとした失敗から挫折してしまう優等生のような方に見えがちなことです。こういった方は学生時代や、入社当初に挫折することなく順風満帆に進むことができ、挫折の経験があまりないことが多いので、ちょっとした失敗などがとてつもないミスをしてしまったくらいに自己否定してしまうのです。

優等生の場合は、決められた問題を解くというようなことに関しては比較的得意なのですが、そういった定型化されたものだけが仕事ではありません。問題自体を発見したり、それにかかわる解決策などを作成して実行していかなければいけないということも仕事にはありますし、一人で完結できる仕事というのは組織にいればほとんどなく、多くの方と連携なども必要です。

そういうことができないということになれば、仕事においての評価はされなくなってしまいますので、必要以上に自信を失ってしまうことにもなってしまうのです。

そして、自分のしたい仕事ができていないという方、かっこいいとか花型の職務についていないからなぜか劣等感を感じてしまうというような場合です。

仕事に対しての意識はもしかしたら高いかもしれませんが、実際のところ実績も上がっていないし行動も伴っていないというような方については、意識だけは高いので、自分が仕事ができるのにしっかり評価してもらえないという勘違いを起こしてしまうのです。

気楽に稼ぐなら出前館の配達ドライバーがおすすめ!

出前館 配達パートナー募集

 

今の会社は辞めるけど、次の仕事が見つかっていない!という方は繋ぎで、出前館の配達クルーをやってみるのも良いのではないでしょうか。

デリバリーサービスで有名な出前館の委託パートナーになるのはとても簡単でweb説明会を視聴後「自転車・バイク・車」があれば誰でも楽にお金を稼ぐことが可能です。

  • 業務委託デリバリー業界トップクラスの固定報酬制!
  • 出前館の業務委託デリバリーパートナーはエリア担当制!
  • いざというときに頼れるスタッフがいる!
  • 未経験の10代~60代といった幅広いドライバーが多数!

出前館の配達ドライバーはデリバリー業界の中でもトップクラスに報酬が高く、キャンペーン中の場合は1件届けるだけで「1000円」以上稼ぐことも出来ます。

委託パートナーは10代~60代の男女が多く、デリバリー未経験者が大半で、片道10分~15分程度の短距離案件が多いので魅力的なお仕事です。(広域を選択すると高単価で長距離案件も選べます)

いざ委託ドライバーをやってみると簡単にお金を稼げちゃうのでお小遣いを増やしたい方や金欠の方におすすめです!

委託ドライバーについてもっと詳しく知りたい方は配達クルー急募ボタンをクリック!
出前館 配達パートナー募集

まとめ

まとめると「自己中心な考えの人は転職しない方が良い!」

ずっとこれを通していってきましたが、よく会社を辞めてしまうような人の特徴を見ていただきましたが、そんな人は実はどこの会社に行っても同じようなことになってしまい、再び転職を繰り返すといった無限ループに陥ってしまうことになってしまうのです。

何でも自分を軸にしなければいけないという考えの人は、不満も多くストレスがたまる社会ではありますが、実は一番転職してはいけない人であり、また、自分を見つめなおさなければ環境がよくなることはあまりなさそうです。

自己中心的な性格の持ち主は今後どうするか考え直す必要がありますね!

 

最強の勝率アップツール「サイトセブン」

データロボサイトセブンは、全国のサイトセブン加盟ホールの出玉データやホール情報・新台の打ち方などの機種情報がスマートフォン(Android&iPhone)から見られる、パチンコ・パチスロユーザーの情報ツールです。パチンコ台の上部に設置されているランプのデータ(大当り一覧・大当り履歴・出玉推移グラフ)が、スマートフォンからいつでもリアルタイムで見る事が出来ます。また、最新の機種から話題の機種までスペックの確認ができます。たったの月々550円で出玉情報・癖・自分の台の最終結果を把握することが出来るので、パチンコ・スロットで勝ち続ける為には必須のツールと言えるでしょう。