猫 吐く

猫が吐くと病気!?原因・対策や愛猫におすすめキャットフードを解説

猫を飼っている方は猫が吐くシーンをよく見られますが、人間で考えると苦しそう、しんどそうといったイメージを持つ方も多いと思います。

猫は健康な時でも毛玉を吐いたりや胃液などを吐くことが生理的に起こる場合があるので、多くの場合、心配する必要はありません。

もちろん一日に何回も吐いたりする場合であったり、出血が伴う場合は異物を飲み込んでいたり病気の可能性もあるので、病院に連れていく必要があります。

健康体でも猫は吐く動物!とはいっても愛猫が吐くと心配になる飼い主さんが多いかと思います。

なので今回は猫が吐いた時、様子見で良い場合・病気が絡んでいる場合・他の原因・チェックポイントやおすすめのキャットフードをご紹介していきます。

猫は健康体でも吐く動物!猫が吐く原因・対策

手をなめる猫 猫 吐く 原因 対策

猫は雑食なのか、それとも肉食動物なのか?
猫の食性を知らずに飼っている方も意外と多く、なんでも食べる動物というイメージが強い傾向にありますが、猫は立派な肉食動物です。

肉食動物とはその名の通り生きたネズミなどを捕食する動物ですが、肉食動物である猫の歯は人間のように噛んで食べるのではなく、獲物の肉を引きちぎるためにあります。
なので、ほとんど食べ物を噛まずに丸呑みしてしまいます。

これは現代の猫にも受け継がれた本能ですが、このおかげでキャットフードも丸飲みしてしまう猫が多く、消化が上手くできず吐いてしまう原因にもなります。

猫が獲物を食べた後に吐くことは、不要な骨や被毛などを体内から出す為ともいわれているので、健康体の猫が吐く事はむしろ自然ともいえますね!

猫が吐いた物と吐く理由

早食いによる吐き戻し 飼い猫であれば主にドライフードを食べることが多いと思います。ドライフードを一気に飲み込んでしまうとドライフードが胃の中で水分を吸収しふやけて膨張してしまうため、胃を圧迫すると苦しくなって吐き戻してしまいます。

ウェットフードだと、ほとんど水分でできているのであまり吐き戻しにつながることは少ないです。 猫の吐き戻しは食べた後もしくは食べている最中に起きやすく、吐き戻しされたものは、ドライフードの形状が残っている場合やふやけてどろっとした形状で出てくることが多いです。

その為、吐いた後はケロッとしていることが多く、吐いてしまったものを食べてしまう場合もあります。

早食いを防ぐための対策

早食いは特に多頭飼育に多く、食べ物を確保しようと一気に食べてしまう場合が多いです。なので、猫同士部屋を引き離してゆっくりフードが食べれる環境を整えてあげてください。 そしてフードを少量にずつ与えるようにして、与える回数を増やすと吐き戻し予防になります。

キャットフードの与える回数を増やすだけで、一日のトータル給仕量を超えて与えてしまうと、肥満になってしまい、ほかの病気のリスクが高まってしまうので、注意が必要です。 キャットフードの間隔をあけるだけでなく、おやつをあげるなど間食を与えるのも満腹中枢に刺激を与えるのでお勧めです。

ペットショップなどで売っている器の中には、突起があり早食いを防止するための食器も売ってるので、食器を変えてみるのも一つの手です。

また、粒の大きさが違うキャットフードや、ウェットフードを混ぜることで食べるスピードを減らす方法もあります。対策はたくさんあるので色々試してみるのが良いと思います。

吐き戻し事態は健康上に問題がないとはいえ、吐く行為は病気のサインの場合もあるので、見逃さないためにも対策をとってあげるのがおすすめです!

猫が毛玉を吐く原因・対策

毛玉を吐く場合があるというのはご存知の方も多いと思います。猫が日ごろからグルーミング(毛づくろい)をしている姿はよく見られると思いますが、グルーミングの際に毛を飲み込んでしまい、胃の中で溜まりになりそれを吐き戻す行為をします。

毛玉の塊のことをヘアボールと言います。
長毛種や毛の細い種類の子に多く見られますが、グルーミングをよくする子としない子でも毛玉を吐く頻度が違います。

胃の中で塊になったヘアボールが吐き出されない場合、排便されれば問題ないのですが、まれに毛球症という病気を起こす事もあります。

毛球症

毛は消化されないので、猫は吐き出すことで胃や腸にたまるのを防ぐのですが、それが行われなかった場合に胃や腸にヘアボールが様々な症状を引き起こす病気です。

非常に稀ではありますが、そのまま放置していると腸に毛玉が詰まってしまい腸閉塞を起こしたのちに、即座に摘出を行わなかった場合死に至る場合があります。

なので、愛猫のグルーミング頻度や毛玉を吐く頻度の観察、排便のチェックや日ごろからのブラッシングケアを行うことが大切ですね!

毛球症はウサギに多い病気ですが、毛づくろいをして毛玉を吐けない体質の猫や老猫の場合、注意が必要です。

猫が胃液を吐く原因・対策

愛猫が黄色い泡や、透明な泡を吐いたシーンを見たことがある飼い主さんもいると思いますが、この場合のほとんどが空腹時間が長くなり、胃酸が逆流してくることで吐きます。

黄色い液体を胃液と思っている方が多いと思いますが、胃液は透明で、黄色い液体は胆汁です。どちらも2~3回吐いているのは問題ないのですが、それ以上の回数を1日で吐いたり、えずき(吐く素振りを見せるが吐かない)だけの場合や血液が混じっているなどが見られる場合は病気の可能性があるので、動物病院で診てもらうことをおすすめします。

猫がキャットフードを消化し排出するまでの時間は12時間~24時間ほどなので、愛猫の空腹時間が長くならないように工夫をすることで、吐くことを防げます。
食事の回数を増やすか、間食におやつを与えて胃が空っぽになる時間を短くしてあげるのが良いですね!

猫が吐いた時のチェックポイントとは?

見つめる猫 猫 吐く 原因 対策

猫が吐いたときにチェックするポイントです。

病気のサインを見逃さないためにもしっかり観察して、必要な場合には動物病院に行ってあげましょう。

  • 1日に吐いた回数
  • 吐く頻度(何日に何回か)
  • 吐いたものが何か
  • 吐いたタイミング
  • 吐いた後の状態(吐いた後の食欲があるか・元気があるか)
  • 排便の様子
  • 咳をしていないか、よだれが出ていないか

猫が吐いた時、病院に行くべき症状

ダンボール 猫

一日に2~3回は吐いていてもその後の状態が良ければ様子を見てもいいかと思いますが、何回も吐いたりそれ以外の症状(元気喪失、食欲減退、下痢や高熱など)が出ていたら注意が必要です。

ごはんを食べて、すぐ吐くを繰り返す場合

何かを誤飲してしまっている可能性があります。食べ物を体内に含んでも、食道や胃に異物が詰まっていると、食べ物が異物より先に進めないため、吐くしかなくなってしまいます。

ひも状のものやボタンなど細かいものなど、まさかと思いますが飲み込んでしまう場合もあり、内視鏡や最悪の場合開腹手術での処置になるので、そもそも誤飲には気を付けなければなりません。

胃から腸に進んでしまい、腸閉塞を起こしてしまうとその先が壊死してしまい、死に至る可能性があります。

何回も吐く以外にも

  • 元気喪失
  • 食欲不振
  • 高熱
  • 呼吸がしにくそう
  • 水を飲んでも吐く
  • えずき

などが症状として表れたら、様子を見ていると、最悪の事態になりかねませんので早急に動物病院に行ってください。

猫の異物誤飲対策は?

異物誤飲の予防としては、猫の手が届くところにひも状のおもちゃやゴム、アルミホイルやつまようじなど、興味を示した物や飲み込んでしまいそうなものはすべて隠しましょう。
猫は大きいものでも噛み千切ることもあるので、日ごろから観察しておく事が必要です。

猫が吐いた時に血が混じっている場合

出血個所は飼い主が見てすぐ判断するのは難しいと思いますが、歯茎からの出血や食道、胃から腸などの出血の可能性もあります。

出血して時間が経過すれば血液も赤から茶色っぽく黒に近い色になるので、意外と気づきにくい場合があります。

血液は時間経過で変色するので、吐いてすぐの色が茶色や黒っぽいと体内のより深い場所(胃や腸)からの出血の可能性があります。
どちらにしても餌・毛玉・胃酸など以外を吐くのは正常ではないので、動物病院に行きましょう!

また、高い頻度で咳をする場合は心臓に疾患を抱えている可能性もあるので、動物病院で検査をしてもらいましょう。

猫の心臓疾患は進行すると・・・

猫の心臓疾患が進行すると肺水腫になる可能性があり、肺に水が溜まり呼吸器を圧迫してしまい早急に対処しないと死に至る場合もあります。

心臓疾患は完治は難しい場合が多いのですが、進行を遅らせたり症状を軽くする薬などもああります。
猫が咳をしてる場合は、嘔吐とは関連性がない場合もあるので注意が必要ですね!

嘔吐と吐出の違い・考えられる原因や病気とは

横になる猫 猫 吐く 原因 病気 対策

嘔吐と吐出の違いは簡単に言ってしまえば、吐出は食道のものを吐くことで、嘔吐は胃から下(腸)の内容物を吐いたときに言います。

吐出の場合は吐いたものが胃液のにおいがしない、吐き出すまでの時間が速いなどが観察のポイントです。

吐出がみられる場合は、食道に疾患がある可能性や飲み込むときの嚥下障害などが考えられます。

猫が胃液・胆汁を頻繁に吐く場合

空腹時間が長くなると胃液や胆汁交じりの液体を吐くことはお伝えしましたが、頻度が多い場合や、空腹時でもないのに嘔吐する場合は注意が必要です。

胃液を頻繁に吐く場合は、胃酸過多や胃炎になっている可能性があり、胆汁を多く吐いている場合は腸閉塞や胆管炎、膵炎など様々など重篤化すると危険な疾患が隠れている場合があります。

なので、「おなかがすいていただけかな」と思わず、異変を感じたら独座に動物病院へ連れて行ってあげて下さい。

猫が食事後、時間が経ってから嘔吐した場合

胃から腸への消化には12時間ほどとかかるとお伝えしましたが、食後ではないのにキャットフードらしきものを吐いた場合、胃や腸に疾患を抱えている可能性があるので注意が必要です。

例えば夜に食事を与えて、朝はまだ食事を与えていないのにフードらしきものを吐いているケースなど、いつ与えたキャットフードを吐いているのかを動物病院に行った際は、獣医師に伝えるようにしてください。

キャットフードの添加物が原因の場合も!

キャットフードに含まれる添加物が原因の場合があります。
また、体質によりますがキャットフードを急に変更したストレスで吐くことがあります。

キャットフードに含まれる添加物が原因の場合、人工添加物を使用していない「モグニャン」などのプレミアムキャットフードがおすすめです。

また、新しいキャットフードに変えて、1~2回連続して吐く場合は、ストレスの可能性も視野に入れて、他のメーカーのキャットフードに変更してあげて下さい。
キャットフードの切り替え方法は、今まで食べていたキャットフードに新しいキャットフードを少量混ぜて、割合を少しずつ増やしていき、7~10日間ほどかけて変更するのが胃にも優しいのでおすすめです。

穀物を使用しない高品質なキャットフードはこちら!

誤飲、腸閉塞、胃炎以外に吐く症状が現れる病気とは

遊ぶ猫 猫 吐く 原因 病気 対策

膵炎

何らかの原因で膵臓に炎症が起こる病気ですが、吐かない場合もあるので初期症状を見つけにくい病気でもあります。食欲不振、何度も嘔吐する、下痢、腹痛などの症状が見られます。

治療方法は入院し点滴を行いながら食事をしっかりと与え血液検査で経過を観察します。膵炎を起こしている場合は、腹痛により食事を食べない場合が多く、絶食が続いてしまうと別の合併症(肝リピドーシス)になってしまう可能性があるので、鼻や胃にカテーテルを入れて強制給仕を行い、吐き戻しがないかの観察を行いながら数日看護をしていきます。

一度膵炎になると退院後に再発し慢性膵炎になってしまう場合もあるので、今後の観察も大切です。

慢性腎不全

猫は水分摂取量が少ないことから、腎臓病にかかりやすいと言われています。
特にシニア期の猫に多い代表的な病気(7歳以上の猫の3割ほどがかかると言われている)です。

腎臓は尿を作り血液から尿を作りろ過をして老廃物を排出する臓器です。腎不全とは、その腎臓が機能しないことによって起こりますが、本来尿に排出されるはずの毒素が体内に溜まることで嘔吐をするケースがあります。

症状が現れた際には進行していることの多い臓器です。腎臓の状態は血液検査をすることで数値として表れますが、腎臓は6~7割ほどダメージを受けていないと血液検査には反映しません。

そして一度機能低下を起こすと再生することのない臓器です。
腎不全と分かった後できる事は完治させるための治療ではなく進行を遅らせることしかできません。

発見が遅れると合併症を引き起こし死に至る病気なので、早期発見、予防が大切です。早期発見するには、1歳を超えたら健康診断を毎年行い少しでも数値が高い場合は出来る治療を始めていきましょう。

血液検査だけでなく尿検査を行うことも大切です。

腎臓病を予防するには新鮮な水が毎日しっかりとれる環境を作ってあげましょう。

腎臓病の猫に限らず、あまり水を飲まない猫の場合は、ドライフードをふやかすかウェットフードを与えることで多少水分を補うことが出来るので、少しでも水分が摂取できるようにしてあげるのがおすすめです。

急性腎不全

ユリ科の植物を口にしたり細菌の感染、尿閉塞や尿結石など排尿できていない場合などで起こる病気で、その名の通り緊急性の高い病気です。

突然しんどそうに動かなくなる、吐きまくる、排尿がない、意識や呼吸の低下などが症状で出たら、様子を見ていると手遅れになってしまうので、即座に動物病院へいって治療を受けてください。

そのほかにも嘔吐が症状として出る病気はたくさんあります。 嘔吐以外の症状がないかを観察し、心配な場合は動物病院で相談してください。

猫が吐く前の前兆をチェックしよう!

 

人間でも吐く前は自分でもわかると思いますが、猫も吐くときの行動があるのでそれを観察していると「今吐きそう」というのがわかると思います。 まずいつもと違う鳴き方をします。

可愛く鳴くというかはお腹から声を出しているように鳴くことが多く、普段から愛猫の鳴き声を聞いている飼い主なら、いつもと鳴き方が違う事に気付きます。

また口をくちゃくちゃしていることもあります。内容物の液体が口にきた気持ち悪さから、よだれが多くなったり口を動かすことがあります。

腰を丸めておなかが膨らんだり萎んだように動く場合は、次の瞬間に吐くことが多いです。猫が吐きそうな素振りを見せたら、反応せずそっと見守りましょう。声をかけたり近付いたりすると危険を感じ移動しながら吐くこともあり、掃除も大変ですし猫にとってはストレスになるので、吐いた後に内容物・行動を観察するようにしましょう。

猫が吐いた後の処理方法は?

飼い主を覗く猫

吐いたものにはウイルスや細菌など猫や人間にとって有害な物質等が含まれている場合があります。人間や他の動物に感染する恐れがあるので、吐いたものは即座に掃除をしましょう。

理想は内容物を取り除いた後に、次亜塩素酸ナトリウムやアルコールなど除菌できるものを使って最後にきれいにふき取るのがおすすめです。 内容物を取り除いても感染性の高いウイルスや菌などは床に残ってる可能性があるので注意が必要です。

既に何かしらのウイルスを保菌しているとわかっている猫が吐いた場合は除菌スプレーを吹きかけて数分放置するといいでしょう。

多頭飼育している場合、一匹の猫が吐いた後ほそれ以外の猫が匂いを嗅ぎに来てしまう場合があるので、吐いたものには近づけないようにケージに入れるなどしてあげて下さい。

また、吐いた直後であれば匂い等は特に残らず、絨毯やカーペットでなければ跡にも残りにくいので兎にも角にも吐いた直後の素早い処置が重要です。

愛猫におすすめのプレミアムキャットフード!

市販されているキャットフードは人間が食べられないほど粗悪な原材料を使用し、人工添加物も大量に使用しているってご存じですか?粗悪な原材料を使用しておらず、猫が引き起こしやすいアレルゲンや余計な添加物が入っていないプレミアムキャットフードは、人間の食材と同じ工場で製造・出荷されていることからとても安心して与えることが出来ます。愛猫に健康で長生きしてもらいたいなら市販のキャットフードを与え続けることはNG!愛猫の健康の為にもお安く手に入れるキャンペーンを利用してプレミアムキャットフードに切り替えてみてはいかがでしょうか!

モグニャンキャットフード

モグニャンの特徴は、新鮮な白身魚が贅沢に63%も使われているところです。低脂肪で高タンパクな白身魚は栄養満点で消化吸収にも良いです。魚は猫が大好きな香りなので、愛猫の食欲をそそります。原材料の選定から粒の固さの調整まで、1つ1つを徹底的に吟味されています。さらに、猫の消化に負担をかける穀物は一切使用せずに、良質な炭水化物源となるサツマイモを使用することで、グレインフリーを実現しています。厳選された食材と栄養バランスにこだわったモグニャンキャットフードは、赤ちゃんからシニアまでずっと使えるキャットフードです。モグニャンは子猫からシニア猫まで様々な年齢の愛猫がいる方も、モグニャンキャットフード1つで猫達の健康管理が出来るのでおすすめですよ!

モグニャンに含まれるその他原材料と効果

モグニャンは良質な白身魚の他に
  • リンゴ
  • カボチャ
  • サツマイモ
などの食材が使われていて、食物繊維たっぷりですね!
  • カボチャには健康維持に役立つカロテンや、カリウムが豊富です。
  • グレインフリーの代わりにサツマイモを使用しているので消化が良く好評です。
  • カボチャとサツマイモは食物繊維が豊富なので、毎日のうんちをサポートします。
  • また、モグニャンの特徴として、サーモンオイルが配合されています。サーモンオイルには、オメガ3とオメガ6が含まれています。
オメガ3 ・オメガ6脂肪酸は抗炎症作用があるため、様々な身体の不調にはたらきかけてくれます。血液機能や皮膚炎にも効果があると言われています。

モグニャン公式HPはこちら

カナガンキャットフード

原材料チキンの品質は?カナガンもグレインフリー(穀物不使用)です。モグワンと同じくカナガンの特長の一つとして有名なのが、人間でも食べられるほど高品質な原材料を使用しています。カナガンは猫がおいしく食べられるイギリス産の高品質な平飼いチキンです。平飼いチキンは、仕切った鶏舎をいくつも積み重ねて飼育しておらず、地面で飼育することで余分なストレスをかけないよう育てられたチキンです。この新鮮なチキン生肉をミンチ状にし、高タンパクの乾燥チキンをブレンドされています。 チキンには、タンパク質・ビタミン・リン、健康を維持するセレンが豊富に含まれています。カナガンも穀物の代わりにサツマイモを使用!サツマイモは消化率が高く、穀物原料の代わりになる炭水化物源として注目されています。時間をかけて吸収されるため、身体に負担をかけません。また、サツマイモは還元作用に優れ、健康と活力を維持しますが、サツマイモは、トウモロコシや小麦などと比べると高価なので、消化率が高い原材料でありながら、キャットフードで用いられることは多くありませんでした。しかし、カナガンは消化に悪い穀物を使用せず、猫の消化に最適な原材料のみを使用したキャットフードなので、市販のキャットフードに比べるとやや値が張りますが、愛猫に健康で長生きしてもらうためにはプレミアムキャットフードを与える価値があります。カナガンに入っている海藻は栄養価が高く、ミネラルを豊富に含み、猫の健康を維持します。 海藻に含まれるヨウ素という成分が身体のコンディションを安定させます。カナガンにはマリーゴールド・クランベリー・カモミールといったヘルシーな成分が配合されており、
  • マリーゴールドは、健康的で若々しい身体を維持します。
  • クランベリーは、猫にとって健康的な成分を豊富に含み、還元作用にも優れています。
  • リフレッシュ効果で知られるカモミールは、猫の快適な毎日をサポートします。
市販のキャットフードにも含まれるタウリンは、ほとんどの哺乳類が体内で合成できる物質ですが、猫はごく微量しか合成できないため、食事から必要な量を摂取するしかありません。カナガンキャットフードにはタウリンが豊富に含まれているため、猫に適したフードと言えるでしょう。生産国のイギリスはペット先進国なので、日本に比べ高品質なキャットフードを重視しており、安全性も国内のものより高くおすすめです。パッキングまで完了した製品には、一袋一袋シリアル番号がつけられます。その番号によって、生産日はもちろんのこと、どの原材料がいつどこから来たのかまでを完璧に把握することが出来ることも含めて原料だけではなく、製造・出荷までレベルの高いキャットフードです。

カナガンの公式HPはこちら

シンプリー

シンプリーの特徴は、サーモンをベースにニシンやマス、乾燥白身魚など73%も魚が配合されているところです。そして猫にとって消化が難しい穀類を排除したグレインフリーのキャットフードです。シンプリーにはクランベリーが配合されています。クランベリーに含まれるキナ酸は、体のバランスを維持してくれます。また、オリゴ糖も配合されています。オリゴ糖は食物繊維が豊富で毎朝のスッキリをサポートします。他にもサツマイモや、ビタミンや鉄分を多く含むニンジン・りんご・ほうれん草を加え、猫の健康維持をサポートします。シンプリーの特徴は、たっぷりと配合した豊富な魚と、1粒1粒を濃厚なフレーバーソースでコーティングした製法にあります。生サーモンをベースに生マス、乾燥サーモン・ニシン・白身魚、さらには旨みが濃縮したサーモンスープをたっぷり73%以上も使用されています。濃厚な香りが、袋を開けた瞬間から猫の食欲を刺激するので、食べムラのある猫におすすめです。シンプリーのタンパク質の成分は以下のようになっています。
  • 骨抜き生サーモン(31%)
  • サツマイモ
  • 乾燥ニシン(12%)
  • 乾燥サーモン(11%)
  • ジャガイモ
  • サーモンオイル(8.1%)
  • 乾燥白身魚(6.5%)
  • 生マス(4.65%)
  • サーモンスープ(2.3%)
シンプリーの匂いは素材そのものの自然な匂いであり、人工の香料は一切使われておりません。サーモンの匂いは、人間にとっては強く感じられるかもしれませんが、これは猫が大好きな匂いで、食いつきが良いことで有名です。

シンプリー公式HPはこちら

ジャガー

ジャガーの開発者は、採算度外視で本当に上質なフードを開発することを決意し、自らのこだわりを余すところなく詰め込んだそうです。ジャガーの特徴は、新鮮なチキンと鴨の生肉を贅沢に使用していることです。本来肉食である猫が喜ぶおいしさになっています。アスタキサンチンが豊富なサーモンや新鮮なマスをふんだんに使用し、高タンパクです。このアスタキサンチンは、脳・目・肌・細胞の健康に効果があります。その中でも眼精疲労の軽減と、糖尿病の合併症である糖尿病腎症の軽減に効果があります。他にも人間の食品としても注目のスーパーフードであるアサイーやマルベリー、伝統ある滋養源の朝鮮人参が配合されていて、愛猫の健康維持をサポートします。タンパク質が40%の割合なので、とても高タンパクなキャットフードです。

ジャガー公式HPはこちら

猫が吐く原因・対策・病気のまとめ

餌を食べようとする猫
猫が吐く理由は種々様々ではありますが、その中には中々気付きにくい病気のサイン等も隠れている可能性があります。なので繰り返しにはなりますが、

  • その日吐いた回数
  • 吐く頻度(何日に何回か)
  • 吐いたものが何か
  • 吐いたタイミング
  • 吐いた後の状態(その後の食欲や元気)
  • 排便の様子
  • 咳をしていないか
  • 過剰によだれが出ていないか

これらの事をよく確認してその後の体調に変化や異常がないかをしっかりと見ていてあげる事が非常に大切です。

[box06 title=”あわせて読みたい”]

【ウェットキャットフードは危険?】ドライタイプとの違いを徹底比較

モグニャンは腎臓病予防に良い?成分・注意点・おすすめの理由を解説!

【モグニャンは肥満猫NG!?】カロリー・脂質や肥満対策を徹底分析

[/box06]
>最強の勝率アップツール「サイトセブン」

最強の勝率アップツール「サイトセブン」

データロボサイトセブンは、全国のサイトセブン加盟ホールの出玉データやホール情報・新台の打ち方などの機種情報がスマートフォン(Android&iPhone)から見られる、パチンコ・パチスロユーザーの情報ツールです。パチンコ台の上部に設置されているランプのデータ(大当り一覧・大当り履歴・出玉推移グラフ)が、スマートフォンからいつでもリアルタイムで見る事が出来ます。また、最新の機種から話題の機種までスペックの確認ができます。たったの月々550円で出玉情報・癖・自分の台の最終結果を把握することが出来るので、パチンコ・スロットで勝ち続ける為には必須のツールと言えるでしょう。