【モグニャンは危険!?】原材料・成分・効果や口コミ評判を徹底分析!

原材料にこだわり手作りレシピを実現した高品質キャットフードのモグニャンは、原材料をはじめとした品質重視のこだわり派からも高い支持を獲得しています。

実際にモグニャンを使用している飼い主さんの多くが、モグニャンの高い品質を評価しており、今や愛猫家からもっとも選ばれるキャットフードとして人気です。

今回はそんなモグニャンキャットフードについて、実際のユーザーによる品質の評判や口コミ、モグニャンが選ばれる特徴や注意点などについて解説していきます。

愛猫に合うキャットフードを探している方、これから猫と暮らすにあたってどんなキャットフードを選んだらいいのか迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

モグニャンキャットフードとは?


モグニャンの特徴は、新鮮な白身魚が贅沢に63%も使われているところです。低脂肪で高タンパクな白身魚は栄養満点で消化吸収にも良いです。魚は猫が大好きな香りなので、愛猫の食欲をそそります。

原材料の選定から粒の固さの調整まで、1つ1つを徹底的に吟味されています。
さらに、猫の消化に負担をかける穀物は一切使用せずに、良質な炭水化物源となるサツマイモを使用することで、グレインフリーを実現しています。

厳選された食材と栄養バランスにこだわったモグニャンキャットフードは、赤ちゃんからシニアまでずっと使えるキャットフードです。

モグニャンは子猫からシニア猫まで様々な年齢の愛猫がいる方も、モグニャンキャットフード1つで猫達の健康管理が出来るのでおすすめですよ!

モグニャンキャットフードに含まれるその他原材料と効果

モグニャンは良質な白身魚の他に

  • リンゴ
  • カボチャ
  • サツマイモ

などの食材が使われていて、食物繊維たっぷりですね!

リンゴには身体の調子を整えるペクチンが含まれるほか、活力維持をサポートするクエン酸やリンゴ酸、いつまでも健康な身体を保つ効果が期待できるポリフェノールが豊富に含まれています。

  • カボチャには健康維持に役立つカロテンや、カリウムが豊富です。
  • グレインフリーの代わりにサツマイモを使用しているので消化が良く好評です。
  • カボチャとサツマイモは食物繊維が豊富なので、毎日のうんちをサポートします。
  • また、モグニャンの特徴として、サーモンオイルが配合されています。サーモンオイルには、オメガ3とオメガ6が含まれています。

オメガ3 ・オメガ6脂肪酸は抗炎症作用があるため、様々な身体の不調にはたらきかけてくれます。血液機能や皮膚炎にも効果があると言われています。

モグニャン公式ページはこちら!

モグニャンは高品質なキャットフードとして口コミでも人気

モグニャンは、ホームセンターなどのペットフードコーナーに並んでいる市販品に比べると、やや割高なキャットフードです。その理由は、厳選した原材料にこだわって作られているからです。

実際購入前のお客さんの声で

「モグニャンはちょっと価格が高めだから愛猫が食べてくれるか不安」

という意見が見られます。

消費者心理としてはどうしても価格重視でキャットフードを選んでしまいがちなので、価格が高いとどうしても二の足を踏んでしまいますよね。

しかし、わけもなく高価格に設定することはまずありませんので、価格が高いということはそれなりの理由があるからですね!

質の良いキャットフードが高い理由

キャットフードなどのペットフードに限らず、私たち人間の食べるものでも、原材料と価格の関係というのは切っても切り離せません。

消費者が購入する段階で設定されている価格というのは、原材料の価格、製造メーカーの儲け分、仲介業者や販売店などの儲け分などすべてが反映されている価格になります。

当たり前ですが、儲け無しで製造するメーカーなどありませんし、儲けゼロで販売するお店もありません。私たちの購入するものすべてには、そうしたものが価格に含まれているわけですね!

そこに着目してキャットフードについて考えてみましょう。
つまり、リーズナブルな価格で手に入れることのできる安価なキャットフードということは、それなりの原材料しか使用していないからこその価格ということになります。

製造コストや中間マージンなどを含めてもリーズナブルな価格で販売できるということは、原材料がとても安いことの証です。

翻ってモグニャンの価格を見れば、市販の粗悪なキャットフードに比べるとやや割高な価格設定となっています。「商品価格=原材料の質」という法則に当てはめれば、モグニャンはそれなりの原材料を使用しているからこそ、それが価格に反映されているということになります。

事実、手作り食と同等レベルの原材料を使用して、しかも無添加でグレインフリーというこだわりの下で作られているのがモグニャンの特徴ですから、それが価格に反映されていたとしても何ら不思議ではないですし、デメリットにすらなりません。逆に言えば、「それで愛猫の健康管理ができるなら安いもの」という見方もできるのです。

モグニャンキャットフードの主な口コミ・評判

次に、モグニャンの品質についての主な口コミをみてみましょう。

  • 愛猫の健康を考えたらキャットフードの質にこだわるようになり、モグニャンはまさに理想的!
  • 大好きな愛猫にずっと元気でいて欲しかったのでモグニャンを選びました!
  • 愛猫と一緒に暮らす前から原材料とか栄養の質を重視したキャットフードを与えたいと思っていたので、モグニャンに出会えてよかった!!

愛猫の健康を考えてキャットフードを選びたいという飼い主さんたちからの人気は結構高いです。やはり、原材料の質や無添加にこだわって作られているキャットフードということもあり、その品質は高く評価されています。そこがモグニャンキャットフードの最大の特徴でもありますので、評価の高さは群を抜いています。

口コミでモグニャンの品質を評価する人が多いということは「毎日食べるキャットフードであるからこそ品質にこだわっておくことが何よりも大事である」と理解している飼い主さんがとても多きことの裏付けとも言えるでしょう。

モグニャン公式ページはこちら!

モグニャンの品質が評価される特徴的なメリットとは

モグニャンキャットフード

では、なぜモグニャンキャットフードは多くの飼い主さんによる口コミでそこまで高く評価されているのでしょうか? その秘密について、おさらいの意味も込めてモグニャンキャットフードが評価される特徴を探っていきましょう。

まず結論から言いますと、モグニャンキャットフードが評価される最大の特徴となっているのが、その品質です。高品質だからこそ、愛猫に安心して与えることができ、健康管理にも役立つのです。

愛猫の健康管理が出来るのは飼い主だけ!

私たち人間と同じように、愛猫の健康管理についてもその根幹をなすのは「食事」です。身体を作っていくのは食事ですし、健康を作っていくのもまた食事なのです。なぜなら、生きていく上で重要な栄養素は食事によって賄われているからです。そして愛猫にとっては、主食であるキャットフードこそがもっとも大切な栄養摂取先となります。

猫は、自らの意思によっては食べるものを選ぶことができません。飼い主さんから与えられるキャットフードだけが頼りです。つまり、愛猫の健康を維持できるか否かは、飼い主さんにすべて委ねられていることになるわけです。

当然ながら、安価な値段重視で選んだキャットフードを与えるか、それともそれなりの値段であっても原材料重視でキャットフードを選ぶかによって、愛猫の健康管理にも差が出てきます。言うまでもなく、長期的な視点で見れば原材料重視で選んでおいた方が、健康リスクも低くなります。

モグニャンのような高品質な特徴を備えたキャットフードは、原材料の質が高いのでそこから摂取できる栄養素の質も高く、愛猫の健康管理にも大いに貢献してくれます。安価なキャットフードでは使用される原材料の質が悪いため、含まれる栄養素の質も悪いですし、愛猫にとって不要な成分まで摂取してしまう可能性もあります。

市販のキャットフードは危険!?

安価なキャットフードには、海外から輸入された粗悪な原材料が使用されているケースが少なくありません。遺伝子組み換えの穀物はもちろん、残留農薬や残留除草剤などの問題、そしてキャットフードのタンパク源として添加される肉骨粉、食い付きをよくするための動物性油脂、品質劣化を防ぐ添加物などなど、近年問題視されているものが原材料に使われていることも珍しくないのです。

遺伝子組み換え食品については、その安全性は完全に解明されていませんし、残留農薬や残留除草剤なども愛猫に与える影響は計り知れません。

市販キャットフードのタンパク源は危険?

そして、タンパク源として使用されている肉骨粉や食い付きを良くするために動物性油脂は、一体何由来の原材料なのかまったく不明です。原材料名には「○○ミール」とか記載されていたり、「チキン由来」などと記載されていたりもしますが、原材料の安全性を示すにはまったく情報が不足してしまっています。

タンパク源として使用される肉骨粉の場合、海外では死んだ家畜やペットなどが使用されていることケースがほとんどです。そうした肉骨粉は価格的にも安いですし、安価なキャットフードに使用される原材料には最適なのです。

肉骨粉には、場合によっては病死した家畜やペット、安楽死させられた家畜やペットなどが使われます。当然ながら、その家畜やペットに対してどのような薬品が使われていたかもわかりませんし、どのような病気だったのかすらわからないのです。加熱処理がされているとはいえ、そうしたものが原材料として使われているのですから、愛猫に与える健康リスクだって計り知れません。

もちろん、それを海外から輸入してキャットフードを製造しているメーカーとしては、そこにどんな動物のどんな部位が含まれているのか分からないのかもしれませんが、100%安全・安心だと言い切れない原材料が使用されている以上は、とてもではありませんが高品質なキャットフードとは呼べません。当然ながらキャットフードそのものの嗜好性を高めたりする目的だけで添加されるような人工添加物にしても、猫に必要な成分ではないので、そこから影響される健康リスクには不安が付きまといます。

モグニャンの原材料は高品質!

しかしモグニャンキャットフードの場合、原材料の質にこだわって製造されているので、粗悪なキャットフードに比べるとその品質は圧倒的に高いのが特徴です。厳選された原材料を使用し、穀物は一切使用されていないので遺伝子組み換え食品を使用することもありませんし、猫にとって不要な人工添加物も不使用のキャットフードです。それが、多くの愛猫家から品質を評価されている理由です。

モグニャン公式ページはこちら!

モグニャンキャットフードの注意点は?

モグニャンキャットフード

ではここで、モグニャンキャットフードを愛猫に与える際の注意点などについてみていきましょう。せっかくモグニャンキャットフードの利用を検討するのであれば、メリットなどの前向きな特徴ばかりではなく、注意点についても理解しておいて損はありません。

まず、第一の注意点として挙げるとすれば賞味期限でしょう。モグニャンキャットフードの場合は人工添加物が含まれていないので、開封後の賞味期限が通常のキャットフードに比べると短めです。

それゆえの高品質なキャットフードということにもなるわけですが、そこが諸刃の剣となってしまっています。保存方法にもよりますが、賞味期限内に食べ切れないと無駄になってしまう可能性もあるので、その点も考慮して購入を検討するのがおすすめです。

モグニャンキャットフードの食い付き

次に食い付きの問題です。モグニャンキャットフードは素材そのものの味にこだわっているので、それを気に入って非常に食い付きが良いという口コミがある一方で、モグニャンキャットフードに対してそれほど興味を示さなかったという口コミもあります。

安価なキャットフードの場合、食い付きを良くするための添加物が加えられていたり、フードの表面に油脂が吹き付けられていたりすることが多いため、それによって猫の食い付きが良くなります。こうしたキャットフードを普段から食べていた猫は、モグニャンに対して関心を示さなかったり、食い付きが極端に落ちたりするケースが多いようです。

その場合は、根気強くモグニャンに慣れさせていく必要があります。
「食い付きが悪いからモグニャンはうちの子には合わない」と簡単に諦めてしまう飼い主さんもいらっしゃるようですが、それは安価なキャットフードの添加物に慣れてしまっている証拠でもあるので、愛猫の体質を健康体へと改善する意味でも、徐々にモグニャンに慣れさせるようにする方が賢明な判断かもしれません。

キャットフードの切り替えは少しずつが効果的!

ただし、キャットフードはいきなり変えるのではなく徐々に割合を増やして切り替えていくものですので、その過程で少しずつモグニャンに慣れてくれる可能性の方が高いです。

「モグニャンは食べない」と判断してしまう飼い主さんの多くが、いきなり以前のキャットフードからモグニャンに切り替えてしまうことが原因とも考えられますのでキャットフードを切り替えるときは徐々に割合を変えていくということを意識するようにしましょう。

モグニャンキャットフードを愛猫に与えるにあたっての主な注意点としては、以上ご紹介したように「賞味期限と食い付き」の2点です。

モグニャン・その他注意点

その他、モグニャンキャットフードに切り替えた後の注意点についてもご紹介しましょう。

  • 便が柔らかくなった
  • 与え過ぎると肥満になりやすい

基本的に、これまで与えていたキャットフードから別のキャットフードに切り替えると便に異変が出るケースが多いです。モグニャンキャットフードの場合は食物繊維も豊富ですので、猫の便通も良くなったりします。

また、市販のキャットフードに含まれる添加物がデトックスされていく過程で一時的に下痢や軟便になることもありますし、便臭がきつくなる場合などもあります。

そのまま与え続けていけば自然に便の状態も落ち着いてきますが、心配ならモグニャンキャットフードの専門スタッフに相談してみるのがおすすめです。

また、モグニャンキャットフードは栄養価が高いので、与え過ぎてしまうと肥満になってしまう可能性も否めません。

決して高カロリーというわけではないので、定められている給餌量であれば基本的には問題ありませんが、ついつい愛猫可愛さに与え過ぎてしまうこともあるかもしれません。そこは飼い主として自制しつつ、愛猫の肥満を管理する必要があります。

モグニャン公式ページはこちら!

高品質なモグニャンだからこそ愛猫の健康を守れる!

モグニャンキャットフードの原材料

先述しましたが、粗悪で安価なキャットフードには由来のわからない質の悪い原材料が大量に使用されています。そうしたキャットフードに含まれる様々な成分によって、愛猫の健康が脅かされてしまうこともあります。

例えば、原因のわからない皮膚炎などもその一つです。そうした皮膚炎などの各症状は、得てしてアレルギーなどが原因となっていることがほとんどですが、そもそもそのアレルギーの原因が何なのかを追求するのはかなり困難です。

穀物が原材料に使用されているキャットフードを食べたことによって穀物アレルギーを発症することはありますが、穀物が原因ではない場合は、原因究明に苦労することになります。

その場合、結局原因が分からずに泣き寝入りしてしまうか、とことん原因究明にこだわるかのどちらかになるわけですが、原因究明にこだわった飼い主さんの多くが、「キャットフードを変えたら改善した」という経験をしています。つまり、謎の皮膚炎は粗悪なキャットフードに含まれている化学物質や添加物などによるものが原因であった可能性が高いわけです。

もちろん、安価なキャットフードから安価なキャットフードへ切り替えたところで改善など見込めません。それでは粗悪なキャットフードから粗悪なキャットフードへと切り替えたに過ぎないのですから当然ですね!

当たり前ですが、切り替えるのであればモグニャンのような高品質なキャットフードへ切り替えるということが大切です。

キャットフードでトラブルが改善される例も!

実際問題、安価なキャットフードが原因でアレルギーを発症するなどといったことは科学的な裏付けがあるわけではありません。

仮にそうした論文や研究結果があったとしても、少なくとも私たちの目に触れる機会はほとんどありません。そのため、原因不明の皮膚炎などがキャットフードによって引き起こされているという事実には気付きにくいのが現状です。

しかし、そうした原因不明の皮膚炎や涙やけといったような各症状に悩む飼い主さんたちからの、「キャットフードを変えたら改善した」という報告が多いのもまた事実なのです。

どんなに机上の空論を並べ立てたところで、実際の現場の声に勝るものはありません。そうした飼い主さんたちの実体験こそが、「安価なキャットフードによって健康リスクを背負う可能性もある」という事実を物語っているのです。

モグニャンは粗悪な原材料は使用していませんし、穀物も使用しないので穀物アレルギーに気を使う必要ありません。

謎のアレルギー反応を引き起こす原因そのものが含まれる可能性も非常に少ないため、それによる皮膚炎などのリスクも軽減されます。実際、モグニャンのような高品質なキャットフードに切り替えただけで劇的に改善したという声も非常に多いのです。

モグニャン公式ページはこちら!

国産の市販キャットフードが安心できない理由とは

キャットフード

モグニャンはイギリスで製造されているキャットフードですが、人によっては「国産の方が安全に決まっている」と決めつけている方も多いかもしれません。しかし最近では、日本国内で作られたものは安心・安全であるという認識はとても危険な場合もあるということをご存知でしょうか?

例えば日本の農産物は、今やヨーロッパからは敬遠されてしまうような存在になってしまっています。理由は、使用されている農薬に原因があるようです。実際に、日本で農作物に使用される農薬の量は世界的に見ても多く、私たち日本人が知らないだけで、欧米からは敬遠されるようになってしまっています。「日本の農作物は安心」という神話は、とっくに崩れ去っているのです。

キャットフードにしても、「国産」という表記をよく目にしますが、それすらもそのまま鵜呑みにできない理由があります。国産と書かれていると、国内で収穫された農作物を使用し、国内で飼育された家畜が使用されているといったようなイメージがあるかもしれませんが、それは間違いです。

実は、海外から輸入した原材料を使用していても、最終的に国内で加工されたキャットフードであれば「国産」と表記しても問題ないことになっているのです。つまり、「国産=国内で最終加工されたもの」という意味であって、「国産=すべての原材料は国産のものを使用している」という意味ではないのです。

なので、「うちは安いキャットフードだけど国産だから安心」だと思っているとしたら、それは大きな勘違いということになります。安いには安いなりの理由があると先に述べましたが、国産のキャットフードであっても価格がとても安いのは、「海外の安い原材料を使用しているから」なのです。

また、安価なキャットフードは穀物を使用していることが多いですが、それも海外からの遺伝子組み換え食品である可能性も高いですし、穀物によるアレルギーを招く可能性だってあります。

さらに、穀物は栄養を考えて使用されているというよりも、キャットフードそのものをかさまし(嵩増し)するためだけに使用されることもあります。簡単にかさましできてしまうので、その分だけキャットフードの製造コストを低くできるのです。結果としてそうした点も購入価格に反映されているわけですから、安く購入できて当然なのです。

このように、「国産キャットフード」として売られているからといって安心することはできません。少なくとも、「100%国産」とでも書かれていない限りは、確実に海外の安い原材料を使用しているのです。

モグニャンはイギリスで製造されているキャットフードではありますが、イギリスといえば日本よりも遥かに進んだペット先進国なので、キャットフードに対する基準の高さも日本の比ではありません。

さらにモグニャンキャットフードが製造されている工場も、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)が定めたハイレベルな基準をクリアした専用工場にて製造されています。品質テストも厳格に行われており、日本で製造されているようなキャットフード以上に最適ない管理の下で製造されているのです。

正直言って、国内でそこまでこだわったキャットフードというのは非常に稀です。
高品質なキャットフードを購入しようと考えた場合、どうしても日本よりも進んでいる欧米のものが中心になります。「国産=安心」ではなく、「国産=不安」という認識の方が正しいのかもしれません。

安心して愛猫に与えれるモグニャン公式ページはこちら!

モグニャンのような高品質なキャットフードをおすすめできるのはどんな猫?

モグニャンのような高品質なキャットフードはどのような猫におすすめできるのか?といって点について解説していきます。

モグニャンは全猫種・全ライフステージに対応したキャットフードですので、基本的にはどのような猫に与えても問題ありません。こだわり派の飼い主さんすべてにおすすめできるキャットフードです。

また、アレルギーに悩んでいる猫には特におすすめです。既述のように粗悪な原材料によってアレルギーが引き起こされてしまう可能性もあるので、原因不明の皮膚炎などに悩んでいる場合はモグニャンなどの高品質なキャットフードに切り替えてみることをおすすめします。

キャットフードを高品質なものに切り替えたおかげで劇的に改善した例も非常に多いですし、すぐに改善が見られなくても中長期的な視点で使用して結果が出たという例もあります。

いずれにしても粗悪な原材料を使用したキャットフードを食べ続けていても良いことはありません。早めに高品質なキャットフードに切り替えておけば、将来的にも愛猫の健康が脅かされてしまうようなリスクを軽減できるはずです。

モグニャンは偏食傾向の猫にもおすすめ!

そして、偏食傾向があってなかなかキャットフードを食べてくれない愛猫に悩む飼い主さんにも、モグニャンのような高品質なキャットフードがおすすめです。キャットフードを選り好みしてしまう猫は栄養不足になりがちですが、モグニャンなら質の高い原材料を使用しているため、栄養素そのものも質が高いという特徴があります。

一食あたりの摂取は少なめでも、粗悪なキャットフード以上にしっかりとした栄養を摂ることができます。

もちろん、なかなか食べたがらない場合は一食あたりの量を減らして給餌回数を増やすなどの様々な工夫が必要ではありますが、栄養満点な分だけ粗悪なキャットフード以上に健康管理も容易になります。

キャットフードを食べない場合は病気の可能性も・・・

ただし、どうしても食べない場合などは何か別の原因があるかもしれませんので、必ず獣医など専門家の支持を仰ぐようにしてください。

猫によっては、どうしてもモグニャンが苦手だということもあるかもしれません。
なぜなら、モグニャンは主原料が魚なので、その匂いがあまり好きではないというケースも否定できないからです。

嫌がるものを無理矢理与えても愛猫にとってストレスになってしまいますので、そこは愛猫の好みなどを考慮しつつ、他の高品質キャットフードを使用したり、モグニャンと組み合わせて与えるなど、適宜柔軟に対応することも必要になるかもしれません。
そこは、飼い主さんの裁量次第ということになるでしょう。

モグニャンはシニア期の愛猫にもおすすめ出来る!

さらに、シニアなど質の高い栄養を必要とする猫にもモグニャンがおすすめできます。シニアになると、キャットフードは量よりも質がより重要になります。

若い年代に比べれば健康管理にも気を使う必要がありますから、モグニャンのような高品質なキャットフードにこだわっておくことが求められます。

シニア猫は腎臓などが衰えやすいので、あまりにも高タンパクなキャットフードやリンの含有量が多いキャットフードは不向きです。さらに、カルシウムやマグネシウムの含有量が多いと、今度は肝臓に負担がかかるので安心はできません。

モグニャンは、それらの成分も比較的低く抑えられているので、成猫の肝臓やシニア猫の腎臓負担についても大きく心配する必要がないのも特徴です。

加えて、多頭飼いをしている飼い主さんにもモグニャンがおすすめです。全猫種・全ライフステージに対応している高栄養キャットフードですので、幅広い年齢や種類の異なる猫と暮らしていてもモグニャンだけで対応することが可能です。

モグニャン公式ページはこちら!

モグニャンが高品質だと評判になる理由は他にないこだわりの特徴があるから!

モグニャンキャットフード 原材料

モグニャンが高品質なキャットフードとして人気を集めるのは、モグニャンのコンセプトそのものに理由があります。それは、「毎日食べる食事こそ愛猫の元気の源」というこだわりです。

先にご説明しましたが、愛猫の健康管理は飼い主さんが責任を負わなければなりません。そのためには、できるだけ健康リスクを背負わないように注意を払うことです。とはいうものの、一体どのようにして健康管理をしたらいいのか、具体的に良くわからないという場合がほとんどでしょう。

だからこそ、それを容易にするためにモグニャンが誕生したのです。愛猫の健康を考えるのなら毎日食べる食事にこそこだわろう!ということですね。

モグニャンの特長は高品質な原材料と食いつきの良さ!

そこで重視したのが、キャットフードに使用する原材料と食い付きです。愛猫が喜んで食べてくれて質の良い栄養をしっかりと摂取できればもっとも効率的です。それを形にしたのが、まさにモグニャンというキャットフードなわけです。

穀物でかさまししたような一般的なキャットフードの場合、原材料のトップには穀物名の記載されていることがほとんどです。かさましのために使用されているので、そこは当然と言えば当然ですよね。

しかし、モグニャンは穀物でかさまししたりすることはしていませんし、原材料の質にもこだわっていますので、キャットフードの粒の中には素材の魅力がぎっしりと詰まっています。

身体を構成するために必要なタンパク源には新鮮な白身魚が使用されていますが、その割合はなんと63%。大部分を穀物が占める粗悪なキャットフードとは違い、大部分を良質なタンパク源が占めているのが特徴です。

モグニャンの炭水化物はサツマイモ!

また、炭水化物は穀物からでなく、サツマイモを使用しているため、穀物アレルギーの心配が一切ないのも魅力的な特徴と言えるでしょう。粗悪なキャットフードならかさましにために使用されている穀物が炭水化物源となっていますが、穀物不使用のモグニャンではサツマイモの良質な炭水化物を摂取することができます。

モグニャンの成分はとっても優秀!

タンパク源として使用される質の高い白身魚は、実は消化吸収率にも優れているので愛猫にとっても魅力度の高い素材になっていますしポリフェノールやクエン酸など健康サポートに役立つ成分を豊富に含んだリンゴ食物繊維ほかカロテンやカリウムなども豊富に含んだカボチャ、優れた抗酸化作用を誇るクランベリー、オメガ3やオメガ6といった不飽和脂肪酸を含むサーモンオイル、デトックス効果も期待できるセイヨウタンポポなどなど、モグニャンは愛猫の健康を考えた厳選素材が存分に使用されています。

モグニャンはドライフードですので、見た目こそ通常のキャットフードといった感じではありますが、中身は手作りキャットフードと変わらないレベルの高品質な素材がぎっしりと詰まっています。

まさに「本物のヘルシーフード」と呼べるにふさわしいポテンシャルを誇るのが、モグニャンの特徴なのです。

モグニャン公式ページはこちら!

愛猫に与えるキャットフードはモグニャンのようなグレインフリーがベスト!

モグニャンキャットフードとまな板

先に、市販されている安価なキャットフードには穀物が使用されていること、そしてその穀物は猫に不向きであること、さらに、モグニャンは穀物を一切含んでいないグレインフリーのキャットフードであることなどについて触れましたが、そもそもなぜ穀物が猫にとっていけない原材料なのでしょうか。

猫は肉食だから穀物の消化が苦手!

私たち人間も含め、それぞれ肉食や草食かなどによって、腸の長さも異なります。草食動物は植物を消化するために長い腸を持っていますし、逆に肉食動物の場合は腸が短く、植物の消化に適していないのです。

ウシやヒツジなどは完全草食動物ですので、その腸は非常に長く、猫やトラなどは完全肉食動物ですので、腸はとても短いです。ちなみに犬は肉食に近い雑食性なので、猫よりも若干長めの腸をしています。

完全肉食動物である猫や、肉食寄りの雑食性である犬の場合、その腸は穀物など植物の消化には適していないので、穀物を含んだフードではうまく消化できずに栄養の吸収率が低くなってしまいます。ましてや、散々述べていますように、穀物によるアレルギーの心配も常に付きまといます。

モグニャンは穀物不使用だから消化不良リスクが無い!

モグニャンは穀物を一切使用しないグレインフリーです。グレインフリーということは、完全肉食動物の猫にとってはまさに理想的です。腸などへの負担もなく、しっかりと栄養を消化吸収することができるため、健康リスクを抑えた生活が可能になるわけです。

しかも単にグレインフリーというだけでなく、栄養バランスも考えて作られているキャットフードでもあるので、トータルで高品質なメリットを享受できます。

主食として常に摂取しなければならないものなので、キャットフード選びでは猫の健康にこだわった品質のものを選んでおいて損はありません。そうした意味でも、まさにモグニャンは理想を実現したキャットフードと言えそうです。

モグニャン公式ページはこちら!

モグニャンは食物繊維豊富なキャットフード!食物繊維が豊富だと何がいいの?

モグニャンの原材料

モグニャンは、食物繊維を豊富に含んだキャットフードです。食物繊維といえば整腸作用に効果があるとして、私たち人間にもなじみ深い成分ですよね。

体内の免疫のほとんどは腸で作られますが、腸が健康でなければ免疫も弱くなってしまいます。整腸作用の高い食物繊維を摂取することで健康な腸をサポートし、体の免疫力アップにも役立ちます。

猫が毛玉を排出するには食物繊維が大事!

さらに、猫と言えば「毛玉」です。毛玉をちゃんと排出してあげるためにも、食物繊維が有効に作用してくれるのです。単に栄養バランスというだけでなく、そうした機能性においてもモグニャンは優れています。

猫は毛づくろいをする際に、抜け毛などを飲み込んでしまいます。もちろん飲み込んでしまった毛というのは消化できませんので、基本的には便として排出されることになるわけですが、あまりにも多くの毛を飲み込んでしまえば腸へ到達する前に引っかかってしまうことがあります。よく、猫が吐いている場面に遭遇することがありますが、それは途中で引っかかってしまった毛を吐き出そうとしているからです。

そうならないためにも、定期的にブラッシングをしたりしてムダ毛を取り除いておいてあげることも大切です。そうすれば、毛づくろいしていても抜ける毛が少なくて済みますので、飲み込む毛の量も必然的に減っていきます。

そうすれば途中で毛が引っかかってしまうことはありませんので、吐き出すこともなくなり、通常どおり便として排出されるようになります。

飲み込んでしまった毛を便として排出する場合でも、やはり健康な腸とそうでない腸とでは排出するときの効率性も異なります。食物繊維は腸の掃除屋さんとも呼ばれるように、腸へ送られた毛玉を効果的に排出するための手助けをしてくれます。
それだけに、良質な食物繊維を含むモグニャンは理想的です。

猫が猫草を食べるのは食物繊維を摂取したいから!?

「猫草」というのを見聞きしたことがあるかと思いますが、あれはまさに食物繊維によって毛の排出を促す効果があるのです。

また、多少の刺激性もあるので食道や胃にたまった毛を吐き出す際にも効果があると言われてもいます。ただし、消化の悪い植物でもあるので、あまり与えない方がいいとも言われています。

愛猫が飲み込んでしまう毛玉対策としては、定期的なブラッシングで無駄な毛を取り除いておくことと、食物繊維豊富なモグニャンのようなキャットフードで効果的な排出を促してあげるという方法がベストかもしれませんね。

猫は毛玉を吐けないと危険!

猫は飲み込んだ毛が思うように排出できないと、毛玉症という症状を引き起こすこともありますし、そこから腸閉塞などに発展してしまう可能性もありますので注意が必要です。被毛の長い猫はそうしたリスクも高めになりますので、特に注意が必要です。

毛玉症を防ぐには、上述のようにブラッシングなどを行うことも必要ですし、できるだけストレスフリーな生活をさせてあげることも大事です。ストレスがたまると毛づくろいの頻度が高くなる猫もいますので、そういったリスクにも目を向けてあげられる飼い主でありたいものです。

毛玉症がひどくなれば手術でしか取り除けなくなりますし、そうなるとさらに愛猫にとっては心身の負担が増してしまいます。普段の健康管理はもちろん、そした猫特有の症状なども理解した上で生活し、それをケアするためのアイテムの一つとして、モグニャンキャットフードを活用するのがおすすめです。

モグニャン公式ページはこちら!

これまでのキャットフードからモグニャンに切り替える際の注意点

新たにモグニャンを愛猫に与えるということは、これまでのキャットフードからモグニャンに切り替えるということになります。

モグニャンが高品質で優れたキャットフードであると聞くと、すぐにでも愛猫に与えたくもなるかもしれせんが、急な切り替えはストレスに敏感な子の場合、体に負担をかけやすく、消化不良や下痢などの原因にもなりかねません。

「モグニャンに切り替えたら下痢をした!」

などという口コミを見聞きすることがあったら、それは急な切り替えによる可能性もあります。モグニャンが悪いのではなく、飼い主さんの切り替え方が悪かっただけの可能性が高いです。

これまでのキャットフードからモグニャンに切り替える際の注意点としては、「少なくとも1週間程度の期間をかけて徐々に切り替えていく」という点に尽きます。こうしたことさえ守れば、簡単に下痢してしまったりしません。

また、これまでのキャットフードに含まれている食物繊維が少なかった場合は、モグニャンに切り替えた後もしばらくは軟便や下痢が続く可能性があります。これまで摂取していた食物繊維が少なかったため、モグニャンに含まれる食物繊維の影響を受けて下痢や軟便になりやすくなります。そうした場合、しばらく継続することで徐々に改善されていきます。

これまで与えていたキャットフードから切り替えをする場合には、くれぐれも急な切り替えはしないこと(徐々に切り替えること)と、モグニャンに含まれる食物繊維の影響を受ける場合もあることを、注意点として認識しておきましょう!

キャットフードを切り替える際のポイント!

これまで与えていたキャットフードからモグニャンに切り替える場合の目安ですが、最低1週間ほど、できれば10日間くらいかけて徐々に切り替えるようにしましょう。最初は9:1くらいの割合でモグニャンを混ぜ、次の日は8:2、その翌日は7:3といった感じで少しずつモグニャンの割合を増やしていきます。

もちろん、これまでのキャットフードとは味も質感も異なるので、最初のうちは思うように食い付いてくれない可能性もありますが、そこは焦らずに、以前のキャットフードをうまく組み合わせつつ切り替えていくのがおすすめです。

キャットフードを切り替える場合、結構な根気を強いられる場合もあります。
飼い主さんが、根負けしてしまってはせっかくの良いキャットフードも意味がありませんので、1週間や10日間で結果が出なくても、あくまでも「徐々に徐々に」慣れさせていくことを優先してください。

また、キャットフードを切り替えるにあたっての注意点や心配ごとなどを事前に相談しておきたいのであれば、モグニャンの専門スタッフに相談してみるようにしましょう。モグニャンならペット栄養管理士など専門知識を有したスタッフが相談に応じてくれるので、そういったサポート面でも安心です。

粗悪なキャットフードでは人工添加物の量も多いので、そういったものが体内に蓄積しているようなケースでは一種の好転反応のようなものが起こる可能性もあります。体内に取り込まれた化学物質などが体外へ排出されるまでの間は下痢のような症状が続く可能性もあります。

そういう場合は、「新しいキャットフード(モグニャン)に体が慣れようとしている証拠」でもありますので、しばらくは様子を見るようにしてください。

人工添加物などが含まれているキャットフードを長期間摂取していると、ガンなど命にも危険を及ぼす病気になりやすくもなります。人工添加物は、保存料や着色料、香料などに使われていることがほとんどですが、そもそもそういった添加物は猫にとって必要なものではありませんし、害でしかありません。

単に見た目を良くしたりしても、それで満足するのは人間だけであって、猫にとってはまったく関係のないものです。キャットフードを選ぶ際は、できるだけモグニャンのように無添加にこだわったキャットフードに切り替えましょう。

実際、添加物の含まれていないモグニャンは賞味期限が短めです。しかしそれは、一見するとデメリットのようにも思えますが、安全なキャットフードであることの証拠でもあります。

人間よりも体の小さい猫は、当然ながら添加物などの処理能力も人間よりも劣っていますし、体に与える負担も人間以上に大きくなってしまいます。無添加であれば、愛猫の命を危険にさらすリスクが減りますし、そこにこそモグニャンのような高品質なキャットフードの存在意義があるわけです。

愛猫におすすめのプレミアムキャットフード!

市販されているキャットフードは人間が食べられないほど粗悪な原材料を使用し、人工添加物も大量に使用しているってご存じですか?粗悪な原材料を使用しておらず、猫が引き起こしやすいアレルゲンや余計な添加物が入っていないプレミアムキャットフードは、人間の食材と同じ工場で製造・出荷されていることからとても安心して与えることが出来ます。愛猫に健康で長生きしてもらいたいなら市販のキャットフードを与え続けることはNG!愛猫の健康の為にもお安く手に入れるキャンペーンを利用してプレミアムキャットフードに切り替えてみてはいかがでしょうか!

モグニャンキャットフード

モグニャンの特徴は、新鮮な白身魚が贅沢に63%も使われているところです。低脂肪で高タンパクな白身魚は栄養満点で消化吸収にも良いです。魚は猫が大好きな香りなので、愛猫の食欲をそそります。原材料の選定から粒の固さの調整まで、1つ1つを徹底的に吟味されています。さらに、猫の消化に負担をかける穀物は一切使用せずに、良質な炭水化物源となるサツマイモを使用することで、グレインフリーを実現しています。厳選された食材と栄養バランスにこだわったモグニャンキャットフードは、赤ちゃんからシニアまでずっと使えるキャットフードです。モグニャンは子猫からシニア猫まで様々な年齢の愛猫がいる方も、モグニャンキャットフード1つで猫達の健康管理が出来るのでおすすめですよ!

モグニャンに含まれるその他原材料と効果

モグニャンは良質な白身魚の他に
  • リンゴ
  • カボチャ
  • サツマイモ
などの食材が使われていて、食物繊維たっぷりですね!
  • カボチャには健康維持に役立つカロテンや、カリウムが豊富です。
  • グレインフリーの代わりにサツマイモを使用しているので消化が良く好評です。
  • カボチャとサツマイモは食物繊維が豊富なので、毎日のうんちをサポートします。
  • また、モグニャンの特徴として、サーモンオイルが配合されています。サーモンオイルには、オメガ3とオメガ6が含まれています。
オメガ3 ・オメガ6脂肪酸は抗炎症作用があるため、様々な身体の不調にはたらきかけてくれます。血液機能や皮膚炎にも効果があると言われています。

モグニャン公式HPはこちら

カナガンキャットフード

原材料チキンの品質は?カナガンもグレインフリー(穀物不使用)です。モグワンと同じくカナガンの特長の一つとして有名なのが、人間でも食べられるほど高品質な原材料を使用しています。カナガンは猫がおいしく食べられるイギリス産の高品質な平飼いチキンです。平飼いチキンは、仕切った鶏舎をいくつも積み重ねて飼育しておらず、地面で飼育することで余分なストレスをかけないよう育てられたチキンです。この新鮮なチキン生肉をミンチ状にし、高タンパクの乾燥チキンをブレンドされています。 チキンには、タンパク質・ビタミン・リン、健康を維持するセレンが豊富に含まれています。カナガンも穀物の代わりにサツマイモを使用!サツマイモは消化率が高く、穀物原料の代わりになる炭水化物源として注目されています。時間をかけて吸収されるため、身体に負担をかけません。また、サツマイモは還元作用に優れ、健康と活力を維持しますが、サツマイモは、トウモロコシや小麦などと比べると高価なので、消化率が高い原材料でありながら、キャットフードで用いられることは多くありませんでした。しかし、カナガンは消化に悪い穀物を使用せず、猫の消化に最適な原材料のみを使用したキャットフードなので、市販のキャットフードに比べるとやや値が張りますが、愛猫に健康で長生きしてもらうためにはプレミアムキャットフードを与える価値があります。カナガンに入っている海藻は栄養価が高く、ミネラルを豊富に含み、猫の健康を維持します。 海藻に含まれるヨウ素という成分が身体のコンディションを安定させます。カナガンにはマリーゴールド・クランベリー・カモミールといったヘルシーな成分が配合されており、
  • マリーゴールドは、健康的で若々しい身体を維持します。
  • クランベリーは、猫にとって健康的な成分を豊富に含み、還元作用にも優れています。
  • リフレッシュ効果で知られるカモミールは、猫の快適な毎日をサポートします。
市販のキャットフードにも含まれるタウリンは、ほとんどの哺乳類が体内で合成できる物質ですが、猫はごく微量しか合成できないため、食事から必要な量を摂取するしかありません。カナガンキャットフードにはタウリンが豊富に含まれているため、猫に適したフードと言えるでしょう。生産国のイギリスはペット先進国なので、日本に比べ高品質なキャットフードを重視しており、安全性も国内のものより高くおすすめです。パッキングまで完了した製品には、一袋一袋シリアル番号がつけられます。その番号によって、生産日はもちろんのこと、どの原材料がいつどこから来たのかまでを完璧に把握することが出来ることも含めて原料だけではなく、製造・出荷までレベルの高いキャットフードです。

カナガンの公式HPはこちら

シンプリー

シンプリーの特徴は、サーモンをベースにニシンやマス、乾燥白身魚など73%も魚が配合されているところです。そして猫にとって消化が難しい穀類を排除したグレインフリーのキャットフードです。シンプリーにはクランベリーが配合されています。クランベリーに含まれるキナ酸は、体のバランスを維持してくれます。また、オリゴ糖も配合されています。オリゴ糖は食物繊維が豊富で毎朝のスッキリをサポートします。他にもサツマイモや、ビタミンや鉄分を多く含むニンジン・りんご・ほうれん草を加え、猫の健康維持をサポートします。シンプリーの特徴は、たっぷりと配合した豊富な魚と、1粒1粒を濃厚なフレーバーソースでコーティングした製法にあります。生サーモンをベースに生マス、乾燥サーモン・ニシン・白身魚、さらには旨みが濃縮したサーモンスープをたっぷり73%以上も使用されています。濃厚な香りが、袋を開けた瞬間から猫の食欲を刺激するので、食べムラのある猫におすすめです。シンプリーのタンパク質の成分は以下のようになっています。
  • 骨抜き生サーモン(31%)
  • サツマイモ
  • 乾燥ニシン(12%)
  • 乾燥サーモン(11%)
  • ジャガイモ
  • サーモンオイル(8.1%)
  • 乾燥白身魚(6.5%)
  • 生マス(4.65%)
  • サーモンスープ(2.3%)
シンプリーの匂いは素材そのものの自然な匂いであり、人工の香料は一切使われておりません。サーモンの匂いは、人間にとっては強く感じられるかもしれませんが、これは猫が大好きな匂いで、食いつきが良いことで有名です。

シンプリー公式HPはこちら

ジャガー

ジャガーの開発者は、採算度外視で本当に上質なフードを開発することを決意し、自らのこだわりを余すところなく詰め込んだそうです。ジャガーの特徴は、新鮮なチキンと鴨の生肉を贅沢に使用していることです。本来肉食である猫が喜ぶおいしさになっています。アスタキサンチンが豊富なサーモンや新鮮なマスをふんだんに使用し、高タンパクです。このアスタキサンチンは、脳・目・肌・細胞の健康に効果があります。その中でも眼精疲労の軽減と、糖尿病の合併症である糖尿病腎症の軽減に効果があります。他にも人間の食品としても注目のスーパーフードであるアサイーやマルベリー、伝統ある滋養源の朝鮮人参が配合されていて、愛猫の健康維持をサポートします。タンパク質が40%の割合なので、とても高タンパクなキャットフードです。

ジャガー公式HPはこちら

モグニャンの原材料・成分・効果・メリット・口コミ評判分析まとめ

お伝えしてきましたように、モグニャンキャットフードは、穀物不使用のグレインフリー、しかも無添加で新鮮な原材料を使用した理想的なキャットフードです。遺伝子組み換え食品はおろか、危険な人工添加物も含んでおらず、由来のわからないような原材料も使用されていません。新鮮な原材料にこだわり、高い基準が設けられた専用工場で作られる、こだわり派におすすめのキャットフードです。

日本にもペットフードに関する法律は存在しますが、まだまだ欧米のレベルには程遠い状況で、ペット先進国のイギリスで製造されているモグニャンキャットフードのような高品質なキャットフードはまだまだレアな存在です。

本文中でも触れていますが、国産キャットフードであっても最終的に国内で加工されていれば国産表記が可能であり、中身がすべて粗悪な外国産原料であっても、国内で最終加工されていれば国産のキャットフードとして販売できるのです。

国産キャットフードであっても、確かに栄養基準はクリアしていますので、一見すると高品質なイメージを抱いてしまいがちですが、その品質はすべて価格に反映されているということを考えると、安価で販売されているキャットフードは、原材料の質も決して高くないことになります。

事実、国内のペットフードメーカーでは、輸入した安い原材料を使用していると公言したところもありますし、逆に、そうした原材料については一切回答してくれないところもあると聞きます。日本国内において、モグニャンに匹敵するレベルのキャットフードが作られる日は、まだまだ遠いようです。

数字上はキャットフードとしての栄養基準を満たしていたとしても、人工添加物によって栄養が添加されていることもありますし、タンパク源として何由来かもわからない原材料が使われていたりもします。そうした栄養素の質が高いとは到底思えませんし、そこから摂取した栄養が体に取り込まれても、しっかりと健康維持に必要な働きをしてくれるのかも不安ですよね。

そうしたリスクを背負うくらいなら、最初から無添加で安心の原材料を使用したモグニャンのようなキャットフードを選んでおくのがベストです。長期間、安価なキャットフードに慣れ親しんだ猫の場合は、モグニャンに切り替える際にはなかなか食べてもらえないなどデメリットが発生してしまう可能性が高くなりますが、子猫の頃から与えておけばそもそも切り替えで苦労する必要もありません。

愛猫を迎えて一緒に生活する前に、まずは与えるキャットフードについてもしっかり検討しておくことが大切ですし、できれば値段でキャットフードを選ぶのではなく、モグワンのような高品質なキャットフードを中心に選ぶようにするのがいいでしょう。高品質なキャットフードを選ぶということは、愛猫の健康を優先にして考えてあげられているのと同義です。そのためにも、曖昧な原材料が使用されている粗悪で安価なキャットフードには目もくれないくらいの強さも必要です。そうしたこだわりを持った飼い主さんが増えていけば、今後日本国内におけるキャットフードの品質が向上していくきっかけになるかもしれません。

ここでは、モグニャンキャットフードの特徴や注意点などもご紹介してきました、メリットや良い口コミばかりを参考にしるのではなく、デメリットについても目を向けつつ総合的に判断するのがおすすめです。メリット・デメリット、そして注意点や特徴などをしっかりと把握し、ぜひ、モグニャンキャットフードを愛猫の健康管理に役立てていきましょう。

大事なのは、愛猫の健康を守れるのは飼い主さんだけだという責任感と意識付けです。そして、その上で欠かすことができないのが主食となるキャットフードということになります。繰り返しになりますが、いくら十分に注意して愛猫の健康管理に気を付けていても、粗悪な原材料が使用されているキャットフードではいずれ健康を害してしまう可能性が高いです。

若くて体力がある間はそうしたリスクを乗り切れたとしても、遅かれ早かれ健康に何らかの異常が出てきてしまうリスクが大きいのです。「品質の良い原材料が使用されていること」や「不要な添加物は含まれていないこと」など重視してキャットフードを選ぶようにしてくださいね。

[box06 title=”あわせて読みたい”]

【モグニャンは子猫にNG?】注意点・給餌量や安く購入する方法を解説

モグニャンは腎臓病予防に良い?成分・注意点・おすすめの理由を解説!

[/box06]

モグニャンの口コミ評判の最新記事8件

>最強の勝率アップツール「サイトセブン」

最強の勝率アップツール「サイトセブン」

データロボサイトセブンは、全国のサイトセブン加盟ホールの出玉データやホール情報・新台の打ち方などの機種情報がスマートフォン(Android&iPhone)から見られる、パチンコ・パチスロユーザーの情報ツールです。パチンコ台の上部に設置されているランプのデータ(大当り一覧・大当り履歴・出玉推移グラフ)が、スマートフォンからいつでもリアルタイムで見る事が出来ます。また、最新の機種から話題の機種までスペックの確認ができます。たったの月々550円で出玉情報・癖・自分の台の最終結果を把握することが出来るので、パチンコ・スロットで勝ち続ける為には必須のツールと言えるでしょう。