【モグニャンは子猫にNG?】注意点・給餌量や安く購入する方法を解説

モグニャンは、全猫種・全ライフステージに対応した高品質なキャットフードです。原材料にこだわったキャットフードとして、愛猫の健康管理に関心の高い愛猫家からの信頼も厚いキャットフードです。

そんなモグニャンキャットフードを子猫に与える際はどのような点に注意したらいいのか? 不安を感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回は、モグニャンキャットフードを子猫に与える際のポイントや注意点などについて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

モグニャンキャットフードとは?


モグニャンの特徴は、新鮮な白身魚が贅沢に63%も使われているところです。低脂肪で高タンパクな白身魚は栄養満点で消化吸収にも良いです。魚は猫が大好きな香りなので、愛猫の食欲をそそります。

原材料の選定から粒の固さの調整まで、1つ1つを徹底的に吟味されています。
さらに、猫の消化に負担をかける穀物は一切使用せずに、良質な炭水化物源となるサツマイモを使用することで、グレインフリーを実現しています。

厳選された食材と栄養バランスにこだわったモグニャンキャットフードは、赤ちゃんからシニアまでずっと使えるキャットフードです。

モグニャンは子猫からシニア猫まで様々な年齢の愛猫がいる方も、モグニャンキャットフード1つで猫達の健康管理が出来るのでおすすめですよ!

モグニャンキャットフードに含まれるその他原材料と効果

モグニャンは良質な白身魚の他に

  • リンゴ
  • カボチャ
  • サツマイモ

などの食材が使われていて、食物繊維たっぷりですね!

リンゴには身体の調子を整えるペクチンが含まれるほか、活力維持をサポートするクエン酸やリンゴ酸、いつまでも健康な身体を保つ効果が期待できるポリフェノールが豊富に含まれています。

  • カボチャには健康維持に役立つカロテンや、カリウムが豊富です。
  • グレインフリーの代わりにサツマイモを使用しているので消化が良く好評です。
  • カボチャとサツマイモは食物繊維が豊富なので、毎日のうんちをサポートします。
  • また、モグニャンの特徴として、サーモンオイルが配合されています。サーモンオイルには、オメガ3とオメガ6が含まれています。

オメガ3 ・オメガ6脂肪酸は抗炎症作用があるため、様々な身体の不調にはたらきかけてくれます。血液機能や皮膚炎にも効果があると言われています。

モグニャンの公式HPはこちら

モグニャンは子猫へのおすすめ度が高いキャットフード!

モグニャン 子猫

今や、巷には非常に多くのキャットフードが存在しています。もちろん、その中には子猫向けのキャットフードなどもありますが、できれば愛猫には安心の原材料を使用したキャットフードを与えたいと考えている飼い主さんも少なくない時代ですので、「一体どんなキャットフードがいいのだろう?」と悩んでいる方も多いはずです。

まず、子猫は成長期ですので、良質なタンパク質を豊富に含んだキャットフードを選ぶのがおすすめです。もちろん、タンパク質だけでなくその他の栄養素も豊富に含んだキャットフードを選ぶのが重要です。

しかし、栄養基準をクリアしているキャットフードであれば何でもOKというわけではありません。そこはやはり、使用されている原材料にもこだわっておく必要があるからです。使用されている原材料が粗悪であれば、たとえ必要な栄養基準をクリアしていたとしても、摂取できる栄養素の質も高くはないので成長期の子犬にとっては理想的とは言えません。

実際、子犬の摂取におすすめのキャットフードというのはたくさんありますが、それはあくまでも数字上の栄養基準を満たしているだけに過ぎず、原材料の質という点はおすすめできないものがほとんどです。粗悪な原材料が使用されているキャットフードを子猫に与えてしまったことが原因で、アレルギーなどの症状に悩まされてしまうこともあります。原材料などの質にこだわってキャットフードを選んでおくことは、長期的な視点でも大切なことなのです。

全ライフステージに対応しているモグニャンは、使用されている原材料にもこだわったキャットフードであり、子猫の成長に必要なタンパク質も豊富です。新鮮な白身魚を使った質の良いタンパク質を摂取できますので、「栄養の質」という点においても秀逸です。

さらに、子猫の成長を考えていく上で大事な要素として、「できるだけ無添加のキャットフードにこだわってみる」ということも大切です。

一般的に市販されているようなキャットフードの場合、保存料や着色料、香料といった添加物が使われています。これらの添加物が、子猫の成長に必要な成分なのか? といえば、当然ながらまったく必要のないものです。着色料で見た目を鮮やかにしたところで子猫には何の関係もありませんし、香料で嗜好性を高めても栄養価が高くなるわけでもありません。それどころか、こうした人工的な添加物は、子猫の身体を蝕んでいく要因になり得ますし、最終的には発がんリスクを高めてしまう原因です。また、こうした添加物によってアレルギーを起こすこともよくあります。子猫のためにキャットフードを選ぶなら、こうした添加物の存在は除外して選ぶようにしましょう。

そして、原材料に穀物が使用されているようなキャットフードも子猫におすすめできません。穀物は、トウモロコシや小麦などが使用されているケースが多いですが、これらはアレルギーの発症リスクを高めます。さらに、最近では安価な遺伝子組み換え食品が使用されるケースも多いです。ご存知のように、遺伝子組み換え食品は健康上問題ないとされていますが、実際には発がんリスクが高いなど、何らかの健康被害を及ぼす可能性が非常に高いです。それを愛猫に与えるなどもってのほかですので、できるだけ穀物を使用しないグレインフリーのキャットフードを選ぶことが重要です。

その点、モグニャンは人工添加物など一切使用していませんし、アレルギーほか様々な健康リスクを招く穀物や遺伝子組み換え食品なども使用していませんので、子猫の健康をしっかりとサポートしてくれます。野菜や果物など新鮮な素材も豊富に使用されているので、必要な栄養素のほか、健康維持をサポートしてくれる成分も豊富に摂取できます。

モグニャンの公式HPはこちら

モグニャンキャットフードを子猫に与える際の給与量

モグニャン 茶色の子猫

モグニャンキャットフードを子猫に与える際の給与量としては、以下が目安となります。

子猫の体重1日の給与量
2ヵ月以下35~50g
2~3ヵ月50~60g
3~4ヵ月60~70g
4~6ヵ月70~80g
6~10ヵ月80~90g
10~12ヵ月90~100g

全ライフステージに対応しているとはいえ、さすがに1ヵ月未満程度でモグニャンを与えるのは早すぎますので、そこは適宜対応するようにしてください。幼猫時はミルクを与えるのが基本ですので、概ね1ヵ月以上を目安にモグニャンを与えるようにしてください。

その際は、3ヵ月程度くらいまではふやかしで与えるようにし、徐々にそのまま与えるように切り替えていきます。4ヵ月以上からを目安にするのがおすすめです。

補足として、成猫の給与量は以下のようになります。

成猫の体重1日の給与量
2.5㎏以下35~45g
2.5~3.5㎏45~55g
3.5~5㎏55~70g
5~6.5㎏70~85g
6.5~8㎏85~110g
8~10㎏110~130g

ちなみに子猫の場合、1日の給与量は成猫以上です。そのため、「こんなに与えても大丈夫なの?」と疑問を抱く方もいるかもしれませんが、子猫は成長のために多くの栄養を必要とするのでまったく問題ありません。安心して与えるようにしてください。

もちろん、1日の給与量は一気に与えるのではなく、数回に分けて与えるようにしましょう。概ね、2回~3回程度に分けて与えるのが基本です。もちろん、与え過ぎはNGなので、できるだけ1日の給与量は守るようにしてください。

モグニャンの公式HPはこちら

成長期の子猫には質の良い栄養素が必須

子供と子猫

人と違い、猫の成長は非常にスピードが速いです。そのため、成長期の子猫のためにも摂取する栄養の質にもこだわっておきたいところです。また、栄養価の低いキャットフードでは成長に支障をきたしてしまうので、やはりモグニャンのような高栄養価のキャットフードを与えることが理想的です。

アフコ(AAFCO=米国飼料検査官協会)の定める基準によりますと、子猫には30%以上のタンパク質を含んだキャットフードが良いとされています。ちなみにモグニャンはタンパク質の含有率が30%となっているので、この基準もしっかりクリアされているので安心です。

一般的に市販されているキャットフードは、先述しましたように原料の多くに穀物が使用されているので、子猫に与える際には消化不良や栄養の吸収率低下などの不安がありますが、モグニャンなら新鮮な白身魚が原材料の大部分を占めているので、吸収率に優れた質の良いタンパク質をしっかりと摂取できます。成長期に質の良いタンパク質を摂取することで、健康的な身体が形成されやすくなり、丈夫な内臓を形成していく上でも有効です。

モグニャンの公式HPはこちら

モグニャンなら生涯にわたって愛猫の健康管理ができる

黒猫の子猫

原材料の質にとことんこだわって誕生したモグニャンなら、子猫からシニア猫まで一生涯にわたって愛猫の健康管理をサポートしてくれます。粗悪な原材料を使用したキャットフードでは、子猫の成長はおろか成猫になってからも健康リスクの不安が付きまといますが、良質な原材料を使用しているモグニャンなら健康リスクも最小限に抑えることができるので安心です。

子猫の頃から粗悪なキャットフードを与えていると、粗悪な原材料によって皮膚炎などのようなアレルギー症状に似た症状が現れたりもします。多くの場合、その原因が分からずに右往左往することになるのですが、キャットフードを変えるとそうした症状が改善されるという報告もたくさんあるのです。

もちろん、愛猫や飼い主さんを悩ませたアレルギーのような症状が、粗悪なキャットフードによって引き起こされているという証拠はありませんが、実際にキャットフードを変えたことで症状の改善がみられているという事実が相次いでいることもまた事実なのです。少なくとも、キャットフードに含まれる何らかの成分が、健康リスクを高めていることは確かなようです。

また、先述のように人工添加物による発がんリスクもありますので、やはり中長期的に見ればキャットフードの質が愛猫に与える影響は少なくないと考えるのが自然でしょう。無添加で原材料にこだわったキャットフードを子猫の頃から与えるようにしておけば、愛猫の苦しむ姿を見ることなく、いつまでも健康で過ごしてもらうこともできます。

さらに、モグニャンには良質な食物繊維も豊富に含まれています、愛猫の整腸作用を促進するだけでなく、愛猫が飲み込んだ毛などを効果的に排出してくれる際にも有効な成分です。しかも、整腸作用によって腸が健康になれば、免疫力もアップするのでより愛猫の健康も促進されます。

ちなみに整腸作用が期待できる原材料としては、サツマイモのほかカボチャやリンゴ、そしてビール酵母も使用されています。これらは人間にとっても効果的に整腸作用を促してくれる素材なので、まさにモグニャンはヒューマングレードの原材料を使用していることが分かりますよね。

こうした原材料によって子猫の頃から健康な腸を作ることができますので、成猫になっても病気に強い健康な身体を維持することができるようにもなります。「まだ子猫だから」ではなく、「子猫だからこそ」素材や栄養素にこだわったキャットフードを率先して選んであげることがとても大切なのです。

モグニャンの公式HPはこちら

キャットフードは価格ではなく質で選ぶ

白色の子猫

以上のように、子猫に与えるキャットフードは、価格よりも質重視で選ぶようにすることが重要です。粗悪な原材料による健康リスクを背負ってしまえば、医療費などの負担も増してくるので、トータル的なコスパも低下してしまいます。

品質重視で子猫のキャットフードを選ぶようにすれば、そうした健康リスクは高い確率で回避できますし、成猫になってもシニア猫になっても質の良い栄養を摂取し続けることができるので、健康のまま一生を終えられる可能性も高まります。粗悪なキャットフードを与え続ける場合に比べると、トータル的には高いコスパを発揮してくれます。

たしかに、愛猫と生活していくにあたって毎日食べ続けるキャットフードこそがもっともお金のかかるアイテムかもしれませんが、そこをケチってしまうことで、結果的に損失が多くなることもあるのです。主食であるキャットフードですから、そこは栄養の質にこだわっておいて損はありません。「安いから」という理由だけでキャットフードを選んでいたのでは、本当に愛猫の健康を考えているとは言えません。そこはしっかりと「質」にもこだわり、本当の意味で愛猫の健康を考えられるようにしましょう。

ペットショップだけでなく、今やホームセンターやドラッグストア、コンビニなどでもキャットフードを購入できる時代ですが、そうした便利さの反面、本当に猫の健康を意識したキャットフードがどれだけ並んでいるかを考えれば、実は非常に数が限られてしまいます。それだけ、粗悪なドッグフードが多いのです。

子猫に与えるキャットフードとしてもモグニャンが人気なのは、やはり猫のことをしっかり考えて作られているという一言に尽きます。

キャットフードをはじめとしたペットフードにおいて、その安全性を計るポイントになるのが原材料です。特に添加物や肉骨粉の存在は、愛猫の健康を考える上で厄介な存在なのです。

一般的なキャットフードには肉骨粉というものが原材料として使われています。これは、猫のタンパク源として使用されている原材料なのですが、この肉骨粉というのはどのような肉が使われているのかわからないという怖さがあるのです。

肉骨粉に使用されているのは、死んだ家畜やペットです。事故死もあれば病死もありますし、安楽死させられた家畜やペットも使われています。安楽死に使用した薬剤がペットフードから検出された事例もあるほど、実は肉骨粉の安全性はかなり以前から疑問視されているのです。

そんな恐ろしい原材料が使用されているようなキャットフードを、成長期真っ盛りの子猫に与えるのはやはり不安ですよね? 原材料の安全性が100%保証されていないのですから、子猫に与える健康リスクだって可能性がゼロだとは限らないわけですね。本当に愛猫の健康や健やかな成長を考えるのであれば、そうした粗悪な原材料を使用しているキャットフードを与えるのは避けた方がいいでしょう。

その他、「動物性油脂」や「動物性脂肪」といった記載のあるキャットフードも不安です。これらも、上記の肉骨粉からとられた成分なので、安全性に100%の保証はありません。基本的にはキャットフードの食い付きを良くするために塗られていたりしますが、それによって健康リスクを背負うのは本望ではないでしょう。できればそうしたキャットフードも避けた方が賢明です。

子猫にとっては、何よりも新鮮で良質な栄養素が大事なのであって、添加物や化学物質などは成長に必要ありません。「子猫に与えるのは安いキャットフードで十分」などと考えるのであれば、今すぐにその考えを改めて、原材料にこだわった良質なキャットフードを選ぶようにしましょう。

モグニャンの公式HPはこちら

モグニャンは決して高くない!お得に購入できる

こちらを見つめる子猫

ちなみに、粗悪な原材料を使用しているキャットフードに比べるとモグニャンは高価なイメージがあるかもしれませんが、定期購入なら割引が適用されるなどお得に購入することもできます。とはいうものの、高価だといってもそんなにビックリするほどの価格ではありません。毎月十分な余裕を持って購入できるレベルなので、そこは安心していいと思います。

子犬の頃からモグニャンを与えていれば、そのままシニアまでずっと与えることができるので、最初から定期購入してしまえば全く問題ありません。当初は違うキャットフードを与えていて途中からモグニャンに切り替えるのであれば、食い付きが悪くなったり体質の変化による下痢や軟便といった経験をしなければなりませんが、最初からモグニャンであればそうした手間もかからない分だけ安心です。何よりモグニャン自体が安全性の高い安心のキャットフードですので、愛猫によってもメリットだらけなはずです。

また、モグニャンは粒も小さめなので、子猫にとっても食べやすい大きさなのが安心ポイントでもあります。あまりにも粒が大きければ子猫にとっては食べづらいキャットフードとなってしまいますので、その点も考慮されているのも魅力と言えるでしょう。

栄養価や原材料の質、そして猫の食い付きなど総合的な評価としても非常におすすめ度が高いキャットフードでもあります。ただし、先にご説明しましたように安価なキャットフードに比べるとややコストが高いです。そこをどう考えるかは、やはり飼い主さんによって価値観が異なるようです。一般的な意見として、「思ったよりも高くない」という口コミもありますし、価格帯としては高価な部類には入らないレベルです。

ただし、子猫に与えるモグニャンの品質が気になるならまずは相談をするようにしましょう。何かしらの疑問点や悩みなどがある場合は、まずはモグニャンの専門スタッフに相談してみることをおすすめします。モグニャンではペット健康管理士などの専門スタッフが様々な悩みや疑問に答えてくれるので、気になることは積極的に相談してみましょう。くれぐれも独自判断で決めることがないようにするのも、愛猫の健康を管理する上でも大切なポイントです。

愛猫におすすめのプレミアムキャットフード!

市販されているキャットフードは人間が食べられないほど粗悪な原材料を使用し、人工添加物も大量に使用しているってご存じですか?

粗悪な原材料を使用しておらず、猫が引き起こしやすいアレルゲンや余計な添加物が入っていないプレミアムキャットフードは、人間の食材と同じ工場で製造・出荷されていることからとても安心して与えることが出来ます。

愛猫に健康で長生きしてもらいたいなら市販のキャットフードを与え続けることはNG!

愛猫の健康の為にもお安く手に入れるキャンペーンを利用してプレミアムキャットフードに切り替えてみてはいかがでしょうか!

モグニャンキャットフード

 

モグニャンの特徴は、新鮮な白身魚が贅沢に63%も使われているところです。低脂肪で高タンパクな白身魚は栄養満点で消化吸収にも良いです。魚は猫が大好きな香りなので、愛猫の食欲をそそります。

原材料の選定から粒の固さの調整まで、1つ1つを徹底的に吟味されています。
さらに、猫の消化に負担をかける穀物は一切使用せずに、良質な炭水化物源となるサツマイモを使用することで、グレインフリーを実現しています。

厳選された食材と栄養バランスにこだわったモグニャンキャットフードは、赤ちゃんからシニアまでずっと使えるキャットフードです。

モグニャンは子猫からシニア猫まで様々な年齢の愛猫がいる方も、モグニャンキャットフード1つで猫達の健康管理が出来るのでおすすめですよ!

モグニャンに含まれるその他原材料と効果

モグニャンは良質な白身魚の他にも

  • リンゴ
  • カボチャ
  • サツマイモ

などの食材が使われていて、食物繊維たっぷりでメリットがいっぱいです。

モグニャンのポイント!
  • カボチャには健康維持に役立つカロテンや、カリウムが豊富です。
  • グレインフリーの代わりにサツマイモを使用しているので消化が良く好評です。
  • カボチャとサツマイモは食物繊維が豊富なので、毎日のうんちをサポートします。
  • サーモンオイルが配合されています。

モグニャンの特徴として、サーモンオイルが含まれていますが、このサーモンオイルには「オメガ3・オメガ6」が含まれています。

オメガ3 ・オメガ6脂肪酸は抗炎症作用があるため、様々な身体の不調にはたらきかけてくれます。血液機能や皮膚炎にも効果があります。

モグニャン公式HPはこちら

カナガンキャットフード

 

原材料チキンの品質は?

カナガンもグレインフリー(穀物不使用)です。
モグニャンと同じくカナガンの特長の一つとして有名なのが、人間でも食べられるほど高品質な原材料を使用しています。

カナガンの主原料には猫がおいしく食べられるイギリス産の高品質な平飼いチキンです。

平飼いチキンは、仕切った鶏舎をいくつも積み重ねて飼育しておらず、地面で飼育することで余分なストレスをかけないよう育てられたチキンで、この新鮮なチキン生肉をミンチ状にし、高タンパクの乾燥チキンをブレンドされています。

さらにチキンには、タンパク質・ビタミン・リン・セレンといった成分が含まれています。

ちなみにセレンは健康を維持するのに大切な成分です。

カナガンも穀物の代わりにサツマイモを使用!

サツマイモは消化率が高く、穀物原料の代わりになる炭水化物源として注目されています。時間をかけて吸収されるため、身体に負担をかけません。

また、サツマイモは還元作用に優れ、健康と活力を維持しますが、サツマイモは、トウモロコシや小麦などと比べると高価なので、消化率が高い原材料でありながら、キャットフードで用いられることは多くありませんでした。

しかし、カナガンは消化に悪い穀物を使用せず、猫の消化に最適な原材料のみを使用したキャットフードなので、市販のキャットフードに比べるとやや値が張りますが、愛猫に健康で長生きしてもらうためには、カナガンのようなプレミアムキャットフードを与える価値があります。

カナガンに入っている海藻は栄養価が高く、ミネラルを豊富に含み、猫の健康を維持します。 海藻に含まれるヨウ素という成分が身体のコンディションを安定させます。

カナガンにはマリーゴールド・クランベリー・カモミールといったヘルシーな成分が配合されており、

  • マリーゴールドは、健康的で若々しい身体を維持します。
  • クランベリーは、猫にとって健康的な成分を豊富に含み、還元作用にも優れています。
  • リフレッシュ効果で知られるカモミールは、猫の快適な毎日をサポートします。

市販のキャットフードにも含まれるタウリンは、ほとんどの哺乳類が体内で合成できる物質ですが、猫はごく微量しか合成できないため、食事から必要な量を摂取するしかありません。

カナガンキャットフードにはタウリンが豊富に含まれているため、猫に適したフードと言えるでしょう。

生産国のイギリスはペット先進国なので、日本に比べ高品質なキャットフードを重視しており、安全性も国内のものより高くおすすめです。

パッキングまで完了した製品には、一袋一袋シリアル番号がつけられます。

その番号によって、生産日はもちろんのこと、どの原材料がいつどこから来たのかまでを完璧に把握することが出来ることも含めて原料だけではなく、製造・出荷までレベルの高いキャットフードです。

カナガンの公式HPはこちら

シンプリー

 

シンプリーの特徴は、サーモンをベースにニシンやマス、乾燥白身魚など73%も魚が配合されているところです。そして猫にとって消化が難しい穀類を排除したグレインフリーのキャットフードです。

シンプリーにはクランベリーが配合されています。クランベリーに含まれるキナ酸は、体のバランスを維持してくれます。

また、オリゴ糖も配合されています。オリゴ糖は食物繊維が豊富で毎朝のスッキリをサポートします。
他にもサツマイモや、ビタミンや鉄分を多く含むニンジン・りんご・ほうれん草を加え、猫の健康維持をサポートします。

シンプリーの特徴は、たっぷりと配合した豊富な魚と、1粒1粒を濃厚なフレーバーソースでコーティングした製法にあります。

生サーモンをベースに生マス、乾燥サーモン・ニシン・白身魚、さらには旨みが濃縮したサーモンスープをたっぷり73%以上も使用されています。

濃厚な香りが、袋を開けた瞬間から猫の食欲を刺激するので、食べムラのある猫におすすめです。

シンプリーのタンパク質の成分は以下のようになっています。

  • 骨抜き生サーモン(31%)
  • サツマイモ
  • 乾燥ニシン(12%)
  • 乾燥サーモン(11%)
  • ジャガイモ
  • サーモンオイル(8.1%)
  • 乾燥白身魚(6.5%)
  • 生マス(4.65%)
  • サーモンスープ(2.3%)

シンプリーの匂いは素材そのものの自然な匂いであり、人工の香料は一切使われておりません。

サーモンの匂いは、人間にとっては強く感じられるかもしれませんが、これは猫が大好きな匂いで、食いつきが良いことで有名です。

シンプリー公式HPはこちら

ジャガー

 

ジャガーの開発者は、採算度外視で本当に上質なフードを開発することを決意し、自らのこだわりを余すところなく詰め込んだそうです。

ジャガーの特徴は、新鮮なチキンと鴨の生肉を贅沢に使用していることです。本来肉食である猫が喜ぶおいしさになっています。

アスタキサンチンが豊富なサーモンや新鮮なマスをふんだんに使用し、高タンパクです。
このアスタキサンチンは、脳・目・肌・細胞の健康に効果があります。

その中でも眼精疲労の軽減と、糖尿病の合併症である糖尿病腎症の軽減に効果があります。

他にも人間の食品としても注目のスーパーフードであるアサイーやマルベリー、伝統ある滋養源の朝鮮人参が配合されていて、愛猫の健康維持をサポートします。
タンパク質が40%の割合なので、とても高タンパクなキャットフードです。

ジャガー公式HPはこちら

まとめ

添加物などが満載で売られている粗悪なキャットフードよりも、原材料にとことんこだわって作られているモグニャンの方が、成長期の子猫にふさわしいキャットフードであることは確かです。

安いキャットフードは原材料の多くに穀物が使用されてもいますので、消化不良によって内蔵に負担がかかるばかりか、栄養の吸収率も低下します。モグニャンにはそうした穀物が使用されていないので安心ですし、炭水化物も穀物からでなくサツマイモから摂取できるように工夫されています。

また、通常であれば食い付きを良くするために添加物が使用されていたりもしますが、モグニャンは原材料の香りだけで食い付きを良くしています。無添加で食い付きをアップさせているところは、モグニャンの秀逸なメリットと言えそうです。

しかも食い付きを良くしている原材料は新鮮な白身魚で、それが63%という高い割合で含まれているのも特筆すべきポイントです。先に述べましたが、成長期の子猫にとって良質なタンパク質は非常に大切です。それをしっかりと摂取できるモグニャンは、やはり子猫にも超おすすめできるキャットフードであることは間違いありません。

くどいようですが、愛猫の健康を管理するのが飼い主の責任なら、愛猫の健康を作るのもまら飼い主の責任です。原材料・素材・栄養素などにこだわりぬいた、モグニャンのようなハイクオリティなキャットフードを選んでこそ、そうした飼い主の責任を果たすことに繋がります。

モグニャンの公式HPはこちら

>最強の勝率アップツール「サイトセブン」

最強の勝率アップツール「サイトセブン」

データロボサイトセブンは、全国のサイトセブン加盟ホールの出玉データやホール情報・新台の打ち方などの機種情報がスマートフォン(Android&iPhone) から見られる、パチンコ・パチスロユーザーの情報ツールです。 パチンコ台の上部に設置されているランプのデータ(大当り一覧・大当り履歴・出玉推移グラフ) が、スマートフォンからいつでもリアルタイムで見る事が出来ます。 また、最新の機種から話題の機種までスペックの確認ができます。 たったの月々550円で出玉情報・癖・自分の台の最終結果を把握することが出来るので、パチンコ・スロットで勝ち続ける為には必須のツールと言えるでしょう。