【モグニャンは肥満猫NG!?】カロリー・脂質や肥満対策を徹底分析

原材料にこだわり、香料や着色料などの添加物も不使用、さらに穀物を使用しないグレインフリーで猫の身体に優しいドッグフードとして人気のモグニャンキャットフード。全猫種&全ライフステージに対応した理想のキャットフードとして、登場以来多くの愛猫家から高評価の支持を集めています。

そんなモグニャンですが、肥満猫へのダイエット食としては効果があるのでしょうか? 原材料にこだわって栄養満点なキャットフードでもあるので、どことなくカロリーも高めで肥満猫には向いていないのではないかとさえ思えてしまいますが、実際はどうなのでしょう。

今回はモグニャンキャットフードが「肥満猫のダイエットに向いているキャットフードなのか?」カロリー・脂質・成分・注意点なども含めてご紹介します。

ダイエットにも向くモグニャンキャットフードとは?


モグニャンの特徴は、新鮮な白身魚が贅沢に63%も使われているところです。低脂肪で高タンパクな白身魚は栄養満点で消化吸収にも良いです。魚は猫が大好きな香りなので、愛猫の食欲をそそります。

原材料の選定から粒の固さの調整まで、1つ1つを徹底的に吟味されています。
さらに、猫の消化に負担をかける穀物は一切使用せずに、良質な炭水化物源となるサツマイモを使用することで、グレインフリーを実現しています。

厳選された食材と栄養バランスにこだわったモグニャンキャットフードは、赤ちゃんからシニアまでずっと使えるキャットフードです。

モグニャンは子猫からシニア猫まで様々な年齢の愛猫がいる方も、モグニャンキャットフード1つで猫達の健康管理が出来るのでおすすめですよ!

モグニャンキャットフードに含まれるその他原材料と効果

モグニャンは良質な白身魚の他に

  • リンゴ
  • カボチャ
  • サツマイモ

などの食材が使われていて、食物繊維たっぷりですね!

リンゴには身体の調子を整えるペクチンが含まれるほか、活力維持をサポートするクエン酸やリンゴ酸、いつまでも健康な身体を保つ効果が期待できるポリフェノールが豊富に含まれています。

  • カボチャには健康維持に役立つカロテンや、カリウムが豊富です。
  • グレインフリーの代わりにサツマイモを使用しているので消化が良く好評です。
  • カボチャとサツマイモは食物繊維が豊富なので、毎日のうんちをサポートします。
  • また、モグニャンの特徴として、サーモンオイルが配合されています。サーモンオイルには、オメガ3とオメガ6が含まれています。

オメガ3 ・オメガ6脂肪酸は抗炎症作用があるため、様々な身体の不調にはたらきかけてくれます。血液機能や皮膚炎にも効果があると言われています。

モグニャン公式ページはこちら!

モグニャンは高カロリーじゃない!肥満猫にもおすすめのキャットフード

モグニャンキャットフード

モグニャンが肥満猫のダイエットにもおすすめできるキャットフードかどうか気になる方も多いでしょう。結論から言うと、モグニャンは高カロリーではないので、肥満猫のダイエットにもおすすめできるキャットフードです。

ちなみにモグニャンのカロリーは100gあたり365キロカロリーですが、モグニャンと並んで人気のキャットフードであるカナガンが390キロカロリー、無添加キャットフードとして評価の高いオリジンは406キロカロリーとなっていますので、モグニャンのカロリーが特段高いわけでもありません。無添加の高品質キャットフードとしては標準的なカロリーか、若干低めなくらいです。

モグニャンといえば新鮮な原材料をふんだんに使用しており、しかも無添加で、猫の食い付きがとても良く栄養のバランスにも優れた理想的なキャットフードです。

しかし、「モグニャン=栄養満点」という印象を多くの人が持っているため「高カロリーで太りやすいキャットフードなのではないか?」というイメージが定着してしまいがちです。しかし実際には決して高カロリーではないので、適正量さえ守れば肥満猫のダイエットにも活用できます。

モグニャンキャットフードは低脂肪だから肥満猫に良い!

しかもモグニャンは、実は低脂肪なキャットフードであるということは意外と知られていません。新鮮な原材料をふんだんに使用しているので含まれる脂肪も多そうな印象が先行してしまいがちですが、含まれる脂質は100gあたり16.0%となっており、同レベルのキャットフードと比較しても低脂肪なキャットフードであることが分かります。

ちなみにカナガンキャットフードの脂質は20.0%、オリジンも20.0%と少なめですが、それよりもモグニャンの方が脂質が少ないようです。

低カロリー・低脂肪のキャットフードが必ずしも良いとは言えない!

ただし、単に低カロリー・低脂肪なキャットフードであればOKというわけではありません。特にダイエットとなると様々なに栄養素が欠乏しやすいので、カロリーや脂質以外の栄養素はしっかりと補給してあげないと体を壊してしまいます。そこは人も猫も同じなのです。

特に、猫は肉食の動物なので、良質な動物性タンパク質をしっかりと摂取させてあげる必要があります。ダイエットだからといって、カロリーや脂質以外の栄養素、中でもタンパク質までカットしてしまうのは絶対にNGです。また、脂質などの含有値もあまりに低いのは健康を損なう可能性が高いので、脂質の含有率が一桁台のものは避けた方が無難です。

その点モグニャンなら、上述しましたように高すぎない程度にカロリーも脂質も含んでいますし、タンパク質も30%含まれているので、肥満猫と化した愛猫の健康を損なうことなくダイエットができます。

ちなみにタンパク質はあまりにも含有率が高すぎると内臓への負担が大きくなってしまうため危険ですし、逆に含有率が低すぎても栄養学の観点から芳しくなりません。目安としては、概ね30%前後の含有率が適正だとも言われていますので、そうした点においてもモグニャンは十分に基準をクリアできているとみていいでしょう。

ダイエット中でもタンパク質の摂取は必須ですし、モグニャンに含まれるタンパク質は良質な原材料によってもたらされているので、愛猫にとっても健康的なダイエットが可能になります。

ダイエットに向いているモグニャンはこちら!

肥満猫になってしまう理由と対策はモグニャンで!

肥満猫 スコ座り

肥満猫は、愛くるしいキャラクターのような感じでとても可愛いものですが、やはり当の本人(本猫?)にとっては動きづらさや重さを感じてしまっていますので、やはり心身ともにストレスがかかってしまいます。また、肥満猫になってしまうと様々な健康リスクも背負うことになりますので、できるだけ早い段階でダイエットしてあげる必要があります。

愛猫が肥満猫になってしまったからといって、ダイエットを諦める必要はありません。必ずダイエットすることができます。

ただし、ただ単に食事を減らすようなことをしてはいけません。それでは空腹で愛猫が辛い思いをしますし、極端な栄養不足で体調を崩してしまいかねません。そこはやはり、モグニャンのような高品質なキャットフードで、効果的にダイエットをしていくのがおすすめです。

肥満猫のダイエット前に知っておこう!

ダイエットを始める前に、愛猫の適正体重について理解しておくことも必要です。成猫の適正体重は、平均値としては約3㎏~5㎏程度だと言われています。

この平均値は国内の雑種が目安になっていますので、当然ながら猫の種類によっても適正体重は異なります。

猫によっては3㎏では痩せすぎの場合もあります。また国内の雑種の場合では、概ね3.5㎏以下を目安に痩せすぎ、5㎏以上を目安に太りすぎだと言われています。まずは愛猫の健康管理を適切に行っていくためにも、適正体重を知っておくようにしてください、かかりつけの動物病院など専門家に適正体重を聞くのもいいでしょう。

ただし、猫が肥満になってしまう原因は様々なので、単純に「太ったからダイエット」と軽はずみな判断をしてしまうのはいけません。食べ過ぎて肥満猫になってしまっている場合や、避妊などによって肥満猫になってしまった場合は食事管理などでダイエットが可能ですが、稀にある病気や先天的な異常などによって肥満猫になってしまっているケースでは、ドクターの判断を仰ぐ必要もあります。

高カロリーな食事やおやつなどを与え過ぎて肥満猫になっているなら、まずはおやつの量を減らすことからスタートし、それに運動を適度に加えるなどして適正体重に戻していくことになります。またその際に与える食事量にも気を付ける必要があります。

キャットフードでは愛猫の体重に合わせて与えることになりますが、現在の体重に合わせて与えるのではなく、本来の適正体重に合わせた量を与えるようにしましょう。そうしないといつまでも適正体重に戻すことができなくなるので、そこは最低限意識しておきたいポイントとなります。

無駄なおやつを減らしたり、適正体重に合わせてキャットフードを与えるだけでも、十分なダイエット効果があります。特に最近の猫は室内飼育がほとんどなのでかなり運動不足気味です。おやつや食事量とあわせて運動をさせてあげればさらに効果的です。

モグニャン公式ページはこちら!

肥満猫の解消にモグニャンがおすすめできる理由

肥満猫 ダイエット 手をなめる猫

適正体重をオーバーしたまま生活していると、関節や内臓などへの負担も大きくなります。それによって動くことすら困難になり、結果的に運動すらできない体になってしまうことだってあります。猫は運動量豊富で、本来は動くことが大好きな動物なので、肥満猫にしてしまってそうした本能を奪ってしまうことは好ましいことではありません。

市販で売られているドライタイプのキャットフードの場合、400キロカロリー(100gあたり)前後もするものが少なくありません。こうしたキャットフードは高カロリーな傾向になりますので、肥満猫になってしまうリスクも高いです。もちろん、脂質が多く含まれているキャットフードも肥満猫には大敵です。20%前後の含有率は高脂肪な傾向になるので、控えた方がいいでしょう。

一方のモグニャンは、先述のとおりカロリーは365キロカロリーで脂質も16.0%なので、高カロリーでもなければ高脂質でもありません。そした点においても、肥満猫のダイエット対策に有効なキャットフードです。

市販のキャットフードに多く含まれる穀物は肥満の原因!?

さらに言えば、キャットフードに含まれている穀物によっても肥満になる可能性が指摘されています。つまり、穀物などの炭水化物に含まれる糖質が、肥満猫や猫の糖尿病の原因になるという見解です。人と同じで、猫などのペットにとっても炭水化物の摂り過ぎは控えた方が理想的のようです。

市販されているキャットフードの場合、原材料に穀物が使用されているケースも非常に多いですが、モグニャンは穀物を一切含まないグレインフリーのキャットフードなので、穀物が使用されている市販品に比べてダイエット向きなキャットフードであるという見方もできるのです。

しかし、炭水化物にも肥満猫になってしまう悪玉と、健康に良い善玉の2種類が存在しています。善玉の炭水化物は、穀物よりも新鮮な野菜や果物、豆類などに含まれています。グレインフリーのモグニャンなら穀物は不使用ですし、新鮮な野菜や果物、豆類などが原材料に使用されていますので、穀物が含まれている市販キャットフードよりも内容的には秀逸です。

さらに、ダイエットとなると食事制限などの影響で栄養不足に陥りやすくなりますが、栄養の豊富なモグニャンなら健康維持に必要なたんぱく質、ビタミンやミネラルといった栄養素をしっかりと摂取しつつ、健康的なダイエットが可能になります。

先述しましたように、モグニャンは質の高い原材料にこだわって作られているキャットフードで、愛猫の健康を守る上でも欠かせない良質な栄養素を豊富に含んでいます。
必要な栄養素を損なうことなく肥満猫のダイエットができるならそれに越したことはありません。

高カロリーな食事やおやつの与えすぎで体重や脂肪が増え肥満猫になってしまえば愛猫には負担がかかってしまいますし、ダイエットを行うにあたっても心身にストレスがかかってしまいます。

数字上は栄養の基準を満たしているキャットフードでも、質の悪い原材料で作られているのであれば、そこから摂取できる栄養素が愛猫の健康維持に貢献してくれるとは到底思えませんよね。そのためにも、ダイエット中だからこそ食事でしっかりと良質な栄養素を摂取することが大切であり、それを心強くサポートしてくれるのがモグニャンというわけですね!

穀物を使わないモグニャンはこちら!

 

愛猫におすすめのプレミアムキャットフード!

市販されているキャットフードは人間が食べられないほど粗悪な原材料を使用し、人工添加物も大量に使用しているってご存じですか?粗悪な原材料を使用しておらず、猫が引き起こしやすいアレルゲンや余計な添加物が入っていないプレミアムキャットフードは、人間の食材と同じ工場で製造・出荷されていることからとても安心して与えることが出来ます。愛猫に健康で長生きしてもらいたいなら市販のキャットフードを与え続けることはNG!愛猫の健康の為にもお安く手に入れるキャンペーンを利用してプレミアムキャットフードに切り替えてみてはいかがでしょうか!

モグニャンキャットフード

モグニャンの特徴は、新鮮な白身魚が贅沢に63%も使われているところです。低脂肪で高タンパクな白身魚は栄養満点で消化吸収にも良いです。魚は猫が大好きな香りなので、愛猫の食欲をそそります。原材料の選定から粒の固さの調整まで、1つ1つを徹底的に吟味されています。さらに、猫の消化に負担をかける穀物は一切使用せずに、良質な炭水化物源となるサツマイモを使用することで、グレインフリーを実現しています。厳選された食材と栄養バランスにこだわったモグニャンキャットフードは、赤ちゃんからシニアまでずっと使えるキャットフードです。モグニャンは子猫からシニア猫まで様々な年齢の愛猫がいる方も、モグニャンキャットフード1つで猫達の健康管理が出来るのでおすすめですよ!

モグニャンに含まれるその他原材料と効果

モグニャンは良質な白身魚の他に
  • リンゴ
  • カボチャ
  • サツマイモ
などの食材が使われていて、食物繊維たっぷりですね!
  • カボチャには健康維持に役立つカロテンや、カリウムが豊富です。
  • グレインフリーの代わりにサツマイモを使用しているので消化が良く好評です。
  • カボチャとサツマイモは食物繊維が豊富なので、毎日のうんちをサポートします。
  • また、モグニャンの特徴として、サーモンオイルが配合されています。サーモンオイルには、オメガ3とオメガ6が含まれています。
オメガ3 ・オメガ6脂肪酸は抗炎症作用があるため、様々な身体の不調にはたらきかけてくれます。血液機能や皮膚炎にも効果があると言われています。

モグニャン公式HPはこちら

カナガンキャットフード

原材料チキンの品質は?カナガンもグレインフリー(穀物不使用)です。モグワンと同じくカナガンの特長の一つとして有名なのが、人間でも食べられるほど高品質な原材料を使用しています。カナガンは猫がおいしく食べられるイギリス産の高品質な平飼いチキンです。平飼いチキンは、仕切った鶏舎をいくつも積み重ねて飼育しておらず、地面で飼育することで余分なストレスをかけないよう育てられたチキンです。この新鮮なチキン生肉をミンチ状にし、高タンパクの乾燥チキンをブレンドされています。 チキンには、タンパク質・ビタミン・リン、健康を維持するセレンが豊富に含まれています。カナガンも穀物の代わりにサツマイモを使用!サツマイモは消化率が高く、穀物原料の代わりになる炭水化物源として注目されています。時間をかけて吸収されるため、身体に負担をかけません。また、サツマイモは還元作用に優れ、健康と活力を維持しますが、サツマイモは、トウモロコシや小麦などと比べると高価なので、消化率が高い原材料でありながら、キャットフードで用いられることは多くありませんでした。しかし、カナガンは消化に悪い穀物を使用せず、猫の消化に最適な原材料のみを使用したキャットフードなので、市販のキャットフードに比べるとやや値が張りますが、愛猫に健康で長生きしてもらうためにはプレミアムキャットフードを与える価値があります。カナガンに入っている海藻は栄養価が高く、ミネラルを豊富に含み、猫の健康を維持します。 海藻に含まれるヨウ素という成分が身体のコンディションを安定させます。カナガンにはマリーゴールド・クランベリー・カモミールといったヘルシーな成分が配合されており、
  • マリーゴールドは、健康的で若々しい身体を維持します。
  • クランベリーは、猫にとって健康的な成分を豊富に含み、還元作用にも優れています。
  • リフレッシュ効果で知られるカモミールは、猫の快適な毎日をサポートします。
市販のキャットフードにも含まれるタウリンは、ほとんどの哺乳類が体内で合成できる物質ですが、猫はごく微量しか合成できないため、食事から必要な量を摂取するしかありません。カナガンキャットフードにはタウリンが豊富に含まれているため、猫に適したフードと言えるでしょう。生産国のイギリスはペット先進国なので、日本に比べ高品質なキャットフードを重視しており、安全性も国内のものより高くおすすめです。パッキングまで完了した製品には、一袋一袋シリアル番号がつけられます。その番号によって、生産日はもちろんのこと、どの原材料がいつどこから来たのかまでを完璧に把握することが出来ることも含めて原料だけではなく、製造・出荷までレベルの高いキャットフードです。

カナガンの公式HPはこちら

シンプリー

シンプリーの特徴は、サーモンをベースにニシンやマス、乾燥白身魚など73%も魚が配合されているところです。そして猫にとって消化が難しい穀類を排除したグレインフリーのキャットフードです。シンプリーにはクランベリーが配合されています。クランベリーに含まれるキナ酸は、体のバランスを維持してくれます。また、オリゴ糖も配合されています。オリゴ糖は食物繊維が豊富で毎朝のスッキリをサポートします。他にもサツマイモや、ビタミンや鉄分を多く含むニンジン・りんご・ほうれん草を加え、猫の健康維持をサポートします。シンプリーの特徴は、たっぷりと配合した豊富な魚と、1粒1粒を濃厚なフレーバーソースでコーティングした製法にあります。生サーモンをベースに生マス、乾燥サーモン・ニシン・白身魚、さらには旨みが濃縮したサーモンスープをたっぷり73%以上も使用されています。濃厚な香りが、袋を開けた瞬間から猫の食欲を刺激するので、食べムラのある猫におすすめです。シンプリーのタンパク質の成分は以下のようになっています。
  • 骨抜き生サーモン(31%)
  • サツマイモ
  • 乾燥ニシン(12%)
  • 乾燥サーモン(11%)
  • ジャガイモ
  • サーモンオイル(8.1%)
  • 乾燥白身魚(6.5%)
  • 生マス(4.65%)
  • サーモンスープ(2.3%)
シンプリーの匂いは素材そのものの自然な匂いであり、人工の香料は一切使われておりません。サーモンの匂いは、人間にとっては強く感じられるかもしれませんが、これは猫が大好きな匂いで、食いつきが良いことで有名です。

シンプリー公式HPはこちら

ジャガー

ジャガーの開発者は、採算度外視で本当に上質なフードを開発することを決意し、自らのこだわりを余すところなく詰め込んだそうです。ジャガーの特徴は、新鮮なチキンと鴨の生肉を贅沢に使用していることです。本来肉食である猫が喜ぶおいしさになっています。アスタキサンチンが豊富なサーモンや新鮮なマスをふんだんに使用し、高タンパクです。このアスタキサンチンは、脳・目・肌・細胞の健康に効果があります。その中でも眼精疲労の軽減と、糖尿病の合併症である糖尿病腎症の軽減に効果があります。他にも人間の食品としても注目のスーパーフードであるアサイーやマルベリー、伝統ある滋養源の朝鮮人参が配合されていて、愛猫の健康維持をサポートします。タンパク質が40%の割合なので、とても高タンパクなキャットフードです。

ジャガー公式HPはこちら

プレミアムキャットフードの比較

モグニャン・カナガン・シンプリー・ジャガーのカロリーを比較

モグニャン365kcal
カナガン390kcal
シンプリー380kcal
ジャガー383.5kcal

カロリーは365~383.5kcalとそんなに大きな差はありません。
モグニャンがもっとも低い365kcalとなっていますが、どれも誤差レベルなので、あまり気にしなくても良さそうですね!

モグニャン・カナガン・シンプリー・ジャガーの脂質を比較

モグニャン16.00%
カナガン20.00%
シンプリー20.00%
ジャガー20.00%

脂質は、モグニャンの16.00%が低く、他は全部20.00%です。
ダイエット中の愛猫にはカロリー・脂質が低いモグニャンが最も良さそうですね!

モグニャン・カナガン・シンプリー・ジャガーのタンパク質を比較

モグニャン30.00%
カナガン37.00%
シンプリー37.00%
ジャガー40.00%

タンパク質は、30.00%~40.00%の間になっています。
タンパク質は多すぎず、少なすぎずのバランスが大切です。
モグニャンは他に比べ少し少なめですが、どれもバランスよくたんぱく質を含んでいますね!

モグニャン・カナガン・シンプリー・ジャガーの粒の大きさを比較

モグニャン7mm
カナガン8mm
シンプリー8~10mm
ジャガー10~12mm

粒の大きさは、モグニャンが1番小さい7mmです。小柄な猫や子猫に特におすすめできるキャットフードです。

【肥満猫におすすめのモグニャン】カロリー・脂質や肥満対策まとめ

眠る肥満猫 デブ猫 モグニャン

ドライフードでありながら手作りフードと変わらないクオリティで愛猫の健康管理にも貢献してくれるモグニャン。そのモグニャンとカロリー、そして肥満猫との関係性についてお話してきました。

モグニャンは、決して高カロリーなキャットフードではないので、肥満猫のダイエット時にも安心して与えることができますし、肥満猫にならないための予防としても活用することができます。

何より、安心・安全な原材料を使用し、かつ無添加で製造されているキャットフードでもあるので、質の良い栄養素を愛猫に与えることができるメリットがあります。無理なダイエットで愛猫の健康を損なってしまうよりも、栄養満点なモグニャンで健康的にダイエットしたいものですね。

また、ダイエットでは効果的に運動を加えてあげるのも有効です。猫は犬のように散歩させることが難しいですし、元々は狩猟以外では無駄な体力を使わないのが猫の習性でもあります。頻繁に昼寝したりしているのは、そうした習性によるものなのです。

愛猫に効率よく運動させてあげるには、狩猟本能を刺激してあげるような工夫をするのがおすすめです。猫用のおもちゃで遊んであげる時間を作ってあげるのもいいですし、最近ではキャットタワーなども人気なので、そうしたアイテムを設置して高所好きな習性を刺激してあげるのもいいでしょう。

人間や犬などもそうであるように、猫も一度肥満猫になってしまうと痩せるのは楽ではありません。最近では太った猫の愛くるしい姿が人気ですが、いくらキャラクター化しても猫自身には何の得もありません。肥満によって健康を崩し、動けなくなってしまってはそれこそ可哀想ですし、別の見方をすれば虐待に近い仕打ちとも言えるかもしれません。

さらに、食事やおやつが原因ではなく、遺伝的に肥満猫になりやすかったり、避妊去勢などにともなうホルモンバランスの乱れで肥満猫になってしまった場合は、かかりつけ医などと相談しながら効果的なダイエットを行うようにしてください。

愛猫が健康を崩せば医療費の負担だって大きくなってしまいますし、巡り巡って飼い主さんにとってもデメリットだらけになってしまいます。いつまでも愛猫と一緒に楽しい時間を過ごせるように、くれぐれも肥満猫にならないように気を配ってあげるようにしましょう。

[box06 title=”あわせて読みたい”]

【モグニャンは危険!?】原材料・成分・効果や口コミ評判を徹底分析!

モグニャンは腎臓病予防に良い?成分・注意点・おすすめの理由を解説!

[/box06]

モグニャン肥満猫・ダイエットの最新記事8件

>最強の勝率アップツール「サイトセブン」

最強の勝率アップツール「サイトセブン」

データロボサイトセブンは、全国のサイトセブン加盟ホールの出玉データやホール情報・新台の打ち方などの機種情報がスマートフォン(Android&iPhone)から見られる、パチンコ・パチスロユーザーの情報ツールです。パチンコ台の上部に設置されているランプのデータ(大当り一覧・大当り履歴・出玉推移グラフ)が、スマートフォンからいつでもリアルタイムで見る事が出来ます。また、最新の機種から話題の機種までスペックの確認ができます。たったの月々550円で出玉情報・癖・自分の台の最終結果を把握することが出来るので、パチンコ・スロットで勝ち続ける為には必須のツールと言えるでしょう。