モグニャン

モグニャンキャットフードの安全性は?品質を見分ける方法を徹底解説

近年、ペットフードの安全性に対する関心が高まりを見せています。それはキャットフードも例外ではなく、遺伝子組み換え食品や人工添加物、肉骨粉などの原材料が安全性を脅かす元凶として取り上げられることも増えてきました。

そうした中、安全性の高い原材料を使用し、かつ無添加で製造されるモグニャンのようなキャットフードに対する関心も高くなってきており、実際に安価なキャットフードからモグニャンに切り替える飼い主さんも増加しています。

しかし、そもそも「安全性の高いキャットフード」と「安全性の低いキャットフード」の違いとは何なのかがイマイチ分かりにくいという方もいるでしょうし、一般的にも高品質なキャットフードと粗悪なキャットフードとでは何がどのように違うのか? といった基本的なことを知らされる機会すらありません。そのため、知らず知らずのうちに粗悪なキャットフードを購入させられていることすらあるのです。

今回は「安全性の低いキャットフードとはどのようなものか?」その上で「安全性の高いおすすめキャットフードはどのようなものか?」といったことを中心に解説していきます。

安全性の低いキャットフードとは?

こちらを見る猫

安全性の低いキャットフードというのは、一般的に「粗悪なキャットフード」とか、「安価なキャットフード」と呼ばれるようなキャットフードのことです。つまり、使用されている原材料が非常に安い(粗悪)ため、それを使用しているからこそ購入価格もリーズナブルになっているキャットフードのことです。

もちろん、リーズナブルな価格で売られている市販のキャットフードすべてが粗悪だとは言いませんが、少なくとも、食品というのはそれに使用されている原材料の質が最終的な価格に反映されていることは確かです。

私たち人間の場合もそうですが、原材料にこだわった食品は高価になりがちですし、それほど原材料にこだわっていない食品ほど安価で購入できますが、キャットフードでもそれと同じなのです。

キャットフードでも、海外から輸入された安い原材料が大量に使用されています。穀物であれば遺伝子組み換え食品が多いですし、その他の原材料も残留農薬や残留除草剤といった危険をはらんでいます。

人間の食べる食パンなどに使用されている輸入小麦に残留農薬や残留除草剤が含まれているのは有名な話ですが、人間の食べるものでもそれだけのレベルなのですから、キャットフードに使用される原材料の安全性が低くても珍しいことではないのです。

さらには、人工添加物などの問題もあります。キャットフードの品質を保持するための防腐剤などはもちろんのこと、見た目を鮮やかにする着色料や、食い付きをよくするための香料など、本来は猫にとって不要な成分が大量に使用されていることもあるのです。

また、香料と同様に食い付きをよくするために使用されている動物性油脂も、一体何の動物のどの部位が使用されているのかわからないようなものまであります。そういった油は酸化しやすいので、摂取する猫の健康にも良くありません。

品質の悪いキャットフードに含まれるタンパク源は危険!

そして、キャットフードに含まれているタンパク源も大いに問題を含んでいます。キャットフードには、タンパク源として肉骨粉(原材料名には○○ミールなどと書かれていることが多い)が使用されます。

そんな肉骨粉には、死んだ家畜やペットなどが使われていることが多く、病死した家畜やペットなども含まれています。これらが一緒くたに加工され、肉骨粉としてキャットフードなどに使用されているのです。

これら、肉骨粉のもととなる家畜やペットは、どのような病気だったのか、そのような薬を与えられていたのかすらわかりません。高熱で処理されるとはいえ、殺菌しきれないような病原体などが存在していないとも限らないのです。以前に流行した狂牛病にしても、飼料として与えていた肉骨粉が原因であるという指摘もあるほどです。

基本的に肉骨粉は、人が食べる食材として不適切な屑肉だと言われていますが、それだけでなく、上述のように死んだ家畜やペットも使用されます。こうして集められた”肉骨粉の原材料”は、高温で処理されて粉状の肉骨粉となり、キャットフードをはじめとしたペットフードや家畜の飼料に、タンパク源として添加されています。

さらに言えば、肉骨粉には安楽死させられた家畜やペットが含まれていますので、その際に使用された薬品の影響も指摘されています。事実、安楽死で使用された薬品がペットフードから検出された事実もあります。

こうしたものを摂取し続けるとどうなるのか? 実はそれを科学的に裏付ける研究結果というのはありません。あったとしてメーカー側などの都合によって隠されている可能性すらあります。いずれにしても、そうした原材料が使用されていれば、安全性が疑われても当然というものでしょう。

そうした、”問題のある原材料”を使用しているキャットフードが、いわゆる「安全性の低いキャットフード」ということになるのです。

モグニャンの公式HPはこちら

安全性の低いキャットフードが愛猫に与える影響

モグニャンキャットフード

では、粗悪な原材料が使用されている安全性の低いキャットフードを愛猫に与える影響としては、どのようなものが考えられるのでしょうか? そのあたりを深掘りしてみましょう。

先述のとおり、粗悪な原材料による健康への影響というのは、真っ当な研究すらされていません。仮に何らかの研究がされて結果や論文があったとしても、なかなか私たちの目に触れることもないでしょう。

しかし、たとえば次のような口コミを見聞きしたことはないでしょうか?

「良質なフードに変えたらペットの皮膚炎・涙やけ・体臭が改善した!」

これは、実際に猫や犬などの飼い主さんたちから聞く口コミです。

実際に、愛猫が原因不明の皮膚炎などに悩まされているという飼い主さんも少なくありません。そうした飼い主さんたちの多くが、キャットフードを変えただけで症状が改善したという経験をしているのです。

もちろん、それだけでは粗悪な原材料を使用した安全性の低いキャットフードが原因であるという証拠にはなりませんが、少なくとも、「質が良く安全性が高いキャットフードなら原因不明の症状が改善することもある」という証拠にはなりますよね。

遺伝子組み換え食品などによる発がんなどのリスクはもちろん、人工添加物や肉骨粉などが原因となるアレルギーほか各種健康リスクは間違いなくあると考えて差し支えありません。もちろん、キャットフードに含まれる穀物によってアレルギーを発症することもあります。

こうした安全性の低いキャットフードを長期間摂取していれば、そこから何の影響も受けないなどということは非常に考えづらく、やはり少なからず健康被害を受けるはずです。実際に、原因不明の皮膚炎などに悩んでいた飼い主さんたちの実体験を見れば、その因果関係は明らかだと言わざるを得ないでしょう。

基本的に、キャットフードに使用される肉骨粉に犬や猫といったペットまで含まれているかは不明です。肉骨粉を作るメーカーによっても異なるので、可能性としては猫などを含むこともあると考えた方が自然です。しかし消費者には詳細を知る術がない以上、その本質はわかりません。それだけに、できればそうした安全性に疑問の残る原材料を使用したキャットフードは、避けた方がおすすめなのです。

モグニャンの公式HPはこちら

安全性が高いキャットフードとはどんなキャットフード?

モグニャンを食べる猫

では実際問題、安全性が高いキャットフードとはどのようなキャットフードのことなのでしょうか? まず、キャットフードの安全性を計る上で重要なポイントとなるのが「原材料の質」と、「人工添加物の有無」です。この2つをクリアしてこそ、はじめて「安全性が高いキャットフード」と呼ぶことができます。

原材料の質というのは、つまり「由来のハッキリした原材料」という意味です。肉骨粉などのように、詳細がまったく不明な原材料などではなく、信頼できる原材料であることが重要です。言い換えれば、ヒューマングレードの原材料を使用しているキャットフードが理想です。

繰り返しになりますが、肉骨粉は病気や事故で死んだ家畜やペット、安楽死させられた家畜やペットなどが使用されています。使用されているのは犬なのか猫なのか、牛なのか豚なのかすらわかりませんし、そもそも全部一緒に加工されていることもあります。もちろん使用されている部位など知ることなどできません。

つまり、素性も由来もわからないような原材料がタンパク源として使用されているのではなく、どんな動物がタンパク源として使用されているのかハッキリと知ることのできるキャットフードの方が、その安全性においても信頼度が高いのです。

次に、人工添加物の有無ですが、これはもう説明の必要すらないくらいかもしれませんね。猫にとって、鮮やかな見た目というのは不要なので、着色料などそもそも添加する必要などありません。また、質の良い原材料が使用されていれば素材の旨みも凝縮されているはずなので、香料などを添加する必要性も皆無です。もちろん、保存料や発色剤なども猫には必要ありません。人間の食品では禁止されている甘味料が添加されていることもあります。

安全性の高いキャットフードなら、今や無添加であることが当たり前です。しかも危険な保存料は使用されていないにも関わらず、3ヵ月くらいは保存できますので、保存に困るということもまずありません。使用されている原材料だけでなく、人工添加物の種類においても、安全性の高いキャットフードと安全性の低いキャットフードとでは雲泥の差があるのです。これが同じキャットフードなのか? と、ついこぼしてしまいたくなるほど、クオリティに差があるのが実態なのです。

安全性の低いキャットフードに使用されている主な添加物

白い猫

現在、ペット後進国と言われる日本であっても、ペットフードに対する安全性の関心が高まりを見せており、最低限の基準が設けられてはいます。キャットフードに使用されている原材料にしても、添加物を含めて記載しなければなりません。つまり、どのような添加物が含まれているのか、消費者としてチェックすることも可能になっているのです。実際に、「これが含まれていたら危険かも…」という添加物の一例を挙げてみましょう。

まず、着色料として使用される赤色102号。着色料ですので、キャットフードそのものの見た目を鮮やかにする目的で添加されます。さらに言えば、赤色102号だけでなく、そもそも「色+号」で表記されている着色料は危険性が高めだと言われています。これが元でアレルギーになる可能性も指摘されており、人間でも蕁麻疹等の影響があると言われているほどです。それを体の小さなペットに与えてしまうのですから、何かしらの影響があって当然ですよね。

次に、BHA、BHT、亜硝酸ナトリウム、エトキシキンなどの保存料です。これらは発がん性のある物質として以前から様々に指摘されてきた添加物です。私たちの食品にもなじみ深い添加物ですが、愛猫だけでなく私たち人間もできるだけ摂取を避けたい添加物です。

そして、キャットフードの甘味料などとして使用されることのあるアンモニエートやグリシリジン。人間の食品への添加は禁止されており、その安全性は未知数です。人の食品への使用が禁止されていることから考えても、やはり危険性の高い添加物である可能性の方が高そうです。

その他にもいろいろな添加物の存在がありますが、代表的な添加物としては以上のようになっています。少なくとも、安全性の低いキャットフードには、こうした添加物も使用されています。購入前に原材料の項目だけはチェックしておきたいものです。

モグニャンの公式HPはこちら

安全性の高いおすすめキャットフードは?

猫の餌

ここまでの内容を踏まえ、実際に安全性の高いおすすめキャットフードとしてイチオシできるのは、モグニャンのような高品質なキャットフードです。

モグニャンは、ヒューマングレードの原材料を使用した安全性の高さが特徴です。しかも人工添加物は不使用ですし、穀物を使用しないグレインフリーのキャットフードである点もおすすめポイントです。また、キャットフードを製造している工場も、厳格な基準をクリアした専用工場である点も評価ポイントです。

モグニャンは、タンパク源として新鮮な白身魚を使用しています。安全の低いキャットフードに使用されているような肉骨粉などはまったく含まれていません。もちろん、穀物不使用のグレインフリーなので遺伝子組み換え食品も使用していませんし、素材を生かしているので不要な着色料や香料なども使われていません。まさに安全性においては理想的なキャットフードなのです。

モグニャンは、手作りキャットフードと同レベルのクオリティを求めて開発されたキャットフードであり、誕生したのも製造されているのもペット先進国のイギリスです。試食会では、参加した人の93.9%が継続して愛猫に与えたいと評価しています。

何より、モグニャンは原材料にこだわりぬいて作られる理想的なキャットフードとして、現ユーザーの多くから支持されていますし、リピーターも多数です。「本当に愛猫のためになるキャットフードは何?」という疑問を持ってキャットフード探しをして、最終的にモグニャンにたどり着いたという飼い主さんもいます。愛猫の健康管理に関心の高い人なら必ず一度はモグニャンを選ぶほど、その優れた品質が評価されています。

実際に、世の中には実に多くのキャットフードで溢れかえっていますが、本当に愛猫の健康を考えるのであれば、選ぶべきキャットフードというのはかなり限られてしまうのが実態です。それほど、安全性に疑問を持たざるを得ないキャットフードが多いのです。

そうした意味でも、モグニャンのようなクオリティの高いキャットフードは貴重な存在とも言えるでしょう。猫は自分で健康管理ができませんし、キャットフードさえ選ぶことはできません。愛猫の健康を考慮して、最終的にモグニャンを選ぶか選ばないかは飼い主さん次第ではありますが、できることなら、価格の安さ重視ではなく、原材料や無添加などの品質重視でキャットフード選びをするようにしたいものですよね。

ちなみに、原材料にこだわって作られているモグニャンは、たしかに価格のお得さでは安全性の低いキャットフードには及びませんが、定期購入なら最大20%OFFで購入できます。

定期購入が前提とはいえ、モグニャンのような安全性の高いキャットフードを割引価格で購入できるのはお得と感じる利用者は多いです。

モグニャンは、愛猫の健康を考える飼い主さんにイチオシしたいおすすめキャットフードの一つです。

モグニャンの公式HPはこちら

国産のキャットフードでも安全性は保障されない!?

あくびをする猫

キャットフードなどの安全性を考えるとき、真っ先に頭に浮かぶのは「国産なら安全ではないのか?」ということではないでしょうか? たしかに、国産なら国内の原材料を使用しているようなイメージがあるので、その安全性も高いのではないのか? と考えてしまいがちです。

しかし、実際は国際のキャットフードでも安全性に疑問が残ります。なぜならば、国産であっても安価なキャットフードが多すぎるからです。

「国産のキャットフードが安いのは海外から輸入したりしていない分だけ、それが価格に反映されている結果じゃないの?」

という意見もあるかもしれませんが、それは違います。事実、国産キャットフードでもその原材料は海外から輸入しているからです。しかも、海外の原材料を使用していても、最終加工が日本国内であれば「国産キャットフード」として販売できるのです。

つまり、商品棚に陳列されている国産キャットフードが安いのは、単純に「使用されている原材料にお金がかかっていないだけ」なのです。言い換えれば、そこに使用されている原材料は粗悪で安全性に疑問の残るもが使用されていても不思議ではないのです。

本当に安全性の高い原材料を使用しているのであれば、確実に価格に反映されているはずですし、それだけの原材料が使用されているならパッケージなどにも記載があってもいいはずです。

しかし、実際には原材料についての詳細など書かれていないものが多く、それはつまり、使用されている原材料の由来が曖昧だからにほかなりません。
先述しましたように、その商品の価格は使用されている原材料に比例しますので、安価であるということは原材料の質もそれなりでしかないのです。

当然、そうしたキャットフードでも栄養基準はクリアされているので、栄養が偏るということは稀です。しかしながら、原材料の質が悪いなら栄養素の質も期待できませんし、足りない栄養素は人工添加物で賄われているかもしれません。

摂取できるタンパク質にしても肉骨粉がタンパク源となっているのであれば、不要な成分まで体内に取り込むことになりかねません。数字上は栄養基準を満たしていたとしても、中身の安全性には不安ばかりを覚えてしまいますよね。

「国産=安全」というのは、本当は正しい認識ではありません。パッケージに国産の記載があるからといって、それがキャットフードの安全性を保障するものではないという認識を持つようにしましょう。少なくとも、市販されている安価なキャットフードでは愛猫の健康管理などままなりません。愛猫に、ずっと元気でいて欲しいと思うのであれば、まずは毎日の食事を見直すことが大切であり、モグニャンのような安全性の高い原材料を使用したキャットフードこそが、選ぶべきおすすめキャットフードということになるでしょう。

ちなみに、肉骨粉が含まれているキャットフードを避ける方法としては、原材料の欄に以下のような記載があるかどうかをチェックしてください。

  • 肉骨粉
  • ○○ミール
  • ミートボーンミール
  • 肉粉

以上のような、由来のわからない原材料名が記載されていると、肉骨粉が使用されている証拠になります。というよりも、ほとんどの安価なキャットフードには肉骨粉が使用されているので、以上のような表記が見つかるはずです。

さらに、動物性油脂や動物性脂肪などという原材料も、肉骨粉を製造する際に分離されたものが元になっているケースが多いので、そうした原材料表記があるキャットフードも、おすすめキャットフードとしては推奨できません。

また、キャットフードに使用される保存料にしても、最近では充填技術も進んでいるので、敢えて人工添加物を使用しなくても天然成分で十分にカバーできるようになっています。コスパ重視で、保存期間の長期化にこだわるあまり危険な添加物を使用しているケースもまだまだ多いですが、人工添加物の保存料が使用されていないからと言って極端に保存期間が短くなってしまうことはありません。先にご説明しましたが、人工添加物の使用されていないモグニャンでさえ3ヵ月程度は保存期間が保証されています。

モグニャンの公式HPはこちら

キャットフードは安全性も求めこそ意味がある!

モグニャンの原材料

以上のように、キャットフードはまず安全性重視で選ぶことが大切です。原材料や添加物に着目してこそ、その安全性を知ることができます。「国産だから」とか、「国外製だから」という目先の基準だけでは、本当の安全性を知ることはできません。

日本ではあまり知られていませんが、米国などには実際にペットフードを巡って裁判になったりすることもあるほどです。日本では近年になってようやくペットフードの安全性を意識する人が増えてきましたが、欧米では以前からペットフードの安全性に対する関心が高く、それだけに質の高いペットフードも多く発売されるようになってきています。

しかし、ペットフードの安全性に関心が高まってきているとはいっても、まだまだ日本国内では「国産の方が安心だから」といった「安全神話」に洗脳されている人も多いですし、「価格が高いから」という理由で安全性の高いキャットフードが敬遠されてしまっているのが現状です。

本当に安全性の高いキャットフードというのは、それによってどれだけの健康効果を期待できるか? ということと比例しています。粗悪な原材料を使用した安全性の低いキャットフードによって健康を害してしまえば、それこそ医療費などの負担も重くのしかかってしまいます。トータルのコストで考えると、安全性の低いキャットフードの方がコストがかかってしまうこともあるわけですね。目先の損得に惑わされず、本当に愛猫のためになるキャットフードを選んであげたいものですよね。

愛猫に合うキャットフード探しというのは、実はなかなか難しいものです。多くの場合、愛猫が何らかのアレルギーのような症状に悩まさることをきっかけにして、キャットフードの安全性に対して関心が高まっていくようです。残念ながら、そうしたきっかけでもなければ、本当に愛猫の健康について考える機会というものすらないのが実情なのです。

しかし、きっかけはどうあれ、愛猫の健康のために理想的なキャットフードを求めるのは悪いことではありません、結果としてキャットフードの安全性に対する知識も身に付きますし、それによって愛猫の健康が手に入るのであれば万々歳ではないでしょうか。

逆、愛猫と一緒に暮らす段階から安全性の高いキャットフードを与えていたとしたらどうでしょうか? 愛猫が成長してもアレルギーなどもなく、ずっと健康なまま過ごすことができたとしたら? やはりそれがもっとも理想ですよね。粗悪な原材料を使用した安全性の低いキャットフードが原因でアレルギーなどを起こしてしまうと、愛猫にとってはとても大きなストレスとなります。それが元で、間接的に寿命を縮めてしまうことにもなるのですから、たかがアレルギーだと看過することはできません。

一緒に生活するということは家族を迎えるということですので、そこは命を預かる責任というものも持たなければなりません。やや厳しい言い方になりますが、それが飼い主さんとしての自覚ということになるわけです。愛猫の健康を守るのは飼い主さんの仕事、そしてそんな飼い主さんの愛情を一身に受けつつ、その愛らしさで飼い主さんを癒すのが愛猫の仕事です。そのためにも、毎日の食事こそ安全性にこだわったものを与えるようにしましょう。

愛猫におすすめのプレミアムキャットフード!

市販されているキャットフードは人間が食べられないほど粗悪な原材料を使用し、人工添加物も大量に使用しているってご存じですか?

粗悪な原材料を使用しておらず、猫が引き起こしやすいアレルゲンや余計な添加物が入っていないプレミアムキャットフードは、人間の食材と同じ工場で製造・出荷されていることからとても安心して与えることが出来ます。

愛猫に健康で長生きしてもらいたいなら市販のキャットフードを与え続けることはNG!

愛猫の健康の為にもお安く手に入れるキャンペーンを利用してプレミアムキャットフードに切り替えてみてはいかがでしょうか!

モグニャンキャットフード

 

モグニャンの特徴は、新鮮な白身魚が贅沢に63%も使われているところです。低脂肪で高タンパクな白身魚は栄養満点で消化吸収にも良いです。魚は猫が大好きな香りなので、愛猫の食欲をそそります。

原材料の選定から粒の固さの調整まで、1つ1つを徹底的に吟味されています。
さらに、猫の消化に負担をかける穀物は一切使用せずに、良質な炭水化物源となるサツマイモを使用することで、グレインフリーを実現しています。

厳選された食材と栄養バランスにこだわったモグニャンキャットフードは、赤ちゃんからシニアまでずっと使えるキャットフードです。

モグニャンは子猫からシニア猫まで様々な年齢の愛猫がいる方も、モグニャンキャットフード1つで猫達の健康管理が出来るのでおすすめですよ!

モグニャンに含まれるその他原材料と効果

モグニャンは良質な白身魚の他にも

  • リンゴ
  • カボチャ
  • サツマイモ

などの食材が使われていて、食物繊維たっぷりでメリットがいっぱいです。

モグニャンのポイント!
  • カボチャには健康維持に役立つカロテンや、カリウムが豊富です。
  • グレインフリーの代わりにサツマイモを使用しているので消化が良く好評です。
  • カボチャとサツマイモは食物繊維が豊富なので、毎日のうんちをサポートします。
  • サーモンオイルが配合されています。

モグニャンの特徴として、サーモンオイルが含まれていますが、このサーモンオイルには「オメガ3・オメガ6」が含まれています。

オメガ3 ・オメガ6脂肪酸は抗炎症作用があるため、様々な身体の不調にはたらきかけてくれます。血液機能や皮膚炎にも効果があります。

モグニャン公式HPはこちら

カナガンキャットフード

 

原材料チキンの品質は?

カナガンもグレインフリー(穀物不使用)です。
モグニャンと同じくカナガンの特長の一つとして有名なのが、人間でも食べられるほど高品質な原材料を使用しています。

カナガンの主原料には猫がおいしく食べられるイギリス産の高品質な平飼いチキンです。

平飼いチキンは、仕切った鶏舎をいくつも積み重ねて飼育しておらず、地面で飼育することで余分なストレスをかけないよう育てられたチキンで、この新鮮なチキン生肉をミンチ状にし、高タンパクの乾燥チキンをブレンドされています。

さらにチキンには、タンパク質・ビタミン・リン・セレンといった成分が含まれています。

ちなみにセレンは健康を維持するのに大切な成分です。

カナガンも穀物の代わりにサツマイモを使用!

サツマイモは消化率が高く、穀物原料の代わりになる炭水化物源として注目されています。時間をかけて吸収されるため、身体に負担をかけません。

また、サツマイモは還元作用に優れ、健康と活力を維持しますが、サツマイモは、トウモロコシや小麦などと比べると高価なので、消化率が高い原材料でありながら、キャットフードで用いられることは多くありませんでした。

しかし、カナガンは消化に悪い穀物を使用せず、猫の消化に最適な原材料のみを使用したキャットフードなので、市販のキャットフードに比べるとやや値が張りますが、愛猫に健康で長生きしてもらうためには、カナガンのようなプレミアムキャットフードを与える価値があります。

カナガンに入っている海藻は栄養価が高く、ミネラルを豊富に含み、猫の健康を維持します。 海藻に含まれるヨウ素という成分が身体のコンディションを安定させます。

カナガンにはマリーゴールド・クランベリー・カモミールといったヘルシーな成分が配合されており、

  • マリーゴールドは、健康的で若々しい身体を維持します。
  • クランベリーは、猫にとって健康的な成分を豊富に含み、還元作用にも優れています。
  • リフレッシュ効果で知られるカモミールは、猫の快適な毎日をサポートします。

市販のキャットフードにも含まれるタウリンは、ほとんどの哺乳類が体内で合成できる物質ですが、猫はごく微量しか合成できないため、食事から必要な量を摂取するしかありません。

カナガンキャットフードにはタウリンが豊富に含まれているため、猫に適したフードと言えるでしょう。

生産国のイギリスはペット先進国なので、日本に比べ高品質なキャットフードを重視しており、安全性も国内のものより高くおすすめです。

パッキングまで完了した製品には、一袋一袋シリアル番号がつけられます。

その番号によって、生産日はもちろんのこと、どの原材料がいつどこから来たのかまでを完璧に把握することが出来ることも含めて原料だけではなく、製造・出荷までレベルの高いキャットフードです。

カナガンの公式HPはこちら

シンプリー

 

シンプリーの特徴は、サーモンをベースにニシンやマス、乾燥白身魚など73%も魚が配合されているところです。そして猫にとって消化が難しい穀類を排除したグレインフリーのキャットフードです。

シンプリーにはクランベリーが配合されています。クランベリーに含まれるキナ酸は、体のバランスを維持してくれます。

また、オリゴ糖も配合されています。オリゴ糖は食物繊維が豊富で毎朝のスッキリをサポートします。
他にもサツマイモや、ビタミンや鉄分を多く含むニンジン・りんご・ほうれん草を加え、猫の健康維持をサポートします。

シンプリーの特徴は、たっぷりと配合した豊富な魚と、1粒1粒を濃厚なフレーバーソースでコーティングした製法にあります。

生サーモンをベースに生マス、乾燥サーモン・ニシン・白身魚、さらには旨みが濃縮したサーモンスープをたっぷり73%以上も使用されています。

濃厚な香りが、袋を開けた瞬間から猫の食欲を刺激するので、食べムラのある猫におすすめです。

シンプリーのタンパク質の成分は以下のようになっています。

  • 骨抜き生サーモン(31%)
  • サツマイモ
  • 乾燥ニシン(12%)
  • 乾燥サーモン(11%)
  • ジャガイモ
  • サーモンオイル(8.1%)
  • 乾燥白身魚(6.5%)
  • 生マス(4.65%)
  • サーモンスープ(2.3%)

シンプリーの匂いは素材そのものの自然な匂いであり、人工の香料は一切使われておりません。

サーモンの匂いは、人間にとっては強く感じられるかもしれませんが、これは猫が大好きな匂いで、食いつきが良いことで有名です。

シンプリー公式HPはこちら

ジャガー

 

ジャガーの開発者は、採算度外視で本当に上質なフードを開発することを決意し、自らのこだわりを余すところなく詰め込んだそうです。

ジャガーの特徴は、新鮮なチキンと鴨の生肉を贅沢に使用していることです。本来肉食である猫が喜ぶおいしさになっています。

アスタキサンチンが豊富なサーモンや新鮮なマスをふんだんに使用し、高タンパクです。
このアスタキサンチンは、脳・目・肌・細胞の健康に効果があります。

その中でも眼精疲労の軽減と、糖尿病の合併症である糖尿病腎症の軽減に効果があります。

他にも人間の食品としても注目のスーパーフードであるアサイーやマルベリー、伝統ある滋養源の朝鮮人参が配合されていて、愛猫の健康維持をサポートします。
タンパク質が40%の割合なので、とても高タンパクなキャットフードです。

ジャガー公式HPはこちら

モグニャンキャットフードの安全性解説まとめ

モグニャン

キャットフードは、愛猫の主食となるものです。「総合栄養食」とも呼ばれるように、愛猫にとっては健康維持に欠かせない栄養の摂取先となるわけです。そんな主食に使用されている原材料が安全性の低いものであるならば、中長期的な視点で見れば何らかの健康被害を受けてしまう可能性も否めません。

また、キャットフードが栄養を摂取するためにも重要な主食であるにも関わらず、添加物がたくさん含まれていたりすることが愛猫のためになるとも思えません。

やはり、安全性の高いキャットフードというのは、原材料そのものにこだわりがあり、不要な添加物を避けて製造されるキャットフードにほかなりません。それが、愛猫のためのキャットフードであり、家族として一緒に過ごせる時間を伸ばすことにも繋がるわけです。

そもそも、添加物が使用される目的は、キャットフードの保存期間を伸ばしたり、食い付きを良くするためだけの目的であり、愛猫の健康を考えて添加されているわけではありません。

もちろん、添加物の中にも必要な添加物というものも存在します。例えば、高品質で栄養価の高いモグニャンであっても、加熱処理の際に失われてしまう栄養素を補う目的で、必要最低限の添加物が使用されています。そうした、必要な添加物を含めて考えても、着色料や香料といった添加物はやはり不要ですし、猫にとっては百害あって一利なしです。

さらに、安価なキャットフードには、粒のかさまし(嵩増し)に穀物が使用されています。穀物で効率よくかさましできるので、製造コストも低く抑えられるのです。

しかし、猫の食事に穀物は不要です。完全肉食性の猫なので、そもそも穀物の消化に適した腸でもないのです。穀物によって消化不良を起こしやすいので栄養の吸収率も下がりますし、既述のように穀物アレルギーのリスクだってあります。

モグニャンなら穀物は使用されていないので、アレルギーの心配もなければ消化不良や吸収率を気にしなくて済みます。それが、グレインフリーの強みでもあり、そういったこだわりのキャットフードこそが、おすすめキャットフードなのです。

キャットフードをはじめとしたペットフードは、その多くが大量生産を基準としています。そのため、製造コストを下げるための工夫として、そのしわ寄せが原材料などの安全性にも押し寄せているのです。そうした、メーカー側の”思惑”にハマってしまうことがないように、命を預かる飼い主として責任を持ったキャットフード選びを心掛けましょう。今や、「安価だからこそ選ぶ」という時代ではなく、「安全性が高いからこそ選ぶ」時代なのです。

モグニャンの公式HPはこちら

>最強の勝率アップツール「サイトセブン」

最強の勝率アップツール「サイトセブン」

データロボサイトセブンは、全国のサイトセブン加盟ホールの出玉データやホール情報・新台の打ち方などの機種情報がスマートフォン(Android&iPhone) から見られる、パチンコ・パチスロユーザーの情報ツールです。 パチンコ台の上部に設置されているランプのデータ(大当り一覧・大当り履歴・出玉推移グラフ) が、スマートフォンからいつでもリアルタイムで見る事が出来ます。 また、最新の機種から話題の機種までスペックの確認ができます。 たったの月々550円で出玉情報・癖・自分の台の最終結果を把握することが出来るので、パチンコ・スロットで勝ち続ける為には必須のツールと言えるでしょう。