ティッシュ

犬がティッシュを散かす理由・食べてしまった時の対処法を徹底解説!

「ちょっと買い物に行っていた間に、部屋の中がティッシュで散乱してて困る」

「犬がティッシュで遊んでいるうちに食べてしまった!」

「犬がティッシュを散らかしたり、食べてしまうのをやめさせたいけど、どうしたらいいかな・・・?」

こんなお悩みをおもちではありませんか?

実は、犬がティッシュを食べるのをやめさせるのは、きちんと飼い主さんが犬のことを理解し、丁寧にしつけてあげるなどすればたいして難しくありません。

今回は犬がティッシュが大好きで散らかしてしまう理由とティッシュを食べてしまった時の対処法について解説していきます。

犬がティッシュを散らかす・食べてしまった時の対処法

ティッシュ

犬がティッシュを食べてしまった時の対処法

基本はまず動物病院

ティッシュを食べてしまった時は、基本的にはすぐに動物病院で診てもらうべきです。

なぜなら、ある程度の量を食べてしまった場合、危険性がかなり高いからです。

ティッシュは水に溶ける性質でないため、胃の中で消化されません。そのため、消化管につまったまま排泄されない腸閉塞になってしまい、最悪の場合、死亡する危険があります。

便から排泄されるのでは?

「ティッシュはうんちとして排泄されるから大丈夫」という話を聞いたことがある方がいるかもしれません。

たしかに、ティッシュはひらひらの薄い紙なので、排泄されそうです。実際、中型~大型犬の場合は、少量のティッシュであれば排泄されるので、たいして問題ではありません。しばらくの間様子を見てあげて、おかしな点がなければこれまで通り普通にしていて大丈夫です。しかし、子犬や小型犬の場合は異なります。

子犬や小型犬の場合は、大型犬に比べて胃腸が小さく弱いため、たとえ少量のティッシュであっても、消化はできませんし、消化管を通過することもできません。そのため、飼っている犬が小型の場合は特に注意が必要です。

ティッシュが排泄されないでいるとどうなるの?

ではさらにティッシュが体から排泄されないままでいると、一体どうなってしまうのでしょうか。

それは、腸閉塞を引き起こしてしまい、最悪の場合は命の危険が生じます。

  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 排便がない
  • 便秘・下痢

これら4つが主な症状ですが、これに加え元気がなくなり、長引けば体重が減少していってしまいますので、気づいた時には結構時間がたっている場合が多いです。

ティッシュが原因で腸閉塞を起こした場合の治療法は?

犬の腸閉塞の治療法としては、主に外科手術が一般的です。腸の整復や飲み込んだ異物の除去を行います。さらに手術となれば検査や入院も必要となり、相当な治療費がかかってきてしまいます。

手術のことを考えると、大切なワンちゃんがかわいそうになってきます。ですが、食べてしまったときの対処法としては必要なことです。飼い主さんの覚悟も問われてきます。

迷ったらすぐに動物病院へ行きましょう

このように、異物を飲み込んだ場合には、まずは動物病院での受診が基本です。

大型犬で、本当にごく少量しか食べてないとはっきりわかっているなら、様子見をすればいいです。しかし、どのくらい食べたのか分からないなら、ちゃんと検査したほうがいいでしょう。

何もなければ安心ですし、万が一何かあったときは早く対処したほうが治療にはいいですからね。

ティッシュを食べないように事前に防止するためには

ティッシュを食べないように事前に防止するための方法は次の3つです。

  • 近くに置かない
  • ケージに入れる
  • ちゃんとしつける

それぞれ解説します。

近くに置かない

近くに置かなければ触ることも興味をもつこともありません。

ティッシュを本棚や冷蔵庫の上に置くなどして犬から見えないように隠してしまいましょう。あるいは、犬が行動できる部屋を限定して、そこには何も置かないようにしてしまうという方法もあります。

飼い主さんの工夫次第で、いろいろな方法で犬から物を遠ざけることができそうですね。

ケージに入れる

特に飼い主さんが留守にしている間だけ、ケージに入れてしまうという方法です。ケージに入れてしまえば、ティッシュを見つけてしまっても届かないのでいたずらする心配がありません。

仕事や買い物など、どうしても家を留守にしなければいけない時があると思います。そのようなときだけケージに入れ、帰ってきたらご褒美としておやつをあげれば、犬はケージで待つことにも慣れるでしょう。

たしかに、それまでは家の中を自由にさせていたのに、急にケージに入れてしまうと、飼い主さんとしてはかわいそうになってしまうかもしれません。しかし、事前にハウストレーニングをしておき、そこが安全で安心できる場所だということを伝えておけば、全く問題ありません。さらに災害時の安全確保にも役立つのでぜひケージに慣れさせておきましょう。

ティッシュを食べないようにしつける

上記のハウストレーニングに加えて、「離せ」も教えておくといざというときに役立ちます。

犬がティッシュを口にくわえたときにすぐに取ろうとすると、犬はそれを取られないように飲み込む習性があります。このとき、「口から離しなさい」という命令を飼い主がしたらちゃんと離すようになるのが「離せ」のしつけです。

ティッシュであれば基本的に手の届かないところに置くので大丈夫ですが、外の散歩のときや家の中で目を離したときに危険なもの(たばこ、電池、乾燥剤など)をくわえたときに役に立つのでぜひ覚えさせましょう。

犬がティッシュを散らかしたり食べようとしたりする理由

うつ伏せ犬

犬がティッシュを食べてしまった時の対処法は分かりましたね!
では犬がティッシュを散らかしたり、さらには食べたりしてしまうのはなぜなのでしょうか?

それは主に次の3つの理由からです。

  • 好奇心
  • 食べ物と勘違い
  • 退屈・ストレス

これら3つをもう少し細かく見ていきましょう!

好奇心

ひらひら動くものへの単なる好奇心から触ってみたり、なめてみたりしています。特に子犬にこの傾向が強いです。

箱から次から次へと出てくるのに夢中になって遊んで散らかし、何度もカミカミしているうちに小さくなったのをそのままゴクンと飲んだりしてしまいます。

食べ物と勘違い

ティッシュを噛むとほのかな甘味が感じられます。また食べ物・飲み物を拭いたものも美味しい匂い・味がするので食べてしまいます。

またこうした経験を繰り返すことでティッシュを食べ物と勘違いしてしまっているようです。

退屈・ストレス

飼い主さんが留守にしている間など、退屈でたまたま目に入った近くの小物を散らかしたり食べたりします。

また、隣の家が工事をしているときなど、家にいてストレスを感じる場合にもこのような行動をすることがあります。

ストレスを感じている様子で、ティッシュだけでなく他の家具も噛み付いて破ったり壊してしまうようなら、早めに動物病院などに相談してみてください。

注意すべき!犬が誤飲しやすいものとは?

ペンを咥える犬

犬が異物誤飲しやすいものについて、知っておいたほうがいいかと思います。

それはティッシュ以外にも、いろんな物に興味をもって食べてしまうからです。

特に若い犬にその傾向が強いようです。元気でなんにでも興味をもつのはいいことなのですが、絶対に口に入れさせてはいけないものもあります。飼い主さんは注意してくださいね。

そこで、犬が誤飲すると危険なモノをご紹介していきます。

犬が食べると非常に危険なもの

  • たばこ
  • 漂白剤
  • 糸やひも状のもの
  • 画びょう、串、針など

いずれも原因や症状は異なりますが、一度飲み込めば腸閉塞を引き起こしたり、消化管に傷をつけてしまったり、他の臓器を傷つけたりするかなり危険度が高いものです。たばこや漂白剤は少量でもその成分(ニコチン、次亜塩素酸ナトリウム)が異変(嘔吐・下痢・痙攣など)を生じさせます。

危険な成分が入っているもの

  • 保冷剤
  • 乾燥剤

小さいものであれば薬を使って吐かせたり胃洗浄によって体内から取り除くことができます。大きめのものはこれらの方法では取り除けず、腸につまるおそれがあるため早急に対応する必要があります。

量によっては危険

  • ティッシュやペットシーツ
  • 食用油
  • 使い捨てカイロ

ある程度の量を飲んでしまった時やその可能性がある場合には早めに動物病院で受診しましょう。酒や油のような液状のものは吸収が早く、重篤化しやすいので注意が必要です。

状態によっては危険

  • 布製のもの(タオル、靴下など)
  • 電池
  • おもちゃ
  • 硬貨
  • プラスチック

電池や硬貨は症状がなくても受診しましょう。その他のものも、素材や大きさによって排泄されず腸閉塞を起こしかねません。かかりつけの病院に連絡してみて指示を仰ぐといいでしょう。

さらには、私たち人間の嗜好品・食べ物(チョコレート、ネギ類、ぶどう、コーヒー・紅茶)や観葉植物も危険になる場合があります。また観葉植物には犬にとって毒性があるものもあるのでしっかり注意して確認しましょう。

どれも私たち人間の身近にあるものばかりなので、つい近くに置いておいてしまうこともあるかもしれません。ですが、今回あらためて意識することで、これらのものを犬からなるべく遠ざけようと思ったのではないでしょうか。これが参考になればうれしいです。

愛犬におすすめのプレミアムドックフード5選+サプリ!

市販されているドッグフードの多くは人間が食べられないほど粗悪な原材料を使用し、添加物を大量に使っているってご存じですか?

愛犬の健康のためにドックフードの選定はとっても大切です!

犬が消化を苦手とする穀物が入っていないグレインフリーや人工添加物不使用といった品質の高いドックフードを愛犬に与えることで、病気のリスク軽減はもちろん「毛並みの改善・涙やけ・肥満・関節のトラブル」などを改善する事が可能です。

市販のドッグフードよりも少々価格が高いものが多いですが、人間の食材と同じ工場で製造・出荷されたプレミアムドッグフードはメリットが沢山あります。

モグワンドッグフード

 

モグワンはヒューマングレードの原材料が使われているドッグフードで、

ヒューマングレードとは、人間の食品安全基準に当てはまるほど安全な原材料で作られているという意味です。市販されている安価なドッグフードは、4Dミートといって粗悪な肉が使われていることがあります。

何の肉かを明記していない(チキンミール、家禽ミール、ポークミールなど)のざっくりとした表記の場合は、4Dミートを疑った方がよいでしょう。

モグワンドッグフードは、新鮮なチキン生肉と生サーモンをたくさん使った高タンパクなフードで、イギリスで生産されています。

イギリスなどのペット先進国は、ペットに対する意識が高いので、ドッグフードについても安全で栄養価が高いのでおすすめです。

動物性タンパク質の割合は50%以上あり、とても高タンパクです。また、着色料・香料不使用な点も安心できるところですね!

子犬から老犬までどの子でも安心して食べられるように作られているので安心できるプレミアムドッグフードです。

商品名モグワンドッグフード
内容量1.8㎏
特徴・良質のたんぱく質・脂質のサーモン&チキンが豊富
・サーモンには、抗酸化成分・抗炎症作用があり炎症を抑える働きがある
・運動不足になりがちな犬におすすめ
・7mmと小粒なので、口の小さい犬でも食べやすい
・完全無添加・グレインフリーなので、涙やけ予防になる
通常購入価格3,960円(税抜)
定期購入価格3,564円(税抜)最大20%OFF

完全無添加・グレインフリーのおすすめドッグフード「モグワン」は下のボタンから!

モグワン公式サイトはこちら

モグキューブドッグフード

 

モグキューブは、ニュージーランド産のラム肉を使用してつくられているドッグフードです。ラム肉は、エネルギー供給をサポートする「L-カルチニン」が豊富なお肉です。

ラム肉+フリーズドライ製法で作られているところがとても珍しいドッグフードで、この製法だと素材の栄養や風味が損なわれないといったメリットが多く、食いつきの良いおいしいドッグフードになります。

キューブ状なので、そのまま与えるのもOK!ですし、もちろんお湯でふやかしたり、ドライフードのトッピングとしても使えます。

食いつきが良いドッグフードなので、食欲がないときにドライフードに混ぜたり、おやつとして与える飼い主さんも多くみられます。

また、モグキューブには「緑イ貝」という貝が使われています。この緑イ貝は「グルコサミン・コンドロイチン、オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸」といった成分が豊富に含まれています。

これらの栄養素は、関節が弱い犬種の関節サポートに役立つ成分です。さらにオメガ3脂肪酸には炎症を鎮める効果があります。

モグキューブに含まれるブロッコリーは野菜の中でも食物繊維が豊富で、腸内環境が改善される為「便秘・下痢・涙やけ」が気になる愛犬がいる家庭におすすめ出来ます。

メモグキューブは他のドッグフードと比べて、カロリー・脂質が高くなっています。活動する犬向けにつくられたフードなので、お散歩好きなトイプードルなどの犬種を飼っている方から高い人気を起こっています。

商品名モグキューブ
内容量1袋425g
特徴・運動と栄養の両方が補える
・原材料に、ラム肉・ブロッコリー・緑イ貝など運動能力向上・健康維持に効く
・ニュージーランド産のラム肉で上質で安全
・ブロッコリーは食物繊維もありお通じに効果あり
・フリーズドライ製法で栄養が逃げず豊富
・柔らかくて手で崩れるので食べやすい大きさに変えられる
・パピーや老犬など飲み込めない子で安心して食べられる
通常購入価格4,960円(税抜)
定期購入価格4,464円最大20%OFF

柔らかく食べやすい大きさにして与えれる、高品質で栄養豊富なプレミアムドッグフード「モグキューブ」の購入はこちらから!

モグキューブの公式サイトはこちら

カナガンドッグフード

 

カナガンはイギリス産のグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードです。穀物不使用なので、アレルギーを起こす心配が少ないフードです。また、犬はもともと肉食動物のため、穀物を消化するのが苦手です。

カナガンの特徴は、動物性タンパク・野菜・ハーブなどの厳選した素材をブレンドしているため、犬に最適な栄養素をバランスよく摂取できるところです。

食物繊維が豊富なサツマイモが使われているため、腸内環境の改善に役立ちます。

サツマイモはトウモロコシや小麦と比べると高価なため、以前はドッグフードにはあまり使用されていませんでしたが、消化不良・アレルギーを起こしにくいので、犬の健康をしっかり考えている飼い主さんから人気があります。

また、カナガンにはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれた海藻が使われています。

生産国であるイギリスは、日本と違って「ペット先進国」として有名で、ペットに対する意識が高く安全基準が厳しい国なので、市販の国産品を与えるよりも安心して食べてもらえます。

商品名カナガン(ドッグフード)
販売会社株式会社レティシアン
カナガンの特徴小粒で子犬でも食べやすい
高たんぱく・低炭水化物
穀物不使用(グレインフリー)
香料・着色料等の添加物を使用していない
人間の食品工場で加工・出荷
オメガ3・オメガ6配合
カナガンの原材料骨抜きチキン生肉、乾燥チキン、海藻、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆など
カナガンの価格3,960円(最大20%OFFキャンペーン中!)
カナガンの容量2kg


カナガンの公式サイトはこちら

ピッコロドッグフード

 

ピッコロはシニア犬向けにつくられたドックフードです。そのため、シニア犬やあまり運動をしないトイプードルにおすすめできます。

ピッコロは、チキンとサーモンが原材料の70%も配合されています。他のドッグフードと比べてとても高い数字です。高品質・高タンパク・ヒューマングレードなので安心して食べられます。

また、ピッコロはドッグフードに珍しい「フラクトオリゴ糖」を配合しています。

フラクトオリゴ糖とは?

難消化性のオリゴ糖です。他のオリゴ糖と違い、野菜や果物に含まれ、砂糖に近い甘みがあります。
アレルギーもなく安全で、人間でも妊娠中の方や乳幼児でも問題なく摂取できます。

フラクトオリゴ糖はメリットいっぱい!
  1. 善玉菌を増やす
  2. 腸内環境の整備
  3. 骨の強化

といった効果があります。
腸内環境を整えてくれるので、涙やけが気になる犬種やシニア犬におすすめです。

また、ピッコロは人工の香料は使用していません。自然の香りだけで、犬の食欲をそそる香りになっています。

商品名ピッコロ(ドッグフード)
販売会社株式会社レティシアン
ピッコロの特徴関節軟骨成分が3種類配合されている
脂質とカロリーが控えめ
穀物不使用(グレインフリー)
香料・着色料等の添加物を使用していない
獣医師の95%が推奨するドッグフード
ピッコロの原材料骨抜きチキン生肉、骨抜き生サーモン、乾燥チキン、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆、乾燥サーモン等
ピッコロの価格3,960円(初回半額キャンペーン中!)
ピッコロの容量1.5kg


ピッコロの公式サイトはこちら

このこのごはん【涙やけにおすすめ】

 

このこのごはんは、小型犬専用のドックフードであり小型犬の悩みである「体臭」「毛並み」「涙やけ」などの対策を考えて作られています。

小型犬用に作られているので、ドックフードの粒もモグワンに近い7ミリ~8ミリのミニサイズです。口の小さな子や小型犬や老犬なども安心して食べられますね。

ドックフードの袋もジッパータイプなので、袋のまま保管できて安心です。

このこのごはんは、穀物完全不使用ではなく、玄米など栄養に良い穀物が含まれています。
穀物でもアレルギーの原因になりやすい小麦やトウモロコシは含まれていません。

ただし、完全穀物不使用でないので、穀物アレルギーの子の場合は獣医に相談してから決めましょう。

原材料のささみや鹿肉、モリンガ・乳酸菌などは、消化を促進し老廃物を排出させる効果があり涙管の詰まりで起こる涙やけを改善する効果があります。

他にも腸内環境を整え体臭や口臭の改善、毛並みなどの改善効果もあります。


このこのごはんの詳細はこちら

【犬用腎臓サプリ】ジナース

ジナースは犬の管理栄養士と共同開発して、シニア犬に多い腎臓病のケアの為に作られた「ふりかけタイプ」の犬用サプリメントです。

愛犬にジナースを与えることにより

  • 腎臓の負担軽減
  • 合併症対策
  • 筋肉分解の防止

一度悪くなった腎臓は良くなることはほぼありませんので、食事療法に加えジナースのような腎臓病ケアサプリメントを利用して、いかに腎臓への負担を軽くするかとても大切になってきます。

そこで、ジナースには腎臓の大きな役割である「ろ過機能」を手伝う成分が含まれているので、ただ食事療法だけよりも「老廃物の除去や排出」といった腎臓病ケアにかなり効果的なサプリといえます。

ふりかけタイプのサプリメントは愛犬に与えるのに時間もかからず、簡単に腎臓ケアが出来ることから非常に好評なサプリメントです。

今なら最大66%キャンペーンでお得に買える定期コースを利用している方が多いようです。


ジナースの詳細はこちら

関連記事

人間と同じく犬も一度悪くなってしまってしまった腎臓機能は良くならないので、飼い主さんが愛犬にしてあげられる事は腎臓の負担を軽くすることです。 愛犬の腎臓を力強くサポートしてくれる成分を配合したジナースは腎臓機能が低下したワンちゃんのケ[…]

dog-Supplement-care-jina-su

犬がティッシュを散かす理由・食べてしまった時の対処法まとめ

パソコンと犬

ここまでの内容をまとめます。

  • 犬がティッシュを散らかしたり・食べたりするときの対処法として、基本的にはまずは動物病院へ行くことが大事
  • 犬がティッシュを散らかしたり食べたりする理由は、主として好奇心、食べ物と勘違い、退屈・ストレス
  • 異物誤飲しやすい物が人間の身近にたくさんあるので一つ一つ注意すること

いかがでしたか?

犬がティッシュを散らかしたり、食べてしまうのは理由があります。

飼い主さんがしっかり細かい点に気を配りつつ、きちんとしつけること。これでこの悩みは解決できます。飼い主さんだって、疲れているときもあるだろうし、仕事などで長い時間外出しなければならないこともあると思います。それに、「ハウストレーニング」や「離せ」をしつけるのは、結構根気のいることです。

それでも、万が一のことを考えれば、ちゃんと管理してあげることが、今後の健康にもつながります。病気になることなく、元気で健康でいてほしいというのが飼い主さんの心からの願いだと思います。

愛犬がティッシュを散かしてしまう理由を理解することで、飼い主さんが愛犬の気持ちをちゃんと理解し対処することが出来るかと思います。今後もずっと大好きな愛犬と一緒にいるわけなので、この際だからと思ってしっかり躾ることも大切ですね!

>最強の勝率アップツール「サイトセブン」

最強の勝率アップツール「サイトセブン」

データロボサイトセブンは、全国のサイトセブン加盟ホールの出玉データやホール情報・新台の打ち方などの機種情報がスマートフォン(Android&iPhone) から見られる、パチンコ・パチスロユーザーの情報ツールです。 パチンコ台の上部に設置されているランプのデータ(大当り一覧・大当り履歴・出玉推移グラフ) が、スマートフォンからいつでもリアルタイムで見る事が出来ます。 また、最新の機種から話題の機種までスペックの確認ができます。 たったの月々550円で出玉情報・癖・自分の台の最終結果を把握することが出来るので、パチンコ・スロットで勝ち続ける為には必須のツールと言えるでしょう。