freelance-work

【本当に向いてる?】フリーランスの働き方や仕事・職種を解説!

フリーランスと聞いて、皆さんはどのような印象を持っているでしょうか?自分の自由なペースで仕事ができるから、時間が有効的に使うことができるというように考えている方もいるでしょうし、大変だなあと感じる人もいらっしゃるでしょう。

そんなフリーランスとしての働き方というのはどのようなものなのでしょうか。フリーランスという言葉には、何となくかもしれませんが、良い響きもありますし、うらやましいと考える人もいるのではないかと思います。

しかし、その実情についてはなかなかわからないことが多いですので、非常に見えにくいものがあります。今回は、そんなフリーランとしての働き方についてお伝えしていきたいと思います。

まずフリーランスとは何か?を考えてみよう

freelance-work

フリーランスというのは、会社組織などに一切属さないで仕事を契約する人のことを指します。ここでいう「フリー」については、「自由」という抽象的な言い方というよりも、「拘束されない」というような意味合いとして考えていただきたいです。

サラリーマンは、仕事をしていった結果の対価として給料をもらうことになるのですが、フリーランスの方の場合は報酬を得るということになります。

フリーランスとして働く人は、主に以下のような職種をしている方が多くいらっしゃいます。

  • 記者
  • 編集者
  • ライター
  • デザイナー
  • イラストレーター
  • システムエンジニア
  • プログラマー

これらの仕事をしている方が多いです。

フリーランスという言葉と同じように使われるものに個人事業主というものがあります。

これは、同じように見られがちですが、実は微妙に異なっています。個人事業主というのは、株式会社などの法人格を持つことなく個人で事業を営んでいる人のことを指します。

一方で、フリーランスは、特定の企業や組織に属さずに、仕事ごとに契約を結ぶ働き方を指します。

つまり、個人事業主は税務上の所得区分のことを言って、フリーランスは契約や働き方のことを意味しています。そのため、どちらもかぶるところがありますが、基本的にフリーランスで法人を立ち上げていなければ個人事業主であるということになります。

スタート時には、個人事業主として独立をして、徐々に事業の拡大を図っていき、その結果として法人を設立したことによって、フリーランスになるという人もいらっしゃいます。

 

フリーランスとして働くためにはその生き方を明確にしておくこと

freelance-work

会社組織の中でサラリーマン的な生き方も間違っていない生き方ではあるのですが、会社の組織にいることに苦痛を感じたり、自分の意思にそぐわないということになれば、フリーランスとして生きていくしかありません。

ただ、漠然と会社組織にそぐわないというだけでフリーランスが務まるかというと決してそうではありません。すべてが自分の思い通りに進められるということではないです。ビジネスを行う上では必ず相手があります。

一人で仕事はそのほとんどにおいては行うことができませんので、自分だけを考えればいいということではありません。ただ、フリーランスを選ぶ上においては、おそらくその人の価値観がサラリーマンとは異なるからフリーランスを選んでいると考えることができるでしょう。

価値観というのは、同じフリーランスというくくりの中で見たとしても決して同じであるということではありません。フリーランス内であっても複数の価値観が存在しているのはある意味当然のことではないでしょうか。

例えば、「仕事の充実さよりも人生それ自体の充実を優先にしている」ということだったり、「体力面だけではなく精神面の健康を最優先にして決して無理はしない」、「給料の高さや収入の多さよりもゆとりのある時間を優先する」ということなどです。

おそらく、サラリーマンをしている時やそういう姿を見ていたりということで自分はこういった生き方をしたいということや、優先するものをサラリーマンとは異なる視点で持つようになってくることで、価値観を見出していくことになってきます。

ただ、往々にしてフリーランスの方々に共通しているといえることは、人生における仕事に対しての優先度は決して高くないということです。そのような価値観を持っている人は多いといえますので、自分にとって嫌な仕事というのは絶対にしないスタンスであることは間違いありません。

サラリーマンでいる以上は、自分にとって嫌な仕事であったとしても、生活をしていくためには、多少の我慢はしていなければいけません。でも、サラリーマンからしてみれば、そんなことなんて当たり前というようなことでしょう。

でも、フリーランスという立ち位置からしてみれば、そこまでしてまでもお金を稼ぐという考えは持っていないということになります。そういった方ばかりではないですが、オーバーワークしてまで無理してまで仕事をしなければいけないという考えはあまり考えていないということです。

逆に、サラリーマンをやっていては満足できる給料が入ってこないわけですので、フリーランスであればすべては自分でしなければいけませんが、報酬は100%自分のものになるということでは、非常においしいと考えることもできます。

フリーランスの仕事の進め方とは?

フリーランスと会社で働くサラリーマンと比較するとわかりやすいと思います。サラリーマンはご存知の通り、企業などの組織に属した形で仕事を進めていき、給料を得るという形をとっています。

その他の異なるところを見ていきましょう。

まずは、仕事は自分でつかみ取っていくかどうかということです。サラリーマンは企業に入社した段階でするべき仕事が決まっていて、企業内で抱えている案件をこなしていくというのが一般的です。

一方でフリーランスは、当然ながら何を自分の仕事としていくのかということを自分自身で決めたうえで、仕事自体も自分自身でつかみ取っていかなければいけません。

サラリーマンの中でも営業職のように企業に属した中において自分自身で仕事を勝ち取っていくというような職種もあるのは事実ですが、企業にいる以上、仕事を進めるにあたっての流れやノウハウのようなものは会社が準備してくれますので、それに則ていれば仕事はできます。

フリーランスは、仕事を獲得していくための環境づくりからスタートしなければいけませんので、根本から違うといってもいいでしょう。

次は、契約の違いです。サラリーマンは企業に属して、企業が定めた仕事内容や勤務時間などのルールや就業規則というようなものに従って働いていきます。一方でフリーランスの場合は、クライアントとなり得る企業などのところと業務委託契約を結ぶことが多いです。

業務委託契約は、企業内で行われている業務の一部について、外部の企業やフリーランスの方に依頼して契約を結ぶことを言います。

この業務委託契約を結ぶことになりますと、納期のような着地点は決められているものの、着地点までにおける時間配分などについては自由に設定することが可能になることが多くなります。

業務は委託されていても、その企業内で働く社員ということではありませんので、週休2日で一日8時間勤務を義務付けられているわけではありませんので、提示を決めることなく働くことが可能です。

こういったことによって、フリーランスというものは育児や家事の合間の時間を有効的に活用したいという方にとっても大きなメリットとなり、働きやすくなるといえるでしょう。

ある程度の時間の融通は効くものの、そのすべてに自由があるということでもありません。契約を結んだ企業の取り決めには従わなければいけませんので、会議や打ち合わせなどがあれば、その時間は厳守しなければいけません。

最後は、税金についてのことはすべて自分で行わなければいけないということです。サラリーマンであれば、企業が年末調整を行ってくれますので簡単な処理だけで済ませることができるのですが、フリーランスはそうはいきません。

フリーランスの場合では、毎年2月から3月ごろの年度末に確定申告を行わなければいけません。1年間でどのくらいの売り上げがあり、経費を使い、利益が出たのかをすべて示して、そこから導き出された税金をいくら納めればいいのかということを税務署に申告します。

これらが、フリーランスの特徴的なことといえると考えます。フリーランスの場合は、会社に属していませんので、仕事をしていく中ですべてのことを自分自身で行わなければいけません。会社が何から何までやってくれるというようなことは不可能です。非常に大変です。

 

どのような人がフリーランスとして向いているのか?

freelance-work

自分自身が果たしてフリーランスとして向いているのかということは自分ではなかなか第三者的には見つめることは難しいことではないでしょうか?

そもそもフリーランスとして自分が向いているだろうかということについては不安要素の一つといえます。ここからは、フリーランスに向いている人の特徴を挙げていきますので、自分自身に当てはめてみましょう。ある程度参考になると思います。

 

①自己管理ができる人

ここは超基本的なことかもしれませんが、フリーランスとなれば、自分の仕事の予定などの管理をすべて誰の助けを借りることなく自分自身で行っていかなければいけません。

特に、委託を受けた案件に対してはほぼすべてにおいて納期のような終わりが指定されていますので、それを守らなければいけないということは当然であり、必須事項です。そうするためには、計画的に仕事を進めるためにもスケジューリングが大切になります。

また、管理するのは時間だけではありません。もしかすると時間以上に大切かもしれないのが、体調管理です。まさに身体というのは仕事をするにおいて資本といえる大切なものです。無理なスケジューリングをしてしまうことで体調を崩してしまえば元も子もありません。

体調管理ができずに、身体を壊して仕事ができないということになると、サラリーマンであれば有給休暇などの救済措置のようなものがありますが、フリーランスにはそういったことが一切ありませんので、仕事に復帰するまでは収入が一切途絶えてしまいます。

ですから、持続的に買う多くの案件をこなしていくためには、フリーランスだからこそ、自分の身体と相談しながら業務量の調整をしていったり、納期を厳守できるスケジューリングをしていかなければいけない必要があります。

このように時間管理や体調管理などの自己管理について得意であるというような方にとってはフリーランスは非常にやりがいがあるのかもしれません。

 

②いろいろな環境に適応できる柔軟性を持ち合わせている人

フリーランスは、基本的にはいろいろなクライアント間で自由に契約を結ぶことができますが、その契約体系についてはクライアントごとに異なっていることがほとんどです。

フリーランスあるあるとまでは言えないかもしれませんが、場合によっては急遽仕事の案件がなくなってしまうこともありますので、そうなってしまうと当然収入を確保しなければいけませんから、別の案件を探していかなければいけない場面もあり得ます。

そういった状況になったとしても、柔軟に対応していかなければいけませんので、そういったスキルを持っていることがかなり重要なことといえます。

また、柔軟性ということでいいますと、ライターを職として行っている場合によくあることなのですが、クライアント先のメディアとしての方針が変わってしまい、ライティングルールが大きさは大小まちまちではあるのですが、変わってしまうということがあります。

そのため、記事をせっかく書き上げたにもかかわらず、その後にルール変更が急遽入ってしまったために、書き直しになってしまうということも良くあります。正直、そういった時には心の中で「なんでやねん!」と叫びたくなります。

しかし、相手は大切なクライアントで、自分の生活を成り立たせるための大切なところですので、イラっとしてしまうこともあるでしょうが、そこはそういうものだと割り切らなければ、この世界では少々難しいといわざるを得ません。

③仕事を積極的に勝ち取ることができる人

前項でもご紹介したように、フリーランスというのは、常に同じクライアントと仕事ができればいいのですが、急に仕事が終了してしまうということも日常茶飯事といってもいいくらい起こり得ます。

一定の収入を継続的に得るためにも、このような状況ということをいつにおいても常に予想しながら仕事を獲得していくべく積極的に活づしていなければいけません。

同じところに継続的に受注できているという状況があることによって、その状況が当たり前についなってしまいがちですが、そこに依存するようなことになってしまうと、それを原因にして営業を怠ってしまうことになり、仕事が急になくなってしまった時に困ってしまうということにもなりかねません。

常に、案件の状況や情報などを常にチェックして継続受注している案件の納期に影響が出ない程度に新たな案件にもアプローチしておくようにしておかなければいけせん。

 

④今よりも収入をアップさせたいという野望を持っている人

フリーランスとなると、サラリーマン時代の時よりも収入が増えてくるということも決して珍しいことではありません。特にサラリーマンの場合においては、給料体系が年功序列になっているという場合であれば、なおのことでしょう。

サラリーマンは、会社の方針によって仕事を割り振られて、その中で仕事をこなすというか行っていくということが通常であって、そこから給料を得るというシステムの中で生きています。

しかし、フリーランスの場合には、自分自身で仕事を勝ち取っていき、その報酬というのはすべて自分自身のものになるのです。

サラリーマンの時に成果に応じて収入を得ることができなかったという場合であってもそれを悩んでいても、自分が持っているスキルをフル活用して仕事を取っていくことができれば、サラリーマン時代の給料ははるかに越していくことも可能です。

⑤一人で仕事をしていくことに対して抵抗感がない人

フリーランスというのは、職種にもよりますが、一人ですべての業務を行っていくということは良くある話ですし、そういうパターンがほとんどといってもいいのかもしれません。

よって、サラリーマン時代に会社で黙々と作業をすることが得意であったというような方においては、フリーランスとしての業務も苦にならない可能性が高いと言ってもいいと考えられます。

逆に、一人になってしまうとさぼってしまう傾向があるという方や、自分の行動を律することができないというような方は注意が必要です。

もし、自宅で作業をするのが苦手というような方は、カフェや図書館などを利用するというのもいいかもしれません。近年では、フリーランスの方向けに提供されているコワーキングスペースといわれるような作業スペースも提供され普及しています。

フリーランスの割合が多いとされる職業とは?

freelance-work-note-pc

ここからは、フリーランスを名乗ったうえで仕事をしている方が多いとされている職業にはどのようなものがあるのかということをご紹介していきましょう。

①ライター

freelance-work-Writer

ライターとは、いわゆる物書きということなのですが、ライティングしていくジャンルについては、非常に多くのものがあります。主なものをご紹介してみると以下のようになります。

  • 記者
  • コラムニスト
  • WEBライター
  • 翻訳ライター
  • コピーライター
  • テクニカルライター
  • 動画編集・作成

例えば、記者やコラムニストというのは、取材に基づいて記事の執筆の関わっていきます。その中でライターの方の主観も含まれた上での記事の執筆ということになります。

WEBライターについては、主にWEBメディアでの記事の執筆をする人です。それぞれのジャンルに強くなければ、訴えかけることはできませんので、それなりの知識が求められます。

テクニカルライターとはあまり聞きなれない職種でしょうが、取扱説明書の作成を行うライターです。その商品の概要はもちろん、その詳細についても知り尽くしていなければ取扱説明書の作成はできませんので、大変な仕事でもあります。

 

②編集者

freelance-work-man

編集者は、書籍や雑誌だけではなく、WEBのコンテンツ関係のメディアの企画・編集を行っている職種です。出版物やWEBコンテンツの制作に関するすべてに関わってくるとても大切なポジションであるといえます。

規格に基づいたデザインや文章、写真などをそれぞれにおいてライターやデザイナー、カメラマンに依頼してそれを管理するというディレクター的な業務も行いますし、編集者自身が記事自体を執筆することもあります。

そういうことからも、ライティングから構成のスキルにとどまることなく、マネジメントスキルという点でも求められるということになるのです。

③イラストレーター・デザイナー

freelance-work-Illustrator

イラストレーターの仕事では、雑誌や書籍、カタログのイラスト政策関わる仕事をします。また、ゲームキャラクターのイラスト担当を行う場合もあります。

デザイナーでは、グラフィックデザイナーやWEBデザイナー、3Dデザイナーなどの職種があります。

グラフィックデザイナーは新聞や雑誌の広告、各種ポスターのデザインをしていき、WEBデザイナーはWEBサイトのデザインを行います。

また、3Dデザイナーは、主にはアニメやゲーム業界、建築業界でも活躍が期待できる職種となっています。平面のいわゆる2Dデザイナーが作成したものをベースにして、立体化させた3Dグラフィックスを作り上げていきます。

デザイナーは、IllustratorやPhotoshopというようなソフトを利用して制作をしていきますので、ソフトに対してのスキルが必須要件になります。3DデザイナーはCG作成が可能なツールが使えるスキルはもちろん必須になりますし、デッサンスキルも必要です。

 

④マーケッター

freelance-work

マーケッターもしくはマーケターとは、あまり聞きなれないかもしれませんが、マーケティング(市場調査)を行う人のことを言います。

マーケッターは、自分の得意としている商品やサービスといったものについての市場調査を実施して、それに基づいた開発や販売促進を行っていく職種となっています。

企業における経営戦略など活動すべてに関わって経営陣の迅速な意思決定のために尽力していきます。すなわち、商品やサービスの「売れる仕組み」を作り上げて行く職業と言っていいのではないでしょうか。

ここでは、企業のデータ活用のために使って行くためのビジネスインテリジェンス(BI)ツールや、WEBのマーケッターである場合は、検索エンジン最適化(SEO)、ランディングページ(LPO)、GoogleAnalyticsなどの解析ツールに関してのより高度なスキルが求められてきます。

 

フリーランスとやって行く前にすべきこととは何か?

freelance-work-woman

これからフリーランスとしてやっていくために、しておくべきことがいくつかありますので確認しておきましょう。

ひとつ目は、「本当に自分は独立をするべきなのかどうか」ということです。要するのフリーランスとしてやっていくための覚悟があるのかということと言い換えてもいいでしょう。独立志向の方の間違った傾向として以下のことが考えられます。

  1. 日々同じことの繰り返しに飽きたし疲れた
  2. 会社の規則に縛られるのが嫌だ
  3. 成果を出しているのにもかかわらず正当な評価をしてもらえない
  4. スキルアップしているような実感を持つことができない(ただし、会社に属していることによるメリットというものも一方ではあります。)
  5. 安定した収入は確保できる
  6. 信用性があがる
  7. 今すぐに仕事ななくなるということはまずない

この辺りのバランスを考えて本当に今すぐにフリーランスとしてやって行くべきなのかということは慎重になってもいいと思います。

ふたつ目は「独立するに足りる経験値やスキルを持ち合わせているのか」ということです。フリーランスとして生活をしていくためには、何か特定のスキルを持ち合わせている必要があります。

バックボーンの全くない状態で個人で仕事をして行くということはそれだけのアピールすることができる経験値やスキルがあるという前提が必要となってきますので、それがなければ信用を得ることは不可能です。

ただ勢いに乗っただけでフリーランスになってしまいますと、収入の安定は絶対にあり得ませんが、独立をすることによって常にスキルアップのためのモチベーションもついてくるという見方もできるというのは一方であることも忘れてはいけません。

毎日同じことの繰り返しに疲れたという方にとってはフリーランスの働き方はやりがいがあるでしょう。

三つ目は「人脈を築き上げておく」ということです。何の人脈もないフリーランスの方が独立したからといって仕事が舞い込んでくるということは絶対にあり得ません。仕事を勝ち取って行くためには、必ずそのためのルートが必須です。

実際フリーランスの方は知人などから仕事を紹介してもらっているということがほとんどです。独立してすぐに安定収入を望むのであれば、フリーランスになる前に脈づくりをしっかりとしておくことが大切なことです。

四つ目は「仕事をするための環境づくり」です。基本的に先ほどあげたような職種につくということであれば、当然ながら基本ベースとして仕事ををするのであれば、そのための環境を整えなければいけません。

住まいとは別のところで仕事をしたいということならば、借りることができる場所を確保しなければいけませんし、自宅でするにしても趣味のレベルの環境では追いつかないかもしれませんので、インターネット環境やパソコンの準備は最低条件でしょう。

ご存知の方も多いとは思われますが、メッセージのやりとりに使用するのはeメールだけではありませんので、ChatWorkやSkypeなどの準備は怠らず、Google系のドキュメントやスプレッドシートなどの準備もしておきましょう。

そして最後にちょっと現実的なことですが、クレジットカードの準備です。場合によってはローンも必要かもしれません。なぜなら、フリーランスになってからこのようなものを申請したとしても審査に通りにくいからです。

独立前であれば、何かしらの企業にいるわけですので、信用度は格段に違ってきます。仮にフリーランスでサラリーマンの時と同等の収入があったとしても、信用度の高さは圧倒的にサラリーマンの方が上という現実があるということを忘れてはいけません。

ここは現実的になっておきましょう。

 

フリーランスとして開業する前の準備も忘れずに

freelance-work

先ほどはどちらかと言いますと、仕事を進めるにおいての準備という意味合いでしたが、ここからは役所などへの届け出など事務的な準備という意味での準備についてです。

まずは、各種届け出についてです。フリーランスとしてやっていくためには色々なところに届け出が必要になってきます。

  • 国民保険
  • 国民年金
  • 開業届
  • 青色申告承認申請書

特に個人事業主で開業した場合は、青色申告をしておくと税金の控除額が多くなるので、必ず行いましょう。

ここでは詳細は触れませんが、これらはしっかりとやっておかないと後からとても面倒なことになりますので注意しましょう。

次に名刺を作っておくということです。あなたの名前から仕事についてなどすべての情報がこの名刺一枚に詰め込まれます。これをしっかりとこだわって作っておくことは大切なことです。

そして、ここまで準備ができたら仕事を勝ち取っていくための営業活動を行なっていくといいうことです。もちろん自分の足を使ったり、電話やメールなどの営業はありますが、このネット時代においては、クラウドソーシングなどをまずは使って確実にコツコツと仕事をしていくということも必要になってくるでしょう。

フリーランスとして働き方まとめ

freelance-work-man

フリーランスと聞くと、仕事をする時間に縛られず自由度が高いとか、収入も増えていく、人間関係に悩むことも少ないなどのメリットも多く存在はしているでしょう。

しかし、一方では仕事は継続的にない、実際の業務以外にも税金の申告などの業務も増えてきたり、仲間がいないので孤独感に陥りやすいといったデメリットなどもあります。

ここまでことを参考に本当に自分フリーランスとしてやっていくべきなのかということについても真剣に考えて覚悟を決めた上で決心していくことが非常に重要であると言えます。

【知らなきゃ損】モグワンドッグフードで涙やけが改善する理由を解説

【徹底比較】「モグワン」と「このこのごはん」のお試し方法を解説!

【犬用腎臓サプリ】ジナースの評判・効果を解説!お試し66%オフも!

【犬があくびをする理由】眠いわけじゃない!?病気や注意点を徹底解説!

【ストレス・病気!?】犬がしっぽを追いかける理由と注意点を解説!

モグワンドッグフードはダイエットにも向いている!?給餌量やおすすめの理由を解説!

犬がティッシュを散かす理由・食べてしまった時の対処法を解説!

【モグワン】お試しは20%OFFがおすすめ!お試し方法について解説

【カナガンドッグフード】原材料や特徴、口コミ評判・効果を徹底分析

ピッコロドッグフードはシニア犬に良い?口コミ、評判・成分を徹底比較!

犬の手作り食は危険!?メリット・注意点やおすすめレシピを徹底分析! 

楽に稼ぐなら出前館の配達ドライバーがおすすめ!

出前館 配達パートナー募集


デリバリーサービスで有名な出前館の委託パートナーになるのはとても簡単でweb説明会を視聴後「自転車・バイク・車」があれば誰でも楽にお金を稼ぐことが可能です。

  • 業務委託デリバリー業界トップクラスの固定報酬制!
  • 出前館の業務委託デリバリーパートナーはエリア担当制!
  • いざというときに頼れるスタッフがいる!
  • 未経験の10代~60代といった幅広いドライバーが多数!
出前館の配達ドライバーはデリバリー業界の中でもトップクラスに報酬が高く、キャンペーン中の場合は1件届けるだけで「1000円」以上稼ぐことも出来ます。

委託パートナーは10代~60代の男女が多く、デリバリー未経験者が大半で、片道10分~15分程度の短距離案件が多いので魅力的なお仕事です。(広域を選択すると高単価で長距離案件も選べます)
いざ委託ドライバーをやってみると簡単にお金を稼げちゃうのでお小遣いを増やしたい方や金欠の方におすすめです!

委託ドライバーについてもっと詳しく知りたい方は配達クルー急募ボタンをクリック!
出前館 配達パートナー募集

最強の勝率アップツール「サイトセブン」

データロボサイトセブンは、全国のサイトセブン加盟ホールの出玉データやホール情報・新台の打ち方などの機種情報がスマートフォン(Android&iPhone)から見られる、パチンコ・パチスロユーザーの情報ツールです。パチンコ台の上部に設置されているランプのデータ(大当り一覧・大当り履歴・出玉推移グラフ)が、スマートフォンからいつでもリアルタイムで見る事が出来ます。また、最新の機種から話題の機種までスペックの確認ができます。たったの月々550円で出玉情報・癖・自分の台の最終結果を把握することが出来るので、パチンコ・スロットで勝ち続ける為には必須のツールと言えるでしょう。